セラミックの種類

セラミックには何百という種類のものがあります。その中で特徴のあるセラミックを種類に分けて使用しています。

 

金属を使用するかしないかというちがいや、お値段、色合い、透明感、強度等によってセラミックを分類しています。患者様のご都合に合わせてセラミックの種類を選ぶことが可能です。

 

当院では、お値段でセラミックを分けていますが、これはセラミックを作成する技工士さんのレベルと素材、保証期間によって分けています。

 オールセラミック

金属を使用した白い歯

  • メタルボンドクラウン  ¥70,000-(税別)
  • ハイブリッドクラウン   ¥50,000-(税別)

オールセラミックの選択方法のご参考に

オールセラミックを上手に損をしないように選ぶコツをご説明いたします。

 

  1. 奥歯の目立た無いところの銀歯をオールセラミックで治療をする場合のオススメ。

奥歯の目立た無い部分のオールセラミックは見た目より強度を重視することをオススメしております。金属のように光って目立つもので無いので、色が少し合わなくても目立ちません。むしろ強度が重要で、奥歯の噛む力で壊れにくい強度のあるオールセラミックがオススメとなります。

 

そのため、奥歯のオールセラミックはオールジルコニアセラミックがオススメです。(エコノミータイプのオールセラミックで¥60,000−(税別)となります。)

 

 2.前歯を1本だけオールセラミックできれいに治したい場合。

 

前歯のオールセラミックは非常に目立ちます。周囲の歯に色や模様を合わせて自然な感じにオールセラミックをお作りすることをオススメしております。こういった場合では技工士さんが立ち会って歯に調和が取れるオールセラミックを一つ一つ調整するタイプのオールセラミックがオススメです。スペシャルオールセラミック、エクセレントオールセラミック、(エクセレントプラスオールセラミックもご用意しております。)がオススメです。

 

 3.前歯を6本まとめてオールセラミックを治したい場合。

 

変色した歯など、前歯のオールセラミックをまとめて治される場合、比較的に安いオールセラミックを選択してもきれいな感じに見せることが可能になります。形や色へのこだわり具合でセラミックの種類を選ばれると良いでしょう。

 


各種オールセラミックの症例集

オールセラミックはグレードによって強度や見た目のちがいがあります.

どのオールセラミックを選ぶかの参考にしてください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

セラミックブログ

歯が大きい出っ歯を治したい方のための審美歯科治療

前歯の大きさが大きくて出っ歯に見えてしまう事があります.

 

このような場合は、いくら矯正治療で歯並びを並べても歯の大きさが大きいままとなってしまいます.歯の大きさを小さくする審美歯科治療で出っ歯の感じを解消します.

続きを読む

あなたも前歯の差し歯をオールセラミックできれいになります。

前歯の審美歯科治療前
前歯の審美歯科治療前

前歯の差し歯を保険の素材にした場合,色合いが周囲の歯と合わず、審美歯科の御相談にいらっしゃる事がしばしばあります.

 

前歯の差し歯を含めて全体的にきれいにしたい場合は、オールセラミックで料金が安いエコノミーオールセラミックが良いかもしれません.

続きを読む

審美歯科 ブログ  ラミネートべニア

歯の色や形を変えたいけど、歯をあまり削りたくないという方にお勧めな審美歯科治療のご紹介です。

 

歯の色や形を変えるときに、歯の表面だけ少し削ってオールセラミックなどでできた薄い歯を張り付ける方法に、ラミネートべニア法という方法があります。

 

オールセラミックのラミネートべニアは、歯のツヤや透明感があります。

 

すべてのケースで有効というわけではないのですが、あまり歯を削らずに治療できるのが、患者様にとってメリットとなります。

 

ただし、歯と歯の間に大きな虫歯がある場合や神経を抜いた歯の場合は、ラミネートべニアより全周を覆うタイプのオールセラミックをお勧めしております。

 

なぜかといいますと、虫歯や神経を抜くときにあけた穴をレジンというプラスティック系の詰め物で埋めますので、長期間経過すると変色や虫歯の再治療が必要になってしまうリスクがあります。その際にラミネートも再治療となってしまう可能性が高いため、プラスティック系の素材はお口の中に露出しないようにオールセラミックで覆う治療法がお勧めです。

 

 

続きを読む

審美歯科ブログ  セラミックインレー

セラミックインレーはご存知でしょうか?

 

歯の内側の一部を削って、銀などの詰め物をしている場合、インレーという名称で呼ばれています。

 

こう行った、一部だけの奥歯の銀のつめものを白くしたい場合、セラミックインレーという詰め物で詰め直す場合があります.

 

見た目が白くて綺麗なことと、丈夫な素材を使用しているため、長持ちするしっかりとした審美歯科治療を行いたい場合は、セラミック素材のインレーを使用することをお勧めしております。

 

また、セラミックインレーの材質は新しい素材が開発されるため、年々丈夫になっています.

今回e-maxというセラミックインレーの商品をご紹介します。

続きを読む

審美歯科ブログ 歯茎の黒ずみはオールセラミックでも起こるのか?

オールセラミック を入れたのに歯茎が黒ずんでしまったという方へ。

 

よく差し歯の歯茎が黒ずんでしまっている方がいらっしゃると思います。オールセラミックを選択される方の中に歯茎が黒ずまないようにしたいという方がいらっしゃいます。

 

オールセラミックは従来のセラミックとちがい、金属を使用しないため,歯茎が黒ずみにくいのは事実ですが,オールセラミックを使用しても歯茎が黒ずんでしまうこともあります。

 

歯茎が下がった場合と、メラニン色素で歯茎が黒い場合と金属の粉がすでに歯茎の中に入り込んでしまっている場合は、オールセラミックを使用しても歯茎が黒くなることがあります。

 

詳しい治療法は歯茎の黒ずみの治療のページをご覧ください。

 

このページでは歯茎の黒ずみの原因や治療のご説明を詳しくご紹介しております。歯茎の黒ずみの治療はしっかりと原因を確認することが重要になります。

続きを読む