神経の無い歯のホワイトニング

神経が死んでしまった歯の色は次第に褐色に変化します。歯が黒いと感じられるかもしれません。

 

こういったケースでは、歯を削って差し歯を入れることで対応することもありますが、漂白である程度色を薄くすることも可能です。

 

神経の無い歯のホワイトニング方としてウォーキングブリーチ方という方法があります。歯をあまり削らずに色を変えたいのでしたら、この方法で漂白されると良いかもしれません。

神経の無い歯の漂白例

神経の無い歯の色が1本だけ濃くなってしまっています。

ウォーキングブリーチ後かなり周囲の歯の色となじんできています。

 

ホワイトニングのページ