古いセラミックの交換

古いセラミックの交換 · 18日 4月 2018
審美歯科治療後しばらくすると歯茎が下がってしまって歯の根っこが露出してきます。10年で70%のケースで歯茎が下がって根っこが露出するという報告もあります。 歯茎が下がって根っこが露出してしまうと、歯の根っこに虫歯が発生しやすくなります。歯茎が黒く見えてしまっている場合は歯の根っこに虫歯ができてしまっている場合もあります。 特に神経を取った差し歯の根っこにできた虫歯は進行が深くまで起こりやすく、場合によっては歯を抜かなくてはいけない場合もあります。 そういった虫歯が深い場合でも神経や歯を残せる可能性がありますので、ご相談ください。
古いセラミックの交換 · 16日 4月 2018
歯ぐきの再生,審美歯科
あなたの差し歯は、10年もして歯茎が下がって黒く見えるようになった上、歯が長くなってしまっていませんか? 新しい審美歯科では歯茎を回復させた上で見た目を改善します。
古いセラミックの交換 · 02日 4月 2018
金属を使用したセラミック治療
最近、金属を使用した差し歯と金属を使用しない差し歯というご説明を歯科医院で受けられた経験のある方も多いのではないでしょうか。 金属を使用した差し歯は通常、保険のきく治療の際に使用されます。金属を使用することで、歯茎の黒ずみの問題や金属アレルギーの問題が起こりやすくなることは知られてきています。 金属を使用したセラミックあるいは差し歯とはどんなものでしょう。
古いセラミックの交換 · 31日 3月 2018
長い差し歯を短くする審美歯科治療
差し歯を歯茎の位置に合わせてお作りになられた場合、長くなってしまいます。 長くなった差し歯を見る機会が多いのですが、歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を作るため、通常より数ミリ長くなってしまっていることが多いようです。 新しい審美歯科治療法である、歯茎の再生治療を審美歯科治療に合わせて行うことで、歯の長さを平均的な長さに回復させることが可能になります。
古いセラミックの交換 · 30日 3月 2018
長くなってしまった差し歯の審美歯科治療
本日は、長くなってしまった差し歯のを審美歯科で綺麗に元の長さに近くしたいというご希望の方に関する内容です。 差し歯が長い場合、元々は長くなかったのが、時間とともにあるいは差し歯を入れてから長くなったことが多いようです。 原因としては、 歯周病で歯茎が下がった 歯並びの改善のために差し歯を入れたら歯が長くなった 歯を抜いた後のブリッジを入れたら歯が長くなった といったことが挙げられます。 治療法としましては、矯正治療、歯茎の再生・歯茎の整形治療を審美歯科治療と合わせて行う方法によって差し歯の長さを戻したり、短くすることができます。
古いセラミックの交換 · 13日 3月 2018
古くなったセラミックは、いろいろと審美的な問題が起こってきます。 ブラックマージンと言って歯茎が下がってしまって歯茎の部分に黒い線が見えてきてしまいます。セラミックの交換で一番多いケースになります。審美歯科と合わせて歯茎の再生治療をすると歯茎が厚みを増して下がりにくくなります。 セラミックを入れた時にホワイトニングをしていないと歯の色が黄色かったりして白くしたい場合や、セラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっている場合、従来のセラミックを使用したため歯の厚みが厚い場合などがあります。
古いセラミックの交換 · 31日 1月 2018
古い差し歯
笑った時に不自然な差し歯が入っていませんか? スマホの画像がきれいになって前歯の差し歯がよく目立つようになってきてしまっています。
古いセラミックの交換 · 29日 1月 2018
古い差し歯
笑った時に不自然な差し歯が入っていませんか? スマホの画像がきれいになって前歯の差し歯がよく目立つようになってきてしまっています。