2016年

7月

01日

審美歯科治療前に歯並びを整えた方が良いケース

審美歯科治療では、単にオールセラミックの差し歯を入れるだけでは、綺麗な見た目にならない場合がよくあります。

 

せっかくオールセラミックを入れたのに見た目が良くないのでは、審美歯科治療をしても将来的にやり直したいとか、差し歯がコンプレックスになってしまうかもしれません。

 

歯茎の位置を揃える、周りの歯の歯並びを揃えるといったことは、オールセラミックの差し歯を入れる以上に見た目を改善するためには有効です。

審美歯科治療前に部分矯正や歯茎の整形をした方が良い場合。

 

上のお写真のように、差し歯の長さが左右で異なる方が非常に多いというのが審美歯科治療を何年も行ってきて感じる実感です。

 

前歯の差し歯をオールセラミックなどで治療するのであれば、歯の長さを揃えることは見た目を良くするためには非常に重要なことです。

 

歯の長さを左右で揃えるために、このケースでは部分矯正で歯の並びを整えることと、歯茎の位置を改善するために歯茎の整形を行うプランを立てました。

まずは、仮歯にかえて部分矯正と歯茎の整形で歯茎の位置と歯並びを改善しました。

 

この状態になってから、綺麗なオールセラミックを前歯に作成していくことになります。

 

歯茎の整形のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921