歯茎の黒ずみをどこまで気にするか?

笑った時に写真を撮ると、差し歯の歯茎が黒ずんで見える。昔は気にならなかった差し歯が年々違和感を感じてきた。といったことはありませんか?

 

歯茎の黒ずみの原因は幾つかありますが、差し歯の治療をされた方の歯茎の黒ずみの多くは、歯茎が下がってきて歯の根っこが見えてしまっていること、従来の金属を使用したセラミックや金属の土台の影が見えてしまっていること、金属の粉が歯茎に入り込んでしまっていることなどが挙げられます。

 

歯茎の中に金属の粉が入り込んでしまっている場合は、皮膚の交換が必要になりますので、場合によってはそこまでやらなくても良いという方もいらっしゃいます。そんな治療例をご紹介します。

 

歯茎の黒ずみをどこまで直すか

金属を使用した差し歯が前歯に入っています。

歯茎が下がり、歯の根っこの色や、金属の影が見えて歯茎が黒ずんでいます。また、右の前歯には金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなっています。

まずは、見た目の改善のために古い差し歯と金属の土台をオールセラミックとファイバーコアに交換しました。

オールセラミックとファイバーコアにすることで、歯の透明感が大きく変わり、また、オールセラミック素材には蛍光性があるため歯茎の色が明るく見えるようになりました。

あとは、金属の粉が入り込んで黒ずんでいる歯茎を歯茎の移植で交換する予定でしたが、笑った時にそこは見えないということで、治療は保留となりました。

 

このケースのように、差し歯の歯茎の黒ずみの多くは差し歯の歯茎が下がってしまうことと、差し歯の種類が原因となります。差し歯をオールセラミックとファイバーコアにすることでご満足いただける場合があります。

 

ただ、歯茎に金属が入り込んでしまった部分は差し歯を交換しても直りませんので、歯茎の再生治療を利用した歯茎の交換が必要です。どこまでやるかは、患者様ご自身で判断していただくことになります。

 

歯茎の黒ずみ治療の詳しい内容を知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の黒ずみのページ

 

歯茎の黒ずみの治療をしたいとお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839