審美歯科と歯茎

審美歯科と歯茎 · 18日 3月 2019
審美歯科治療
審美歯科治療を一度受けられた方は、歯茎が下がってしまうことに気を付ける必要があります。歯茎が下がってしまうと、差し歯の境界が露出して見た目がひどいことになってしまいます。 差し歯が浮いた感じに見える上に、歯が長くみえます。また、今後の歯周病や虫歯などの問題が起こる可能性が高くなります。 そして、もう一つの大きな問題は、差し歯をやり直すだけでは、歯の根っこを覆う長さの差し歯が入ってしまい、長くて見た目の悪い状態になります。差し歯をやり直すと同時に歯茎の再生治療を行うことで前歯の見た目が良いものになります。
審美歯科と歯茎 · 11日 3月 2019
セラミックの失敗
審美歯科治療後に、数年経ってから歯茎が黒くなってしまうことがあります。 時間がすこしたってから歯茎が黒くなるケースの多くは歯茎が下がってしまうことが原因です。せっかくセラミックを入れたのに見た目が悪いと感じてしまいます。 セラミックの適合が悪いケースは再度作り直しになってしまいますが、適合が良い場合は、歯茎だけを再生させることで歯茎の黒ずみを取ることができる場合があります。
審美歯科と歯茎 · 09日 3月 2019
前歯が長い 治療前
新しい審美歯科治療では、差し歯の長さが左右でちがうのを、矯正治療なしに揃えることができます。 長くなってしまった歯を短くすることも、短い歯を長くすることも可能です。(もちろん限界はあります。)
審美歯科と歯茎 · 03日 3月 2019
歯茎が下がって長くなってしまう
歯茎が下がってしまった場合の審美歯科治療のご紹介です。 歯茎が下がってしまった方の審美歯科は通常の審美歯科治療だけでは、見た目の改善が難しいため、歯茎の回復をセラミック治療と合わせて行います。 1~2ミリの改善で、歯の大きさや形のバランスが大きく変わります。歯茎が下がってしまったまま通常の審美歯科治療をお行うと長い歯になってしまいます。
審美歯科と歯茎 · 02日 3月 2019
セラミックの歯茎が下がる
セラミックの歯茎が下がってしまった場合どうされますか? 通常の審美歯科の治療ではオールセラミックを交換するだけの治療となります.そのため、歯の長さが左右でちがってしまったりしばらくしてまた歯茎が下がってしまうという問題がおこってしまいます. 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事を考える必要があります. セラミックの歯茎が下がってしまったときの審美歯科治療をご紹介いたします.
審美歯科と歯茎 · 27日 2月 2019
歯茎の審美歯科
歯の形や色の白さについで気になるのが歯茎の状態です. 審美歯科治療といってもセラミックを作るだけが審美歯科ではなく、歯茎の見た目をきれいにする事も審美歯科治療として行います.歯茎が下がってしまった場合に、歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行いますが,見た目を審美的に行う事ができる場合があります.
審美歯科と歯茎 · 24日 2月 2019
歯茎の形と審美歯科
審美歯科治療を行う際に、歯茎の位置が歯の長さを決める原因になります。歯ぐきの位置を整える事で歯の見た目がよくなります。 例えば、下がってしまった歯茎を、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎を元の位置まで回復しただけで、歯の形が審美的なものになります。 これは、歯茎の位置が下がってしまったために歯の形が長くなりバランスが悪くなるためです。 審美歯科治療をそのままの歯茎の位置で行ってしまうケースをよくお見かけしますが、歯ぐきの再生治療を審美歯科と合わせて行う事で、歯の長さを揃えることができます。.
審美歯科と歯茎 · 22日 2月 2019
四角い前歯 歯茎の整形治療前
審美歯科で前歯を治す場合、どの程度の長さが綺麗なのか考える必要が有ります。 小さい歯を好まれる方が比較的多いようですが、小さすぎるのも違和感を感じてしまうと思います。
審美歯科と歯茎 · 19日 2月 2019
歯茎の黒ずみ
あなたの差し歯の歯茎は黒ずんでしまっていませんか? 差し歯の周囲の歯茎の黒ずみを気にされている方は、多くの場合歯茎の中に金属が歯茎の中に入ってしまい、歯茎が黒くなって見えています。
審美歯科と歯茎 · 19日 2月 2019
ブリッジの差し歯
あなたのブリッジの差し歯は、歯を抜いた部分が長くなってしまっていませんか? 歯を抜いた後に歯茎の処置をしっかりとしないと長い歯のブリッジとなってしまいます。

さらに表示する