歯を抜いた後ブリッジの歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

ブリッジの歯の部分に物が挟まりやすくなってしまったり、息が漏れてしまうということはありませんか?

 

特に前歯のブリッジは、歯茎が下がってしまって窪みができると、物が詰まりやすくなります。また、息が漏れてしまい発音がしにくくなるということもあります。歯の見た目を改善されるために再治療される際には歯茎のくぼみの処置も併せて行われることをお勧めしております。

 

今回は、ブリッジの歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療のご紹介をいたします。

 

ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療例

前歯のブリッジが古くなってそろそろ交換したいということで合わせて歯茎のくぼみの改善を行うことにしました。ブリッジのダミーの歯と歯茎の間に隙間が出来てしまっています。

 

前歯の色合いが左右で大きくちがうためオールセラミックブリッジで治療をする予定にしました。

仮歯に交換して歯茎のくぼみを改善するために歯茎の再生治療を行いました。治療後1ヶ月の状態。

 

歯茎の厚みを出して、ブリッジのダミーの歯を歯茎で覆いかぶさるようにしています。

 

歯茎の再生治療のページ