歯茎の腫れを治したい方

セラミック治療をしたのに歯茎から出血する場合、磨き方が悪いのでなければセラミックの適合が悪い事が原因となる事よくあります。

残念ながら適合の良くないセラミックは、歯茎が腫れてしまいます。

適合の良くないいセラミック
治療前

前歯にセラミックの歯が4本入っていました。10年ほど前に治療されたようです。

歯茎が腫れて、ブラシでこすると出血します。

セラミックがしっかりと合っていないので、歯とセラミックの間にできた隙間の中に細菌が繁殖してしまった状態です。

これは、歯ブラシをしても治りません。

セラミックを作り直すことになりました。

歯茎の腫れが治りました。
治療後

歯の色を周りと合わせて作り直しました。

歯茎の色がピンク色になり、出血もしなくなりました。

適合のいいセラミックに交換したために歯とセラミックの間の隙間が埋まり、歯周病も治りました。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921