2016年

7月

07日

歯並びを全体的な審美歯科治療で治した場合。

いろいろな理由はあると思いますが、歯並びや歯の色は年齢が上がるに従って、悪くなってしまう傾向があります。

 

昔はもう少し歯並びが良かったと感じられる方、歯の色が昔より黄ばんできた、歯の長さが長くなって見た目が悪くなった。と感じる方もいらっしゃると思いますが、気のせいではなく実際に年齢とともに歯並びは変化しますし、歯の色は黄色くなりますし、歯の長さは長くなってしまいます。

 

古くなった前歯の差し歯などを直される際、悪い歯だけをつぎはぎ的に治すより、せっかく治すのなら、全体的に見た目をきれいにしたいという要望は高まっています。今時、入れ歯で良いという方は少なくなっています。

 

全体的な審美歯科治療は、単にみた目をきれいにするだけでなく、噛み合わせを良くすることも可能になります。これは、歯並び全体的に整えることができるためです。現状の歯並びが良いものでしたら良いのですが、通常は噛む位置が上下にずれてしまっていることが多いため、まとめて治療することで、左右上下の噛み合わせの並びを整えることが可能になります。

歯並びや噛み合わせを全体的な審美歯科治療で治した場合

全体的な審美歯科治療
全体的な審美歯科治療

歯並びやかみ合わせは放置していていると、どんどん悪い方に変化していきます。左右の凸凹、上下の波打ったかみ合わせは歯並びをどんどん悪い方に移動させていきます。

部分矯正治療やセラミック治療を行うことで、歯並びや噛み合わせを整ったものに変えます。

 

歯並びが悪い方、歯茎が下がってきてしまっている方、噛み合わせがずれてきたと感じている方で見た目も合わせて綺麗にしたいという場合は、全体的な審美歯科治療をお勧めしております。

 

全体的な審美歯科治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

 全体的な審美歯科治療のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839