審美歯科治療を考えている方、まずはこちらをお読みください。

歯医者の治療なんてどこでも同じ!

 

私も歯医者になる前は、そう思っていました。でも、歯医者になってからは、いろんな歯医者さんがいるのを知りました。(良い意味でも悪い意味でも・・・)

 

もしあなたが、インターネットで、審美歯科治療を受けたいと思って検索するとすごいたくさんの歯科医院があるのに驚かれるかもしれません。

 

「セラミックの値段は安いほうがいい!審美歯科治療はどの医院でも同じでしょう。」

 

「違うのは医院の場所とセラミックの値段だけでしょう。」

 

そう思われるのは、あなた様だけではありません。

実は10人中8人の方が、審美歯科治療はどこでも同じと思っているのです。

 

その結果、治療後に、「最初に考えていた歯と形と違う。神経を抜かなければ良かった。」「セラミックの色が、浮いていて不自然だわ。」「やり直しができないかしら。」と、大変な後悔。

 

一方、「歯がきれいってよく言われる。」「審美歯科で治してよかった」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

審美歯科治療をして損する人、審美歯科治療をして得をする人。

 

多くの患者さんの再治療をしてきたからわかります。

 

審美歯科治療で失敗しないように、まずは当院にて無料カウンセリングをしてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120-25-1839 

 

ルーペにて治療中

ルーペによる治療風景対象を7倍まで拡大することができるため、歯を削りすぎたり、虫歯を取り残したりしなくなります。より細かい治療が、手軽にできます。しっかりと見て治療ができるため、より丁寧に、素早く治療することが可能です。

マイクロスコープにて治療中

ルーペよりさらに細かいところを確認したいときに使用します。神経の治療や、根っこの外科処置、金属の土台を取るとき、歯を削る仕上げには必要と考えています。またよく見えるので、作業も素早くできます。

精密審美歯科治療では、マイクロスコープ・ルーペは必需品です。

より細かいところまでこだわって治療することによって、長く持つ治療をすることができます。

 

前歯の治療は審美歯科治療をお勧めする理由

差し歯
差し歯

前歯を一般の歯科医院で治療した場合,あまりこだわりの無い先生が担当をされると、前歯の形や大きさが不揃いであったりする事があります.お写真のケースでは、下の前歯に合わせて上の歯を作成したようで、前歯の長さが異なり、また、お顔の真ん中と下の歯がずれいたため、上の前歯が斜めに傾いて作成されていました.

 

審美的な差し歯の形とは言いにくい結果となってしまっております.

審美歯科治療
審美歯科治療

審美歯科治療を行った結果ですが,歯の大きさを整えて歯の傾きを改善する事ができました.

オールセラミックで歯を作成する事で少し白いですが,自然な透明感の差し歯を作る事ができます.

 

 

こんな審美歯科の失敗をしていませんか?

審美歯科の失敗
審美歯科の失敗

歯ぐきの下がった状態で審美歯科治療をした場合の失敗です.

 

下がった歯ぐきは歯ぐきの再生治療で歯ぐきのラインをそろえてから審美歯科治療を行う必要があります.

 

こういった審美歯科治療は典型的な失敗のパターンです.通常失敗されてから再治療を希望されてご来院いただきます.できる事なら失敗する前にお越しいただきたいのですが,歯ぐきの審美歯科治療をご存じない方が多いようです.

歯ぐきの再生
歯ぐきの再生

仮歯に変えて歯ぐきの位置を整えるために歯ぐきの再生治療を行います.少し多めに歯ぐきは再生させます.

 

お写真左側の正面から2番目の歯は抜けていますので、ブリッジの仮歯が入っています.

 

審美歯科治療で失敗しないようにご確認ください.