2016年

10月

25日

オールセラミックの長さや角度はある程度調整できます。

一概にオールセラミック治療と言っても予想外の仕上がりになってしまうことがあります。例えば、最近だとオールセラミックの透明感を強くしたいと言ったら、透明すぎて黒く見えてしまったり、歯の長さが短すぎたり、出っ歯な角度に歯が入ってしまったりと言ったことがあるようです。

 

今回は、オールセラミックを入れたけど、見た目が悪いのでやり直したいといわれたケースの治療例をご紹介いたします。

 

 

オールセラミックの治療後の状態ですが、オールセラミックの透明感が強すぎるため、色が黒ずんで見えてしまっています。オールセラミックの利点の一つが透明感があるということなのですが、透明すぎると見た目が悪くなります。

 

また、歯茎の位置が下にありすぎるため、歯の長さが非常に短く、出っ歯な角度に入ってしまっています。

 

オールセラミックの素材を変えるのと合わせて、歯茎の整形を行って見た目を改善します。

 

オールセラミックの透明感を調整して、色合いを合わせています。歯の白濁なども周りの歯と合わせてお作りすることもできますが、今回はしていません。

 

歯茎の整形を簡単に行うことで、歯の長さや角度を周囲の歯に調和させることができました。

 

オールセラミックはエコノミーオールセラミック1本¥60,000−(税別)を使用しています。

 

オールセラミックの料金に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

オールセラミックの料金のページ

 

オールセラミックの治療をお考えの方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。フリーダイヤルにお電話いただいて、お電話がつながりましたら無料カウンセリングのご予約を取りたいとお伝えください。(営業時間内の受付となります。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 

0120−25−1839