ファイバーコアという土台

ファイバーコア
ファイバーコア

ファイバーコアは、審美的な土台です

 

オールセラミック治療を行う時、金属の土台では、金属が透けて黒く見えてしまいます.そのため、よくあるオールセラミックの失敗例として見かけます。

 

あなたのオールセラミックが黒ずんでいる場合は、金属の土台を入れたことが原因かもしれません。

 

そのため、審美歯科治療では、神経を抜いた歯の土台にファイバーの物を使用します.なるべく透明な感じのオールセラミックを作成することで自然な感じとなります。オールセラミックの透明感を増せば中の色がさらに透けてしまいますので、ファイバーコアとオールセラミック治療はセットだとお考えいただいたければ良いと思います。

 

ファイバーコアは病院によって料金がちがいます。当院では比較的お安い価格でファイバーコアをご提供しております。

お値段¥20,000−(税別)

 

格安のオールセラミックの料金のページのリンク

ファイバーコアの素材について

ファイバーコア
ファイバーコア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の根っこにたてる土台の部分に写真のようなファイバーの心棒をたてます。歯の根っこの太さによって心棒の太さに種類があります。

この心棒の周りにレジンという白い素材をコーティングさせて形を作ります。

ファイバーコアの利点は強さと審美性です。

ファイバーコアの利点を専門的に言うと,

 

心棒に当たるファイバーコアポストは高い特性を発揮する細かいファイバーの繊維であるSタイプのグラスファイバー(太さ約10µm)を束ね、 そのファイバー繊維の間に高強度のマトリックスレジンという接着材を含浸・重合させて束ねて強度・柔軟性をこうじょうさせた、神経の無い歯の土台です。

 

 また詳しく顕微鏡で、心棒であるファイバーの周りの断面を確認すると、接着剤のマトリックスレジン内部に緻密に収束されたグラスファイバー繊維が確認できます。単方向に走行するグラスファイバーはファイバーコア ポストに十分な破折強さと理想的な柔軟性を発揮させます。

 

簡単にご説明させていただきますと,従来使用していて金属の土台を使用するより、ファイバーコアを使用する事で歯の根っこを補強し、歯の根っこが折れにくくする役目があります。

 

そして、審美的にも歯の色が黒ずんで見えなく利点があります。金属の土台を使用する場合、オールセラミックを不透明な物にする必要があります。透明度の高いオールセラミックを使用した場合、金属の土台の色が透けて見え黒ずんだ感じのセラミックの色になってしまいます.

 

すでに神経を抜いた歯に金属の土台が入ってしまっていても大丈夫です。

従来、歯の神経を抜いた後は金属の土台を立てた上に差し歯を被せていました。そのため、多くのケースでは神経の無い歯はすでに金属の土台が入っています。

 

そういったケースでも金属を取り除いてファイバーコアに交換することができます。

金属の土台の除去例

金属の土台の除去
金属の土台の除去

金属の土台が太く長いと歯の根っこが折れてしまう場合もあります。

すでに金属の土台が入っている場合は、顕微鏡や拡大鏡を使用して丁寧に歯の根っこを傷つけ無いように金属の土台を取り除く必要があります。

無料カウンセリングお問い合わせ

金属の土台が取り除け無いためにオールセラミック治療を迷われている方や、ファイバーコアを含めて審美歯科治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください。

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

ファイバーコアに関するブログ

2017年

9月

18日

審美歯科では神経を抜いた歯にはファイバーコアを使用します.

ファイバーコアってご存知ですか?


ほとんどの方はご存知ないかと思います。神経を抜いた歯は強度が弱くなってしまいますので、歯の根っこに土台を入れます。その土台の素材がファイバーを使用しているものをファイバーコアと言っています。


従来は金属の土台を使用していましたが、見た目が黒ずんでしまうため、審美歯科治療ではファイバーの土台を使用しております。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

02日

あなたは前歯の歯並びが気になりませんか?

歯並びが個性的な場合もアクセントがあるともいえますが,歯並びがきれいになって良かったという喜びの声もいただきます.今回は、歯の大きさによる歯並びの印象を良くする審美歯科治療をご紹介いたします.

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

21日

審美歯科治療をする場合は金属の土台を取り除きます.

審美歯科治療を行うときの多いな失敗の一つに、審美歯科で使用するファイバーコアを入れるために金属の土台を取り除く時に歯に穴をかけてしまう事があります.


長い金属の土台は取り除けないと言われる事があるのですが,顕微鏡や拡大鏡を使用している歯科医院では多少長い金属の土台でも通常問題なく金属の土台を取り除けます.しっかりと歯の内部を拡大して見る事で安全に金属を取り除けます.


金属の土台を安心して外す事を考えると、審美歯科治療を行う場合に顕微鏡や拡大鏡を使用している医院がお勧めな理由の一つになります.

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

13日

ファイバーの土台はオールセラミック治療に相性の良い素材です。

ファイバーコアは神経を抜いた歯とオールセラミックの接着を強くするための土台です。神経を抜いて空洞ができてしまった歯を強化してオールセラミックとの接着を助けます。


オールセラミックは金属を一切使用しないということが長所の素材です。金属を使用しないことで金属アレルギーの心配をしなくて済みますし、透明感を高めて天然の歯のような見た目にすることができます。


オールセラミックの良さを十分に発揮させるために金属を使用しない土台であるファイバーコアという物を使用することをお勧めしております。ファイバーコアも金属を使用していないために、気の続アレルギーの心配がないことと、透明感があります。


続きを読む 0 コメント

2017年

4月

26日

審美歯科ブログ 金属の土台の除去は顕微鏡や拡大鏡が必要です。

あなたの差し歯を審美歯科で治療をする際に、金属の土台が入ってしまていることがあります。

 

金属の土台が入っていると黒ずんだ見た目になってしまいますので、審美歯科治療を行う際には、金属の土台を取り除いた上で根っこの中を消毒して、ファイバーの土台に変えます。

 

金属の土台を取り除く場合、顕微鏡や拡大鏡を使用してしっかりと金属のみを取り除く必要があります。ご自身の歯の部分を削ってしまうと歯の強度が弱くなってしまいます。当院では顕微鏡を使用して金属を除去しますので、通常他の歯科医院で取れないといわれた長い金属の土台も10分ほどで取り除くことができます。

 

拡大鏡を使用しないと金属を取り残してしったり、歯を削ってしまうリスクが増します。

 

 

審美歯科治療で使用するオールセラミックを使用するには金属の土台でなくファイバーの土台がひつ王なことが多いためでです。オールセラミックの透明感を出すときは、金属の土台が透けて見えてしまうためにファイバーの土台を使用します。

 

ファイバーコアに関しては左の項目のファイバーコアのランをクリックしてご覧いただくか、下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

ファイバーコアのぺージ

 

また、金属の土台の除去やファイバーコアについての治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングでは治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921

続きを読む 0 コメント