2017年

2月

10日

こんな時、審美歯科の再治療が必要です。

審美歯科のトラブルについて


せっかく審美歯科治療を行ってもうまくいかないことがあります。


歯磨きをしても審美歯科治療後のセラミックから匂いがするときにされている方、大至急に再治療が必要となるかもしれません。

 

当院にご相談にお越しの方にはよくある話ですが、あわてて審美歯科治療をされてしまった方のトラブルは尽きません。

 

一番深刻な問題は、審美歯科治療をしたために歯茎が腫れてしまったり、虫歯で歯を残せなくなってしまうトラブルです。

 

審美歯科で作成するセラミックと歯の適合が悪い場合、セラミックと歯の間に隙間ができます。この隙間はレントゲンで確認すると、黒く映りますので、適合しているかどうかを確認することは容易です。

 

問題は、この隙間があることで、歯ブラシをしても匂いが取れないとか、歯茎から出血するという問題を起こします。進行すると虫歯が発生し、歯自体を抜かなくてはいけないケースもあります。

 

セラミックと歯の適合を合わせるためには精密な歯科治療の材料や器具、技術が必要になります。

 

審美歯科治療をお考えの方あるいは再治療をお考えの方は、まず精密歯科治療をお考えください。

 

審美歯科治療を行う最低限必要な治療の紹介。

この方法を行っていない場合は精度の良いセラミックが作られていないと考えられます。


精密審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

 

精密審美歯科

 また、審美歯科治療のやり直しをお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921