今注目の、長くなってしまった差し歯を治す新しい審美歯科治療とは。

あなたの差し歯は、再治療の度に長くなってしまっていませんか?

 

歯茎が退縮してしまって長い歯になってしまった場合や、差し歯の歯茎が下がって黒くなってしまった時にどのような治療があるかもわからない方も多いようです。

 

これは多くの審美歯科をおこおなっている病院で行っていない治療だからかもしれません。多くの歯科医院では、歯茎が退縮して歯茎が下がって歯が長くなってしまったら、歯茎の位置に合わせて差し歯を作りますので、長い差し歯になってしまいます。また、歯茎が黒いとオールセラミックにすれば治るといった誤った説明をしてしまっていることも多いようです。

 

それは、歯茎を回復させる歯茎の再生治療をご存知ないからかもしれませんし、多くの歯科医院では、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行っていないからかと思います。

 

今注目されている差し歯の長さを短くする歯茎の再生治療は、退縮した歯茎を回復さる治療方法です。この方法を審美歯科治療と合わせて行うことで、長くなってしまった歯を元の長さに回復させたり、歯茎の黒い部分を消したりすることが可能になります。


長くなってしまった差し歯の治療法

前にも述べさせていただきましたが、長くなってしまった差し歯を歯茎の再生治療と審美歯科を合わせて行う治療法は、あまり多くの歯科医院では行っていないため、審美歯科の病院に何件断られて、回り回ってご来院される方もいらっしゃいます。

 

当院では、長くなってしまった差し歯の審美歯科治療で患者様に評価をしていただいております。


長い差し歯の再治療をする際に歯茎の再生治療とオールセラミックで治療したケース

下がった歯茎に合わせて差し歯を入れてしまって、長い差し歯が入っています。

 

前歯は最近直したので、諦めるけど、黄色くてやり直したい差し歯を歯茎の再生治療で本当に元の大きさに戻るのか試しに治してみたいという患者様です。歯茎の再生治療とオ−ルセラミックで治療を行いました。

犬歯の隣の差し歯の長さが元の歯の長さに戻って短くなったのがわかりますか?

 

歯茎の再生治療では見た目も自然な感じの歯茎ができて審美的な見た目となります。

 

前歯の治療前に、この治療法を知っていればよかったと残念がっていらっしゃいました。



前歯をオールセラミック で直したのに長さが長く不揃いなのが不満という方のための審美歯科治療ケース

治療前

 

オールセラミック で治療をされたということでしたが、歯の長さが長く見た目が悪いことを気にされて当院にご来院されました。

治療前

治療後

 

オールセラミック 6本と歯茎の再生治療6本を行うことで歯の大きさを左右対称に近づけています。

治療後


差し歯の歯茎が退縮して黒くなったところをレジンで埋めたケース

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療前

歯茎が退縮した差し歯のところに詰め物をして目立たなくしています。

しかし、色がちがってしまっていたりして見た目が良くありません。


差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療後

歯茎の退縮してしまっている部分を歯茎の再生治療で回復するのと合わせてオールセラミックで治療をしています。



差し歯の歯茎が退縮して歯の根っこが露出してしまったケース

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療前

差し歯の歯茎が退縮してしまうと歯の根っこが露出してしまいます。


差し歯の境界がはっきりして見た目が悪くなってしまってします。

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療後

差し歯の歯茎が退縮していた部分を歯茎の再生治療で元の位置に戻し、オールセラミックを交換してきれいな見た目にしました。



歯茎の退縮したままオールセラミックを作成してしまい、歯が長くなってしまったケース

歯茎の退縮と長い差し歯
歯茎の退縮と長い差し歯 治療前

前歯の長さが左右で異なります。


これは歯茎が退縮したままの状態でオールセラミックを入れてしまったためです。

歯茎の退縮 治療後
歯茎の退縮と長い差し歯 治療後

オールセラミックを仮歯に変えて退縮した歯茎の部分に歯茎の再生治療を行った後の状態。


長い差し歯が元の長さに改善して、左右で同じ長さに近くなっています。



長いオールセラミックのやり直しと歯茎の再生治療を行ったケース

前歯の長さが長いとせっかくのオールセラミック治療も台無しです。

 

