2016年

12月

29日

歯並びの改善に考える歯茎の審美歯科について

新しい審美歯科治療では、単に差し歯をオールセラミックのはに変えるだけではありません。

 

前歯の差し歯を交換する際、新しい審美歯科治療では歯茎の位置を整えて左右対称にすることが可能です。この方法は歯茎の審美歯科治療といって、歯茎の再生・歯茎の整形を行い前歯の見た目を改善する新しい審美歯科治療方法です。

歯茎の整形をしないで審美歯科をした場合
歯茎の整形をしないで審美歯科をした場合

せっかく審美歯科治療をしたのにこんな仕上がりになってしまったらどうでしょうか?

 

気をつけないとこんな審美歯科治療の結果になってしまうことがあります。

 

歯並びを審美歯科治療で行う場合、歯茎の位置を修正する必要があります。歯並びが並んでいない場合、歯茎の位置も歯の位置と同様に並んでいません。そのため、歯並びを歯の部分だけ修正すると歯の大きさが左右で不揃いとなってしまいます。

 

左右の歯茎の位置をそろえるために、歯並びを審美歯科で治す場合、歯茎の再生・整形をおこないます。歯茎が足りない部分は歯ぐきの再生治療を行い,歯茎が多い部分は歯茎の整形を行います.歯茎の量を調整する事で、歯の大きさを整えます.

 

歯茎の位置が左右でそろう事によって,歯の大きさが左右対称に同じ大きさとなります。もしも、かみ合わせの問題がある場合は、したのは並びも改善します。

 

歯茎の位置を改善したケースは、ページに詳しく載っています。ご興味のある方は、クリックしてご覧ください.

 

歯茎の整形・再生のページ

 

 また、歯ぐきの再生、整形を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用下さい。無料カウンセリングにて治療のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921