歯の大きさを整える審美歯科治療の仮歯

差し歯を交換する際には歯の大きさを小さくしたいというご希望にお応えしております。

 

審美歯科治療を行う際に、歯の大きさを小さくしたいという場合があります。差し歯が入ってしまっている場合は、差し歯を外して仮歯にした状態で歯茎の位置を変更させます。

 

例えば、差し歯の長さが長く見える場合には、差し歯を外して仮歯にした状態で、歯茎の位置を変えることで歯の大きさを小さくすることが可能になります。

歯の大きさを小さくする審美歯科治療例

歯の大きさを小さくする前の状態。オールセラミックが入っています。

 

オールセラミックの差し歯を外して仮歯に変えた後に歯茎の再生治療を行います。歯茎の位置を下にずらすことで歯の大きさを小さく見せます。

歯茎の再生治療後の状態。

歯の大きさが小さくなったのがわかるかと思います。上の歯に関しましては矯正治療を行わずに歯茎の再生治療を行いました。

 

歯茎の再生治療例のページ