ブログカテゴリ:スペシャルオールセラミック



審美歯科と歯茎 · 30日 6月 2019
審美歯科治療
審美歯科治療を一度受けられた方は、歯茎が下がってしまうことに気を付ける必要があります。歯茎が下がってしまうと、差し歯の境界が露出して見た目がひどいことになってしまいます。 差し歯が浮いた感じに見える上に、歯が長くみえます。また、今後の歯周病や虫歯などの問題が起こる可能性が高くなります。 そして、もう一つの大きな問題は、差し歯をやり直すだけでは、歯の根っこを覆う長さの差し歯が入ってしまい、長くて見た目の悪い状態になります。差し歯をやり直すと同時に歯茎の再生治療を行うことで前歯の見た目が良いものになります。
オールセラミック · 28日 6月 2019
スペシャルオールセラミック
画面左の前歯のオールセラミック治療後の状態。周囲の歯と色や形を整えました。1本の歯だけの色の調整は技工士の方の腕次第のため,この写真のように合わせるにはスペシャルオールセラミックなどの特に優秀な技工士さんに仕事をお願いする必要があります.
17日 12月 2014
オールセラミック
審美歯科の治療例です.お写真のオールセラミックはスペシャルオールセラミックという種類のセラミックで治療を行いました。画面中央の歯を歯の根っこの再治療を行い、その後被せ物を入れました.スペシャルオールセラミックの治療であれば奥歯でもこのお写真のように自然な感じの仕上がりになります。...
08日 10月 2014
前歯2本のジルコニアオールセラミックの色合わせをしました。少し透明感が足りないようですので、もう一度お預かりして修正しました。 オールセラミックのページ...
27日 9月 2014
上の前歯が2本少し大きくて、周りより出ていて角度が出ているという方は審美歯科で治すことができます。歯の大きさを小さくして内側に入れる治療になります。 歯の出具合によっては、歯を内側に入れるために歯の神経を取る必要がある場合もあります。どうしても神経を取りたくない場合は直接覆髄法と言って歯の神経を一部のみ取り除いて残す方法もあります。...
04日 9月 2014
歯の形によって、顔の感じが変わってきます.今回は、男性の方に向いている歯の形のケースのご紹介です. お写真のケースでは、男性の方の前歯の治療例となります.歯の形の特徴としましては、少し四角い感じの形の歯になっております.男性の方の前歯は少し四角い感じの方が男性的に見えるためです. 少し明るめの色合いに仕上げています....
10日 12月 2013
歯の揺れのために4本のオールセラミックをつなげています。 なるべくつながっているように見えないようにしながら、色と形と噛み合わせを技工士さん立ち会いのもと調節しました。 また、本人の希望を直接セラミックを作る技工士さんが聞くことで、お好みの形にお作りできます。 審美的に満足いただけました。...
07日 11月 2012
修正中
左の前歯1本のスペシャルオールセラミックの修正前の写真。 患者様が少し透明感が強く黒っぽいと感じられたので、修正するためにお預かりしました. スペシャルオールセラミックでは、より細かい審美的なご希望にお答えしていきます。