2016年

4月

28日

変色した歯のセラミックの色について

変色した前歯の審美歯科治療をお考えの方は、歯の色についての判断をしっかりとする必要があります。


これは、通常変色してしまっている歯をオールセラミックで治療する場合、歯の色が透けて見えないように透明感を抑えた明るい色にすることが多いのですが、不自然な明るさになってしまう場合があります。透明感の調整が難しいのが変色歯のオールセラミック治療の問題となります。


 オールセラミックの透明感を上げた白さの歯で明るすぎないタイプのオールセラミックを作成しましたのでご紹介いたします。透明感を調整して、変色歯の色を出ない範囲で透明感を出しました。

透明感を調整した変色歯のオールセラミック治療ケース

変色した歯のオールセラミック治療
変色した歯のオールセラミック治療 治療前

変色した歯をきれいに見えるようにオールセラミックで治療を行う場合があります。単純に色合いを白いだけにするとペンキで塗ったような白さになってしまいます。透明感を調整することが変色した歯の審美歯科治療では問題となります。


変色歯が白くなっても見た目に違和感があると問題ですので、ちょうどよい歯の透明感を残したオールセラミックを作成する必要があります。



変色した歯の治療を詳しく確認されたい方は下記の変色歯のページをクリックしてご覧ください.

 

変色歯のページ

変色歯のオールセラミック治療
変色歯のオールセラミック治療 治療後

歯茎の整形を行った後にオールセラミックで変色していた歯を治療した状態.


オールセラミックの透明感を調整して歯の黒さが出ないようにしながら明るすぎない白いオールセラミックを作成しました。


変色歯の治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにてご希望に合った治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839