セラミックの専門ページにお越しいただき、ありがとうございます。

セラミック治療をお考えの方はまずはこちらをお読みください。

審美歯科でセラミック治療なんてどこでも同じでしょ!

 

値段で決めよう !

 

と考えていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

審美歯科のセラミックの治療に関してご存じないでしょうからしょうがないと思います。

 

ただその結果、「最初に考えていた形と違う」「セラミックが不透明で歯の色が浮いてしまう」「歯茎の色が黒い」「歯茎が腫れた」「すごく高い料金がかかったのに不満だ」と後悔されることがあります。

 

私も、大学を出たての頃は知りませんでした。

ただ、歯科の内情を知ってくると、セラミックの値段は素材の値段で決まっていて、治療の精度や、仕上がりは関係ないのだということがわかってきました。

 

よくセラミックは保険がきかないのでいくらという説明になると思いますが、治療方法が、保険治療と一緒なんてことがよくあります。

   

一方、「歯がきれいってよく言われる。」「審美歯科で治してよかった。自信が持てるようになった」「ほかの歯医者で言われた金額よりずっと安くてよかった。」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

審美歯科治療をして損する人、審美歯科治療をして得をする人。

 

多くの患者さんの再治療をしてきたからわかります。

 

精密審美歯科治療をお勧めします。

 

審美歯科治療で失敗しないように、まずは当院にて無料カウンセリングをしてはいかがでしょうか?

 

年末や年度末は込み合いますので、もし記念行事などのご予定がございましたら、ご予定より3か月ほど前にお越しください。

セラミックのお問い合わせ メール相談はこちらから

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

できる限り歯を削らず残す審美歯科治療

自然な色の歯を取り戻した方のセラミック治療例

昔入れた歯が不自然で気になることはありませんか?

審美のセラミックはどんどん進化しています。

オールセラミックといわれる素材は天然の歯の特徴に合わせた透明感を出せるように開発されました。昔の差し歯は、不透明で、歯の輪郭がくっきりとしてしまい人工的な感じがしていました。

オールセラミックでは天然の歯以上に光沢や蛍光性がありご自身の歯がよみがえったというより、元の歯以上に理想的な白さになります。

歯ぐきの黒ずみも抑えられ、明るい歯ぐきに変化します。

 

 

審美治療では、こんな感じで白い歯を取り戻します。

セラミック治療前 メタルボンド
術前

 上の前歯6本の審美セラミック治療をご希望されて来院されました。

 

歯ぐきの黒ずみ、下の歯との色合いちがいを気にされて来院されました。

 

前歯3本には古いタイプのセラミック(メタルボンド)が入っていました。

金属が露出しているため、歯ぐきが黒く見え、また歯が不透明なために浮いた感じに見えます。 また、神経を抜いた前歯3本が、変色しています。

 

無料カウンセリングでレントゲンや必要な資料をとらせていただきまして、御予算や治療期間をお聞きして、お見積もりを出させていただきました。もちろんこの日は無料です。治療プランでぜひ始めたいということで治療を開始しました。

 

治療は、ご自身の歯が残っている歯はなるべく 削らずに3本のみジルコニアオールセラミックできれいにするプランを立てました。天然の歯をそのまま使い、古いさし歯だけを治すことで、御予算を抑えることができますし、また天然の歯の自然な感じをそのまま使うことができます。

 

具体的には、上の歯3本は色合いの細かい調節が可能なジルコニアオールセラミック(Lava 1本¥94,500-(税込)を3本)とファイバーコア(1本¥21,000-(税込)を3本)での治療をお勧めしました。また、歯の色が変色している神経のない歯3本は、歯を削らずに漂白して白くする方法(ウォーキングブリーチ法という方法です。お値段1回¥2,100-で手頃です)で漂白することをお勧めしました。全体的にはホームホワイトニング(オパールエッセンス ¥9,800-(税抜)上下お試し1週間)をいたしました。

 

セラミックの歯 東京 
術後 ジルコニアオールセラミック

古いタイプのさし歯が入っていた部分は、さし歯をはずして、土台を金属のものからファイバーの土台に交換し、ジルコニアオールセラミック(Lava)を入れました。

 

また、全体的にはホームホワイトニングで白くしました。

 

自分の歯みたいになったと喜んでいただけました。 また、予定していた御予算の範囲で治療できて満足されました。

 

当院提携の麻布技工所さんのおかげできれいに色を合わせた歯に仕上げることができました。

 

歯ぐきの黒ずみも見えなくなり、自然な感じの歯が入りました。

歯の色は治せるものなので、我慢して黄色い色の歯を入れておく必要はございません。

今回、患者さまの審美治療にかける御予算は30万円前後ということでした。高いものですが、歯は一生ものだし、他の審美歯科医院で治療すると70万円ほどかかるということですので思い切って当院で治療されてはいかがでしょうか。

 

