審美歯科ブログ 良い歯茎の形と悪い歯茎の形

歯茎の形で歯の見た目が変わります.長い差し歯や短い差し歯の多くは歯茎の位置が悪い事によって起こります。


良い歯茎の形は、見た目の良い歯並びになります。

悪い歯茎の形は、審美歯科の結果を不満足な物にします.

 

歯茎の形が悪い場合は、歯茎の再生・整形で歯茎の形を良くしてから審美歯科治療を行う事をお勧めしております。

歯茎の整形治療で歯茎の形を良くしたケース

写真右側が治療前の状態です。審美歯科治療を行うにあたって、歯の大きさを揃える必要があります。このままの状態で治すと歯の大きさが左右で非対称になります。

 

そのため、歯茎の整形をして、仮歯を入れて歯の形をだいたい整えました。

次回から仮歯の形を修正していきます。

 

歯茎の整形

 

ただいま無料カウンセリングを行っております。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921