歯周病の方のための審美歯科治療

中程度の歯周病が進行している方は、審美歯科治療と骨の再生治療を合わせて行うことで、見た目の大幅な改善が期待できます。

 

歯周病が中程度に進行してくると、歯が揺れ始め歯並びが変わってきます。また、歯の中の骨の吸収が始まり歯茎が下がってきてしまいます。

 

失われた骨を再生することで、歯茎が安定します。歯茎が安定した後で審美歯科治療を行います。

 

治療中は仮歯を入れて進めます。

歯周病の方の審美歯科治療例

歯周病が中程度になってくると、お写真のように噛む力だけでも歯が移動して前歯に隙間ができてしまいます。

 

歯石等がついてしまっているので、歯石のお掃除をします。その後で、歯の内部の骨が吸収して無くなってしまっている部分の骨を再生します。

 

骨の再生治療を行う前に治療部位を仮歯に変えて歯が揺れないように固定します。

 

上がオールセラミックの連結の歯を入れた状態。下は骨の再生治療後仮歯で骨が成長するまで待っている状態。

 

オールセラミックブリッジで治療したので見た目が審美的に見えます。歯茎の形も安定しています。

 

歯周病と審美歯科のページ