審美歯科と歯茎

審美歯科と歯茎 · 22日 1月 2018
歯茎の整形前
前歯2本の差し歯のやり替え希望されたケースです.前歯の大きさが小さく、周囲のはより短く四角形に見えます.前歯の大きさを数ミリ長くするために歯茎の整形処置を行いました. 歯茎の整形処置は部分麻酔をして、歯茎の位置を整えます.歯茎の位置に合わせて仮歯の形を修正します.通常30分程で処置は終了します.
審美歯科と歯茎 · 21日 1月 2018
歯茎の再生治療
審美歯科治療の場合,どこまで治療が可能かより,どこまで気にするかという事が治療の難易度を決める場合があります. 歯茎の位置を微調整する為に歯ぐきの再生治療を行ったケース
審美歯科と歯茎 · 20日 1月 2018
オールセラミックと歯茎
一概にオールセラミック治療と言っても予想外の仕上がりになってしまうことがあります。例えば、最近だとオールセラミックの透明感を強くしたいと言ったら、透明すぎて黒く見えてしまったり、歯の長さが短すぎたり、出っ歯な角度に歯が入ってしまったりと言ったことがあるようです。 今回は、オールセラミックを入れたけど、見た目が悪いのでやり直したいといわれたケースの治療例をご紹介いたします。
審美歯科と歯茎 · 19日 1月 2018
歯周病で歯茎が下がってしまた方のための審美歯科治療
成人の方で歯周病にかかってしまった方は、通常の審美歯科治療では綺麗にみえないため、歯周病の方のための審美歯科治療をされることをオススメしております。 歯周病にかかられた方の特徴として、歯周病後も歯が少し揺れてしまう・歯茎が下がってしまた・歯並びが変わった・歯が削れてしまっているなどの特徴があります。 こういった歯周病の特徴に合わせて、より綺麗に見える歯にするために審美歯科治療を行います。 歯が揺れてしまっている場合は、固定のために歯をつなげて作る必要があります。この際、歯がつながって見えないようにする必要があります。 また、歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎の再生治療にて歯茎を回復させた上での審美歯科治療をオススメしております。
審美歯科と歯茎 · 17日 1月 2018
歯の小さい方
審美歯科では、歯自体の大きさを変える方法があります。よく前歯2本が大きいのを気にされて小さくすることがありますが、今回ご紹介するケースは差し歯の大きさが小さすぎて見た目に良くない場合の歯の大きさを正常の範囲内に戻して見た目をよくする方法です。 歯並びが悪いのを無理やり歯を並べて差し歯にすると、歯茎の位置が整わないために歯の大きさが不揃いとなります。歯茎の整形法を使用して、歯茎の位置を整えることで、歯の大きさを変えることができます。
審美歯科と歯茎 · 17日 1月 2018
歯茎の再生と審美歯科
歯茎の状態が悪くても、見た目を回復させることができる場合があります。 歯茎が歯を抜いたりして窪んでしまったような場合でも見た目を改善することができる場合があります。
審美歯科と歯茎 · 17日 1月 2018
歯茎の再生と審美歯科
歯茎の形を修正するために歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行うことがあります。
審美歯科と歯茎 · 16日 1月 2018
歯並びが悪い場合や、歯の大きさが左右でちがう場合、歯茎の位置が左右でちがうことがあります。また、全体的に歯茎が歯を覆いすぎている場合や、特に犬歯などで歯が長くなってしまっているケースがあります。
審美歯科と歯茎 · 15日 1月 2018
出っ歯など歯並びが悪い場合は、通常歯茎の位置が左右で異なりますので、審美歯科治療を行う場合仮歯の状態で歯茎の位置を整える必要があります. オールセラミックを入れた後で歯の位置が左右でちがうといっても修正が利かないので要注意です.
審美歯科と歯茎 · 14日 1月 2018
歯茎が下がって目立ってしまった差し歯
差し歯の歯茎が下がってしまう事がよくあります. ほんの1ミリ下がっただけでも不自然な差し歯に見えてしまいます. これは、オールセラミックで治療を行っても年数が立った場合におこってしまう事があります。

さらに表示する