2016年

10月

03日

歯を小さくする審美歯科治療

歯の大きさが大きくてとにかく小さくしたい、という方でしたら、歯の大きさを小さくする審美歯科治療法があります。

 

ただ、小さくすると言っても小さくなりすぎるとまたおかしい感じになりますので、大きさの調整が必要です。

 

歯の大きさを小さくするには、歯を削る必要がありますので、基本的にはオールセラミックで歯をかぶせることになります。削るだけでは歯がしみてしまうため、削った歯の上からかぶせるように歯を覆います。

 

そして、歯茎の位置を歯茎の再生治療で増やして変えます。

 

わかりにくいと思いますので、症例でご紹介いたします。

 

 

治療前、もともと前歯の長さが長くて気になっていたので短くしたい、ということでした。歯を削って仮歯に変えた上で歯茎の再生治療で歯茎の再生治療を行って歯の上を歯茎で覆います。

歯茎の位置を下げた上で、前歯の大きさを仮歯で決めたのち、オールセラミックで歯をかぶせました。

 

歯の大きさはかなり小さくなりました。

 

歯の大きさを小さくする審美歯科治療のページ