2016年

12月

08日

歯周病の方の審美歯科治療

歯周病の方の前歯は年々前に出っ歯になってしまう傾向があります。


これは、歯を支えている骨が溶けてしまうことで、歯が動きやすくなってしまうことが原因になります。


歯周病の進行してしまった場合は、歯周病の治療に合わせて歯の揺れを止める処置が必要になります。その上で見た目を良くするために審美歯科治療を行います。

歯周病の方の審美歯科治療例

歯周病と仮歯
歯周病と仮歯

歯周病の方で歯が揺れてしまっている場合,歯をつなげて連結します。また、歯が前に出てしまったのを引っ込めます。

歯周病と仮歯
歯周病と仮歯

仮歯をつなげて歯の揺れを抑えました。見た目にも満足して頂きました。この状態で歯周病の治療を行います。期間が長くなりますので仮歯は汚れにくい素材を使用しています。





出っ歯の治療ページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839