古くなった歯を治したい

古いタイプの差し歯は時間が経つと歯茎の際が黒くなってしまったり、天然の歯に比べて色が不自然な不透明さがあるため違和感を感じられるのではないでしょうか.

審美歯科では新しいタイプの差し歯であるオールセラミックを使用する事によって自然な感じの歯をお作りする事ができます.

治療ケース1

審美歯科 古くなった歯を治したい
治療前

昔治した被せ物が、変色してきたのと、歯ぐきが痩せて歯が短く見えるのを気にされて来院されました。

歯が一本無いので、オールセラミックのブリッジで治療することにしました。歯ぐきの痩せてしまったところは、歯ぐきの移植によって再生することにしました。

審美歯科 古くなった歯を治したい
治療後

全体的にホームホワイトニングをして白くしています。

セラミックも自然な感じに見え、、また移植をしたおかげで左右対称な形の歯ぐきに仕上がっています。

治療ケース2

前歯2本をジルコニアオールセラミックに交換

前歯のメタルボンドセラミックが古くなり、歯茎のところが黒くなりました。

全体的にホワイトニングを行い、歯茎の再生治療後に前歯2本をジルコニアオールセラミックにて治療しました。

歯の根っこの変色が強くて難しいケース

治療前 歯の色と形が気になります
治療前 歯の色と形が気になります

歯が大きく、不透明な感じの差し歯が入っていました。

歯が傾いていて形も気になるようです。

歯茎の移植と、オールセラミックで治療しました。

治療後 色と形は満足です。
治療後 色と形は満足です。

セラミックの色と形には満足頂きましたが、歯茎の色が上の方まで少し黒い感じは少し気になるそうです。

 

歯の根っこの色の変色が強く歯茎の移植のみでは完全に隠すことができませんでした。