2016年

7月

13日

精密審美歯科は長持ちする審美歯科治療です。

審美歯科治療後数年して歯茎が下がってしまう事があります.歯茎が下がってしまうと歯とセラミックの境界が露出してしまう事があります。

セラミックの歯茎が下がってしまった時にセラミックの再治療が必要かそのまま歯茎だけの治療で済むかは、セラミックの適合によります.


セラミックと歯の間に隙間が大きい場合は、虫歯などになってしまっている場合が多く、セラミックをやり直す事になります.セラミックと歯の適合が良い場合は、下がった歯茎を歯ぐきの再生治療にてセラミックを外さずに回復させる事が可能になります.


セラミックの歯茎が下がってしまう事がありますので、そういった場合のリペアが出来ると言う事はセラミックを長持ちさせる事になります.

 審美歯科治療もどこの歯医者でやっても一緒?


と考えていた方が多くいらっしゃいます。


審美歯科のセラミックの治療に関してご存じないでしょうからしょうがないと思います。


私も、大学を出たての頃は知りませんでした。


ただ、歯科の内情を知ってくると、セラミックの値段は素材の値段で決まっていて、治療の精度や、仕上がりは関係ないのだということがわかってきました。

 

よくセラミックは保険がきかないのでいくらという説明になると思いますが、治療方法が、保険治療と一緒なんてことがよくあります。

 

たとえば、保険で使用する寒天アルジネート印象という方法にて型を取り、色合いも写真などを取らずに仕上げて、片側だけだと色が合わないので左右対称に両方直しましょうと言われたかもしれません。よくあります。

 

寒天の型取りは、歯と歯茎の境界の境界の型を正確にとることができず、変形してしまいます。また、左右対称に治さなくてもしっかりと写真を撮ることにより片側だけの治療で済みます。

 

精密審美歯科治療では、材料、治療法など最高級の素材治療法で治療いたします。

詳しくは精密審美歯科とはのページを参考に

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839