レジン治療 ダイレクトボンド法 ハイブリットセラミック

銀歯(インレー)をあまり削らずに白くする場合

真ん中の歯の歯と左の歯の間が虫歯になってしまいました。

レジンという光で固めるペースト状のプラスチックで虫歯の部分だけ削って治療しました。

歯をあまり削らないことが患者様にとってメリットです。

お写真のケースではハイブリットセラミック(4seasons)というレジンを使用しています。

ハイブリットセラミックは従来のレジンにフィラーというガラスのような無機質を大量にまぜることで強度が上がりました。

 

歯と歯の間の変色を直す場合

ホワイトニング後に歯と歯の間の詰め物の色が浮いています。

この色合いですと、通常の色では色が合いません。

ホワイトニング用のレジンで治しました。

色をといあえずあわせました


歯の間の隙間が気になる場合の一番簡単な治療法です。

歯の間の隙間も目立たなくできます。
歯の間の隙間も目立たなくできます。 治療前

歯を削らずに見た目をよくできるので人気です。

歯の間の隙間も目立たなくできます。
歯の間の隙間も目立たなくできます。 治療後

歯茎の形も修正することができました。


1回の治療で終わります。

ダイレクトボンド法治療前
ダイレクトボンド法治療前

歯の隙間が気なる場合もダイレクトボンド法が有効です。

 

ダイレクトボンド法治療後
ダイレクトボンド法治療後

1回の治療で終わりました。歯を削らずに見た目も綺麗に仕上がります。


ダイレクトボンド法の料金

当院では、Kerr社のプレミスを使用しております。

 

料金は、1本あたり¥30,000(税別)となります。

 

この素材は、天然の歯の構造と同じように色を立体的に合わせることが可能な素材です。歯の奥の不透明な構造、歯の表面の透明感のある構造に合わせて色を選択することで詰め物が天然の歯のように見えます。

 

また、ハイブリッドセラミックと言っているこの素材は、バリウムガラスを今先端技術のナノテクノロジーをプラスティック素材に84%混ぜ込むことが可能なため、変色しにくく、強度があり、光沢があることが特徴になります。

 

管理医療機器 歯科充填用コンポジットレジン

医療機器認証番号:224ADBZX00276000 (Kerr社HPより)

 

ダイレクトボンド法に関するブログ

2017年

8月

30日

歯と歯の間の虫歯を審美歯科治療する場合

歯と歯の間の虫歯
歯と歯の間の虫歯

レントゲンで歯と歯の間に虫歯がある事が確認できた歯の写真。

咬む面の虫歯と、歯と歯の間が虫歯になっているため、歯を削っていきます.ご本人は審美歯科治療での処置を希望されています.白い素材野審美歯科治療で治療を行います。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

09日

前歯の隙間の審美歯科治療法 〜歯を削らずに隙間を詰める方法〜

前歯の歯と歯の間に隙間があることをすきっ歯ということもありますが、見た目の悪い歯並びの一つと考えられています。

 

病気ではないので、そのままでも良いとお考えの方も多いですし、特に発音やお食事の問題もなければ何もしないというのも良いのかもしれません。

 

というのも、従来歯の間の隙間を治療するとなると大きく歯を削ってオールセラミックなどをかぶせる方法が一般的に行われていましたので、歯を削るくらいなら何もしたくないということになっていたのかもしれません。

 

今回ご紹介する方法は、歯を削らずに接着させるダイレクトボンド法という方法です。歯を削らずに歯の隙間を埋めます。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

25日

前歯の虫歯治療を繰り返していたら歯の色がまだらになってしまった。そんな時の審美歯科治療について

前歯の歯と歯の間などに虫歯ができてしまって白い詰め物で何度も直している場合は、使用する白い詰め物の素材や時期によって色が様々に見えるため、歯の色がまだらに見えてしまいます。

 

単に見た目だけでなく、何度も詰め物を交換しているうちにだんだんと歯がなくなってきてしまっていたり、つぎはぎのように詰め物をしているために隙間ができて中が虫歯になりやすくなってしまっている場合もあります。

 

こういった場合は、詰め物を覆うようにオールセラミックで治療することで、見た目の改善ができ、また、その綺麗な見た目が長持ちするようになります。

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

12日

審美歯科ブログ ダイレクトボンド法

歯を削らずに歯の形を修正する方法として、ダイレクトボンド法という方法があります。


広範囲の場合より細かい部分の修正を希望される場合に向いています。

 

歯と歯の間の詰め物の色が変色して気になる方におすすめの方法です。

セラミック治療とは異なりその場で詰め物を交換できます。


歯を大きく削らなくて良いのが利点です。

 

従来ダイレクトボンド法では、レジンというプラスチィックが使用されていましたが、変色や汚れが着きやすいものでしたが、近年変色しにくく強度のあるハイブリッドセラミック素材が開発されて改善されてきました。ハイブリッドセラミック素材は色が付きにくいタイプの素材です。


ダイレクトボンド法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

ダイレクトボンド法の詳しいページ


また、ダイレクトボンド法を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明,お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制となります.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

012−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2016年

12月

05日

歯を削らずに歯の見た目を良くする方法 ダイレクトボンド法のケース

ダイレクトボンド法は、歯を削らずに見た目をきれいにする方法として人気のある方法です.


例えば古くなった詰め物を交換する場合,色合いなどを周囲の歯に合わせて改善しようと思ったら、色の種類が豊富なハイブリッドセラミックのペーストを使用するダイレクトボンド法で、周囲の歯の色に調和のとれた詰め物を作成する事が可能です.

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

17日

審美歯科Blog ダイレクトボンド法のケース

ダイレクトボンド法
古くなったレジンの詰め物を詰め直します.治療前

レジンと言う詰め物は時間が経つとお写真のように変色して色が変わってしまいます.今回は、変色しにくいハイブリッドセラミックにて詰め物のやり替えをいたします.


詰め物を審美的な色合いに詰め直します.まず色を写真で確認します.合いそうな色を選びます.

続きを読む 0 コメント