セラミックの種類

セラミックには何百という種類のものがあります。その中で特徴のあるセラミックを種類に分けて使用しています。

 

金属を使用するかしないかというちがいや、お値段、色合い、透明感、強度等によってセラミックを分類しています。患者様のご都合に合わせてセラミックの種類を選ぶことが可能です。

 

当院では、お値段でセラミックを分けていますが、これはセラミックを作成する技工士さんのレベルと素材、保証期間によって分けています。

 オールセラミック

金属を使用した白い歯

  • メタルボンドクラウン  ¥70,000-(税別)
  • ハイブリッドクラウン   ¥50,000-(税別)

オールセラミックの選択方法のご参考に

オールセラミックを上手に損をしないように選ぶコツをご説明いたします。

 

  1. 奥歯の目立た無いところの銀歯をオールセラミックで治療をする場合のオススメ。

奥歯の目立た無い部分のオールセラミックは見た目より強度を重視することをオススメしております。金属のように光って目立つもので無いので、色が少し合わなくても目立ちません。むしろ強度が重要で、奥歯の噛む力で壊れにくい強度のあるオールセラミックがオススメとなります。

 

そのため、奥歯のオールセラミックはオールジルコニアセラミックがオススメです。(エコノミータイプのオールセラミックで¥60,000−(税別)となります。)

 

 2.前歯を1本だけオールセラミックできれいに治したい場合。

 

前歯のオールセラミックは非常に目立ちます。周囲の歯に色や模様を合わせて自然な感じにオールセラミックをお作りすることをオススメしております。こういった場合では技工士さんが立ち会って歯に調和が取れるオールセラミックを一つ一つ調整するタイプのオールセラミックがオススメです。スペシャルオールセラミック、エクセレントオールセラミック、(エクセレントプラスオールセラミックもご用意しております。)がオススメです。

 

 3.前歯を6本まとめてオールセラミックを治したい場合。

 

変色した歯など、前歯のオールセラミックをまとめて治される場合、比較的に安いオールセラミックを選択してもきれいな感じに見せることが可能になります。形や色へのこだわり具合でセラミックの種類を選ばれると良いでしょう。

 


各種オールセラミックの症例集

オールセラミックはグレードによって強度や見た目のちがいがあります.

どのオールセラミックを選ぶかの参考にしてください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

セラミックブログ

金属を使用したセラミックとは何でしょう?

最近、金属を使用した差し歯と金属を使用しない差し歯というご説明を歯科医院で受けられた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

金属を使用した差し歯は通常、保険のきく治療の際に使用されます。金属を使用することで、歯茎の黒ずみの問題や金属アレルギーの問題が起こりやすくなることは知られてきています。

 

金属を使用したセラミックあるいは差し歯とはどんなものでしょう。

続きを読む

オールセラミック治療

セラミックには種類が色々あります。審美歯科をする場合は、オールセラミックという種類のセラミックがオススメです。

 

古いセラミックを新しく交換されるのであれば、今ならオールセラミックを選択されることをオススメしております。

続きを読む

審美歯科ブログ メタルボンド

審美歯科では最近使用する機会がかなり減りましたが、従来のセラミックであるメタルボンドを使用することもあります。金属のフレームの上にセラミックをくっつけたセラミックの治療法です。最近の審美歯科では、オールセラミックと言って金属を使用しない方法が主流になっています。

 

一番右側の写真が仮のセメントで付けた後の状態で、右から2番目の写真は仮歯の状態です。仮歯の方が白くて透明感があることがわかるかと思います。メタルボンドは特に歯茎の付け根の部分で不透明な色合いになります。そのため、周りのはより浮いた感じの白さに見えてしまいます。

 

また、不透明なため歯茎の黒さが出てしまい安いのも特徴です。このケースでは奥歯なので患者様も気にならないということでした。歯茎が下がってしまった場合は歯茎の再生を行います。

 

 

現在、オールセラミックの強度はジルコニアを使用した場合、メタルボンドと同じ程度の強度がありますので、金属を使用したメタルボンドを無理に使用する必要はなくなってきています。

 

メタルボンドのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

 

続きを読む

審美歯科のセラミックの種類について

審美歯科ではすべての方に合った同じタイプのセラミックを使用するのではなく、歯の形や色、かみ合わせなどを考慮して、セラミックの素材などを決めます。セラミックの素材によって料金が変わる場合もありますので、あらかじめ治療前にお見積りをさせていただき、お勧めのセラミックのご説明をいたします。

セラミックの症例では、典型的な審美歯科治療のケースを出させていただいてます。

審美歯科治療の参考にしていただければと思います。

 

また、セラミックの種類に関してこんなメールもいただいております。

 

 

 

 

・通常ジルコニアよりオールセラミックの方が透明感があり、自然な歯の色にすることができると聞いたのですが、貴院ではe-maxの方が色を調節するのは難しいとHPにあります。また、お値段も他院では15-17万ほどするのに貴院では6万円台です。いくら自由診療だからとはいえ、10万も差がつくとは考えにくいのですが、なぜでしょうか?

メーカーの違いによるものですか?

また、貴院のお勧めするジルコニアもとても安いと思いますが、なぜなのでしょうか?

私が他院で聞いたのはe-maxで、そこではジルコニアにセラミックを被せたものよりも透明感が高いものができるといわれました。

実際見せて頂いた写真もそう感じました。

同じe-maxでもきっと違うものなんですね。

そこは審美治療の症例が多い都内の病院です。

 

以上メール相談より

 

1、セラミックの色について
オールセラミックは大きく分けて3種類のタイプがあります。種類によって透明性は異なります。
  e-maxは透明性のコントロールができないタイプのオールセラミックです。セラミックのブロックを溶かして形を作りますので、全体が同じ透明性のものを使用します。そして、表面にグレー色を塗って絵を描くように透明感を調整します。
 ジルコニアフレームの上にオールセラミックを重ねて作成するタイプのセラミックはセラミックの透明性を周囲の歯に合わせて調整することが可能です。そのため、ジルコニアフレームを使用したセラミックのほうが自然な透明性を出すことが可能です。
 また、ジルコニア単体で作成するタイプのオールセラミックは透明性のないものとなります。
 
2、当院は審美歯科治療の症例数が多いため、コストを抑えることができております。当院においてもベテランの技工士が作成するタイプのオールセラミックは20万円のものもございます。費用対効果の良いセラミックを選択することができるような料金体系とさせていただいております。郊外の歯科医院では治療症例数が少ないため、比較的都心部の歯科医院より高額に設定していることが多いようです。

 

 

 

 

 

続きを読む

審美歯科ブログ 歯茎の黒ずみはオールセラミックでも起こるのか?

よく差し歯の歯茎が黒ずんでしまっている方がいらっしゃると思います。オールセラミックを選択される方の中に歯茎が黒ずまないようにしたいという方がいらっしゃいます。

 

オールセラミックは従来のセラミックとちがい、金属を使用しないため,歯茎が黒ずみにくいのは事実ですが,オールセラミックを使用しても歯茎が黒ずんでしまうこともあります。

 

歯茎が下がった場合と、メラニン色素で歯茎が黒い場合と金属の粉がすでに歯茎の中に入り込んでしまっている場合は、オールセラミックを使用しても歯茎が黒くなることがあります。

 

詳しい治療法は歯茎の黒ずみの治療のページをご覧ください。

 

このページでは歯茎の黒ずみの原因や治療のご説明を詳しくご紹介しております。歯茎の黒ずみの治療はしっかりと原因を確認することが重要になります。

続きを読む