2017年

1月

23日

前歯のセラミックが出っ歯に見える方は審美歯科で改善できるかもしれません.

前歯のセラミック治療を行ったのに出っ歯な感じになってしまってお悩みでは無いでしょうか?


少し下の顎が出ている方が歯並びを改善するために上の前歯の神経を抜いて審美歯科でセラミック治療した場合,前歯に角度がついてしまって出っ歯に見えてしまう事があります.


前歯に角度がついている上、歯の長さが短く出来てしまうために幅の広い形のセラミックになってしまいます.


上下の骨格の状態によって治療法が異なりますが,軽度に下あごが出ている場合は歯茎の整形治療を行ってから審美歯科治療をする事で、比較的きれいなセラミックができます.


同じようなケースの御相談がありますのでご紹介いたします.


セラミックが出っ歯な感じ
治療前

前歯に角度のついたセラミック治療となっています.

差し歯が出っ歯
治療後

歯茎の整形を行う事で歯の大きさのバランスを整える事が出来ました.セラミックの角度も改善できました.

セラミックの出っ歯を再治療する場合矯正治療が必要な事もありますが,このケースのように歯茎の位置を整えてセラミックを作る事でかなり出っ歯な感じを改善できる事があります.


出っ歯の治療に関しましては出っ歯のページもご覧ください.

出っ歯のページ


また、出っ歯治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839