また、前歯を奇麗にすることによって皆様のが相手の方に与えるイメージが劇的に変わりますので、この機会にしっかり治されるといいと思います。 

 

ウォーキングブリーチは神経が抜けて変色した歯を、削らずに漂白で白くする方法です。

審美の治療では歯の変色を改善するためにホワイトニングを行います。

お問い合わせは簡単

 

ご連絡ください。

無料カウンセリングの日にちを決めさせていただきます。

03-3251-3921

神田ふくしま歯科

 

まずはセラミックの無料カウンセリングにお越しください。

精密審美歯科治療で皆様に満足していただきます。

 

セラミックの格安料金について

当院では、セラミックを格安料金にて行っております。詳しくは下記のページをクリックしてご覧ください。相場の2〜3割引のお値段でのご提供かと思います。

 

セラミックの料金のページ

セラミックのブログ

2017年

6月

23日

古くなったセラミックを交換したケース

古くなったセラミックは、いろいろと審美的な問題が起こってきます。


ブラックマージンと言って歯茎が下がってしまって歯茎の部分に黒い線が見えてきてしまいます。セラミックの交換で一番多いケースになります。審美歯科と合わせて歯茎の再生治療をすると歯茎が厚みを増して下がりにくくなります。

 

セラミックを入れた時にホワイトニングをしていないと歯の色が黄色かったりして白くしたい場合や、セラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっている場合、従来のセラミックを使用したため歯の厚みが厚い場合などがあります。

 

金属を使用したセラミックからオールセラミックに交換することで特に前歯の見栄えが格段に良くなります。上品な感じに見えるようになります。

もちろん、前歯に金歯が良いという方には自然すぎて物足りないでしょうが。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

17日

あなたも前歯の差し歯をオールセラミックできれいになります。

前歯の審美歯科治療前
前歯の審美歯科治療前

前歯の差し歯を保険の素材にした場合,色合いが周囲の歯と合わず、審美歯科の御相談にいらっしゃる事がしばしばあります.


前歯の差し歯を含めて全体的にきれいにしたい場合は、オールセラミックで料金が安いエコノミーオールセラミックが良いかもしれません.

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

07日

セラミックの種類にご注意を

セラミックと言っても何百種類ものセラミックが存在しするってことをご存知でしょうか?


セラミックには種類が多いのですが、歯の色や形にどこまでこだわるかでどのタイプのセラミックを選択するか決めていただいています。(当院では、当院が厳選したセラミックの中から、歯の状況などに合うセラミックを選んで頂いております.)

 

まず、従来のセラミックは金属の上にセラミックを焼き付けるタイプのセラミックです。メタルボンドと言われていました。通常このタイプのセラミックは近年使用されなくなってきています。

 

プレスタイプのセラミック(当院ではエコノミーオールセラミック e-max)では、細かい色の調整をすることは難しいので、偶数本(2本4本6本)と治される方にお勧めです。このタイプのセラミックは、従来のセラミックに比べて、強度が増します。金属の歯を作るときとほとんど同じ方法でお作りしますので、オールセラミックの素材が均一になるために強度が増します。欠点として、後からセラミックの形を足して変えることができません。

 

強度という意味では今のところ一番強度のあるセラミックが、ジルコニアという材質のオールセラミックです。ジルコニアのセラミックは歯の色に合わせてセラミックを盛り上げますので、色を合わせやすくなります。また、強度もプレスタイプの4倍ほどあります。

 

また、ジルコニアのみを機械で削って作るタイプのCAD-CAMタイプのセラミックは、強度がありますが、色の透明感が少なく人工的な白さですので、このタイプのジルコニアは強度が必要で目立たない奥歯に使用します。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

01日

審美歯科ブログ  セラミックインレー

奥歯の銀の詰め物を白くしたい場合、セラミックインレーという詰め物で詰め直す場合があります.


セラミックインレーの材質は年々じょうぶになって来ています.

今回e-maxというセラミックインレーの商品をご紹介します。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

31日

審美歯科 ブログ  ラミネートべニア

歯の色や形を変えるときに、歯の表面だけ少し削ってオールセラミックなどでできた薄い歯を張り付ける方法に、ラミネートべニア法という方法があります。

 

オールセラミックのラミネートべニアは、歯のツヤや透明感があります。

 

すべてのケースで有効というわけではないのですが、あまり歯を削らずに治療できるのが、患者様にとってメリットとなります。


ただし、歯と歯の間に大きな虫歯がある場合や神経を抜いた歯の場合は、ラミネートべニアより全周を覆うタイプのオールセラミックをお勧めしております。


なぜかといいますと、虫歯や神経を抜くときにあけた穴をレジンというプラスティック系の詰め物で埋めますので、長期間経過すると変色や虫歯の再治療が必要になってしまうリスクがあります。その際にラミネートも再治療となってしまう可能性が高いため、プラスティック系の素材はお口の中に露出しないようにオールセラミックで覆う治療法がお勧めです。

 

 

続きを読む 0 コメント