審美歯科と歯茎

審美歯科と歯茎 · 18日 9月 2020
歯茎の再生と審美歯科
歯茎が下がってしまうと審美歯科の結果が上手く行きません. それは歯の長さが長くなってしまうからです.そのため、歯茎が下がってしまった場合は、審美歯科治療前に歯ぐきの再生治療と言って歯茎を回復させる処置を行います。 歯茎が元の位置に戻る事で、審美歯科治療を行った時に歯の長さをちょうどいい長さにお作りする事が出来ます.
審美歯科と歯茎 · 13日 9月 2020
審美歯科の失敗
あなたの差し歯は長くないですか? 審美歯科を希望される方は、特に歯の長さやバランスの事を気にされるのかと思います。 今までは、歯茎が下がってしまった場合、歯茎をそのままの状態で差し歯を入れていました。そのため、長い差し歯になってしまっていました。 現在、病院によってですが、歯茎の再生治療を行なって歯茎を増やしてから審美歯科治療を行うことで、歯の長さを短く、小さい歯にする事ができます。 今回は、長い差し歯を再治療して短くしたケースをご紹介いたします。
審美歯科と歯茎 · 11日 9月 2020
歯周病で歯茎が下がってしまた方のための審美歯科治療
成人の方で歯周病にかかってしまった方は、通常の審美歯科治療では綺麗にみえないため、歯周病の方のための審美歯科治療をされることをオススメしております。 歯周病にかかられた方の特徴として、歯周病後も歯が少し揺れてしまう・歯茎が下がってしまた・歯並びが変わった・歯が削れてしまっているなどの特徴があります。 こういった歯周病の特徴に合わせて、より綺麗に見える歯にするために審美歯科治療を行います。 歯が揺れてしまっている場合は、固定のために歯をつなげて作る必要があります。この際、歯がつながって見えないようにする必要があります。 また、歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎の再生治療にて歯茎を回復させた上での審美歯科治療をオススメしております。
審美歯科と歯茎 · 11日 9月 2020
歯茎の形で歯の見た目が変わります.長い差し歯や短い差し歯の多くは歯茎の位置が悪い事によって起こります。 歯茎の位置によって歯の長さが長くなったり短くなったり、歯の形が丸くなったり四角くなったりします。歯茎の形を整形することで、歯の形を審美的に変化させることができます。 良い歯茎の形は、見た目の良い歯並びになります。 悪い歯茎の形は、審美歯科の結果を不満足な物にします. 歯茎の形が悪い場合は、歯茎の再生・整形で歯茎の形を良くしてから審美歯科治療を行う事をお勧めしております。
審美歯科と歯茎 · 09日 9月 2020
歯並びが悪い場合や、歯の大きさが左右でちがう場合、歯茎の位置が左右でちがうことがあります。また、全体的に歯茎が歯を覆いすぎている場合や、特に犬歯などで歯が長くなってしまっているケースがあります。 歯茎の再生・整形では歯茎の位置を整えることができます。審美歯科治療を行う場合,歯茎の再生・整形を行うことで審美的な形の歯を入れることができます。歯茎がかぶりすぎて歯の長さが短い場合は、歯茎の整形を行い、歯の長さが下がって長くなっている場合は歯茎の再生を行うことで歯の長さのバランスを整えます。 今回歯茎の再生・整形のページを更新しています。ご興味のある方は歯茎の再生・整形のページをご覧ください。 歯茎の再生、整形は簡単な外科的な処置を行います。通常痛み止めを飲まなくても大丈夫な程度の処置になります。 歯茎の再生・整形を行うことで審美歯科の結果をよりよくします。歯の大きさがそろっていることが審美的に見えるために重要なことになります。 歯の大きさや形を整えたいという方は、ただいま無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。
審美歯科と歯茎 · 02日 9月 2020
歯茎の再生と審美歯科
歯茎の下がってしまっている方の歯は左右の歯の長さがちがって見えてしまうため、綺麗に歯の大きさをそろえる場合は、歯茎の再生や歯茎の整形で歯の大きさを調整する必要があります! 少し歯の大きさがちがうだけで、歯の見た目ってすごく気になってしまう事があります。そのため、歯茎の形を修正するために歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行うことがあります。 また、セラミックなどで治す歯ではなく、周りの歯の長さが長くなってしまってバランスが悪い場合に、周りの歯の歯茎の長さを通常の状態に改善します。 今回は、オールセラミックで治す隣の歯が歯茎が下がってしまい、長くなっているのを歯茎の再生治療にて長さを改善してバランスを整えた上で審美歯科治療を行ったケースをご紹介いたします。
審美歯科と歯茎 · 27日 8月 2020
歯茎が下がって目立ってしまった差し歯
差し歯の歯茎が下がってしまう事がよくあります. ほんの1ミリ下がっただけでも不自然な差し歯に見えてしまいます. これは、オールセラミックで治療を行っても年数が立った場合におこってしまう事があります。
審美歯科と歯茎 · 19日 8月 2020
歯茎の形と審美歯科
審美歯科治療を行う際に、歯茎の位置が歯の長さを決める原因になります。歯ぐきの位置を整える事で歯の見た目がよくなります。 例えば、下がってしまった歯茎を、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎を元の位置まで回復しただけで、歯の形が審美的なものになります。 これは、歯茎の位置が下がってしまったために歯の形が長くなりバランスが悪くなるためです。 審美歯科治療をそのままの歯茎の位置で行ってしまうケースをよくお見かけしますが、歯ぐきの再生治療を審美歯科と合わせて行う事で、歯の長さを揃えることができます。.
審美歯科と歯茎 · 18日 8月 2020
四角い前歯 歯茎の整形治療前
審美歯科で前歯を治す場合、どの程度の長さが綺麗なのか考える必要が有ります。 小さい歯を好まれる方が比較的多いようですが、小さすぎるのも違和感を感じてしまうと思います。
審美歯科と歯茎 · 17日 8月 2020
審美歯科治療
審美歯科治療を一度受けられた方は、歯茎が下がってしまうことに気を付ける必要があります。歯茎が下がってしまうと、差し歯の境界が露出して見た目がひどいことになってしまいます。 差し歯が浮いた感じに見える上に、歯が長くみえます。また、今後の歯周病や虫歯などの問題が起こる可能性が高くなります。 そして、もう一つの大きな問題は、差し歯をやり直すだけでは、歯の根っこを覆う長さの差し歯が入ってしまい、長くて見た目の悪い状態になります。差し歯をやり直すと同時に歯茎の再生治療を行うことで前歯の見た目が良いものになります。

さらに表示する