セラミックの種類

セラミックには何百という種類のものがあります。その中で特徴のあるセラミックを種類に分けて使用しています。

 

金属を使用するかしないかというちがいや、お値段、色合い、透明感、強度等によってセラミックを分類しています。患者様のご都合に合わせてセラミックの種類を選ぶことが可能です。

 

当院では、お値段でセラミックを分けていますが、これはセラミックを作成する技工士さんのレベルと素材、保証期間によって分けています。

 オールセラミック

金属を使用した白い歯

  • メタルボンドクラウン  ¥70,000-(税別)
  • ハイブリッドクラウン   ¥50,000-(税別)

オールセラミックの選択方法のご参考に

オールセラミックを上手に損をしないように選ぶコツをご説明いたします。

 

  1. 奥歯の目立た無いところの銀歯をオールセラミックで治療をする場合のオススメ。

奥歯の目立た無い部分のオールセラミックは見た目より強度を重視することをオススメしております。金属のように光って目立つもので無いので、色が少し合わなくても目立ちません。むしろ強度が重要で、奥歯の噛む力で壊れにくい強度のあるオールセラミックがオススメとなります。

 

そのため、奥歯のオールセラミックはオールジルコニアセラミックがオススメです。(エコノミータイプのオールセラミックで¥60,000−(税別)となります。)

 

 2.前歯を1本だけオールセラミックできれいに治したい場合。

 

前歯のオールセラミックは非常に目立ちます。周囲の歯に色や模様を合わせて自然な感じにオールセラミックをお作りすることをオススメしております。こういった場合では技工士さんが立ち会って歯に調和が取れるオールセラミックを一つ一つ調整するタイプのオールセラミックがオススメです。スペシャルオールセラミック、エクセレントオールセラミック、(エクセレントプラスオールセラミックもご用意しております。)がオススメです。

 

 3.前歯を6本まとめてオールセラミックを治したい場合。

 

変色した歯など、前歯のオールセラミックをまとめて治される場合、比較的に安いオールセラミックを選択してもきれいな感じに見せることが可能になります。形や色へのこだわり具合でセラミックの種類を選ばれると良いでしょう。

 

各種オールセラミックの症例集

オールセラミックはグレードによって強度や見た目のちがいがあります.

どのオールセラミックを選ぶかの参考にしてください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

セラミックブログ

2017年

6月

23日

古くなったセラミックを交換したケース

古くなったセラミックは、いろいろと審美的な問題が起こってきます。


ブラックマージンと言って歯茎が下がってしまって歯茎の部分に黒い線が見えてきてしまいます。セラミックの交換で一番多いケースになります。審美歯科と合わせて歯茎の再生治療をすると歯茎が厚みを増して下がりにくくなります。

 

セラミックを入れた時にホワイトニングをしていないと歯の色が黄色かったりして白くしたい場合や、セラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっている場合、従来のセラミックを使用したため歯の厚みが厚い場合などがあります。

 

金属を使用したセラミックからオールセラミックに交換することで特に前歯の見栄えが格段に良くなります。上品な感じに見えるようになります。

もちろん、前歯に金歯が良いという方には自然すぎて物足りないでしょうが。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

17日

あなたも前歯の差し歯をオールセラミックできれいになります。

前歯の審美歯科治療前
前歯の審美歯科治療前

前歯の差し歯を保険の素材にした場合,色合いが周囲の歯と合わず、審美歯科の御相談にいらっしゃる事がしばしばあります.


前歯の差し歯を含めて全体的にきれいにしたい場合は、オールセラミックで料金が安いエコノミーオールセラミックが良いかもしれません.

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

07日

セラミックの種類にご注意を

セラミックと言っても何百種類ものセラミックが存在しするってことをご存知でしょうか?


セラミックには種類が多いのですが、歯の色や形にどこまでこだわるかでどのタイプのセラミックを選択するか決めていただいています。(当院では、当院が厳選したセラミックの中から、歯の状況などに合うセラミックを選んで頂いております.)

 

まず、従来のセラミックは金属の上にセラミックを焼き付けるタイプのセラミックです。メタルボンドと言われていました。通常このタイプのセラミックは近年使用されなくなってきています。

 

プレスタイプのセラミック(当院ではエコノミーオールセラミック e-max)では、細かい色の調整をすることは難しいので、偶数本(2本4本6本)と治される方にお勧めです。このタイプのセラミックは、従来のセラミックに比べて、強度が増します。金属の歯を作るときとほとんど同じ方法でお作りしますので、オールセラミックの素材が均一になるために強度が増します。欠点として、後からセラミックの形を足して変えることができません。

 

強度という意味では今のところ一番強度のあるセラミックが、ジルコニアという材質のオールセラミックです。ジルコニアのセラミックは歯の色に合わせてセラミックを盛り上げますので、色を合わせやすくなります。また、強度もプレスタイプの4倍ほどあります。

 

また、ジルコニアのみを機械で削って作るタイプのCAD-CAMタイプのセラミックは、強度がありますが、色の透明感が少なく人工的な白さですので、このタイプのジルコニアは強度が必要で目立たない奥歯に使用します。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

01日

審美歯科ブログ  セラミックインレー

奥歯の銀の詰め物を白くしたい場合、セラミックインレーという詰め物で詰め直す場合があります.


セラミックインレーの材質は年々じょうぶになって来ています.

今回e-maxというセラミックインレーの商品をご紹介します。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

31日

審美歯科 ブログ  ラミネートべニア

歯の色や形を変えるときに、歯の表面だけ少し削ってオールセラミックなどでできた薄い歯を張り付ける方法に、ラミネートべニア法という方法があります。

 

オールセラミックのラミネートべニアは、歯のツヤや透明感があります。

 

すべてのケースで有効というわけではないのですが、あまり歯を削らずに治療できるのが、患者様にとってメリットとなります。


ただし、歯と歯の間に大きな虫歯がある場合や神経を抜いた歯の場合は、ラミネートべニアより全周を覆うタイプのオールセラミックをお勧めしております。


なぜかといいますと、虫歯や神経を抜くときにあけた穴をレジンというプラスティック系の詰め物で埋めますので、長期間経過すると変色や虫歯の再治療が必要になってしまうリスクがあります。その際にラミネートも再治療となってしまう可能性が高いため、プラスティック系の素材はお口の中に露出しないようにオールセラミックで覆う治療法がお勧めです。

 

 

続きを読む 0 コメント