歯と歯の間の虫歯を審美歯科治療する場合

歯と歯の間の虫歯
歯と歯の間の虫歯

レントゲンで歯と歯の間に虫歯がある事が確認できた歯の写真。

咬む面の虫歯と、歯と歯の間が虫歯になっているため、歯を削っていきます.ご本人は審美歯科治療での処置を希望されています.白い素材野審美歯科治療で治療を行います。

歯と歯の間の虫歯
歯と歯の間の虫歯

歯と歯の間の虫歯を虫歯を染める液体で赤く染めた状態。

まだ少し赤い部分が残っています。虫歯を取ると大きな奥歯2本はインレーというタイプの審美歯科治療になります.このケースではハイブリッドインレーで治療をします。

手前の小さな奥歯2本はダイレクトボンドという白いプラスティックの詰め物を詰めて様子を見ます.

審美歯科治療では虫歯の大きさや部分によって治療法が変わります。レントゲンで見るより虫歯が深く進行してしまっている事もありますので、その都度ご説明いたします.

 

審美歯科治療の流れ

審美歯科お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839