オールセラミックは人工のエナメル質

オールセラミックは歯のエナメル質と言われている部分をセラミックに置き換えるものです。歯のエナメル質と同様の色の透け具合つまり透明度を持たせる事で、天然の歯に近い見た目となります。


金属の裏打ちのあるメタルボンドというセラミックのタイプでは、金属があるため透明感を抑えなくてはいけないため、人工の歯のような見た目になりやすくなります。

オールセラミックの透明感は天然の歯に近づけます。

オールセラミックの透明感
オールセラミックの透明感

オールセラミックの透明感に関して天然の歯にあわせるようにしますが,歯の表面に白い斑点のような縞模様があったりするケースは完全に天然の歯の用に模様を入れずにお作りする事がほとんどです.

 

お写真のケースでは、上の前歯4本のオールセラミック治療を行っていますが,表面には模様を入れずに単純につるつるにして内部に色のグラデーションが入るようにしております.

下の歯に合わせて白い線の入った模様は天然の歯のように見えるようになりますが,きれいではないと感じてしまう方が多いようです.

 

ご希望がない限りは歯の表面の模様をオールセラミックに入れる事はありませんので、ご希望の方はお伝えいただけると良いと思います.


オールセラミックの素材などのご説明は下記のリンクページなどで詳しくさせていただいております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください。

 

オールセラミックのページ