出っ歯を治すために、美容歯科にてオールセラミックを入れたケース。歯並びは良くなったけど、葉の長さが気になるということで再治療しました。

前歯3本の歯茎の再生治療と、オールセラミックの交換が必要でした。

 

歯の大きさが整いました。

 

このケースのように、オールセラミックの長さを変えたい場合は、長いオールセラミックを外して仮歯にしてから歯茎の再生治療を行うことになります。


歯茎の再生治療にご興味を持たれた方は、下記のページも合わせてご覧ください。

 

歯茎の再生と整形のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。


ただいま、差し歯の長さが長いとか、歯茎の黒ずみを気にされて治療を希望される方に、無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分です。 (東京駅のとなりの駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839



長い差し歯を綺麗な見た目にする審美歯科治療

都内の審美歯科治療を行っている病院から転院されてきたケースです。

前歯に差し歯の仮歯が入っていますが、歯の長さが長く見た目がきになるので長さを合わせてほしいと、前に通っていた審美歯科治療の先生に相談されたところ、そういった治療はできないと断られたということで転院されていらっしゃいました。

当院にて歯茎の再生及び審美歯科治療を行いました。

歯の長さが左右で揃ったため、非常に満足していただけました。

 

審美歯科治療を行う際には歯の長さを左右で揃えることが見た目を改善するために重要になります。

 

せっかく審美歯科治療を行うのであれば、歯茎の形を揃えることをお勧めしております。


歯茎の退縮と新しい審美歯科に関するブログ

歯茎が下がった場合、審美歯科治療だけでは長い歯になってしまいます。

あなたは前歯を直される場合歯茎の位置と歯の長さの関係を気にされますか?

 

審美歯科治療を一度受けられた方は、歯茎が下がってしまうことに気を付ける必要があります。歯茎が下がってしまうと、差し歯の境界が露出して見た目がひどいことになってしまいます。

 

差し歯が浮いた感じに見える上に、歯が長くみえます。また、今後の歯周病や虫歯などの問題が起こる可能性が高くなります。

 

そして、もう一つの大きな問題は、差し歯をやり直すだけでは、歯の根っこを覆う長さの差し歯が入ってしまい、長くて見た目の悪い状態になります。差し歯をやり直すと同時に歯茎の再生治療を行うことで前歯の見た目が良いものになります。

歯茎の下がった差し歯をやり直したケース

審美歯科治療
審美歯科治療前

治療前の歯茎が下がってしまった状態。従来の差し歯が入っており、人工的な感じがします。また、4本つながった感じに見えるため審美的ではありません。

 

この状態のまま差し歯を好感してしまっては左右で長さの異なる差し歯が入ることになってしまい、審美的に満足できないでしょう。

 

そのため、差し歯を外して仮歯に交換した状態で、歯茎の再生治療を行います。まずはセラミック治療を行う前に歯茎を元の状態に戻すことで、審美歯科治療がうまくいきます。

審美歯科
審美歯科

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎の位置が回復したため、歯の長さを左右で対称に揃えることが可能になりました。歯茎の再生治療後にスペシャルオールセラミックにて治療を行っています。

 

審美歯科治療を歯茎の再生治療と併用して行うことで、最初の状態では考えられない自然な感じの歯が入りました.歯茎が下がっていたようには思えない程自然な歯茎が再生しました.

 

歯茎の審美歯科治療のページ


続きを読む

新しい審美歯科では歯茎の黒ずみも治します.

あなたは歯茎の黒ずみでお悩みではありませんか?

 

多くの歯科医院で治せない歯茎の黒ずみの原因に、差し歯を削ったときの金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合です.レーザーなどで取る事ができないため、経過を見るしかないと言われて気になるけど諦めている方も多い様です。

 

笑った時に前歯の歯茎が黒いと病気のように見えてしまいますので、歯茎をきれいにする事できれいな歯と歯並びに見えます.新しい審美歯科治療では歯茎の黒ずみもきれいに治す事ができます.

 

なぜ金属の粉が歯茎に入り込んでしまったのか?原因を簡単にご説明いたします.

 

例えば、金属を使用した差し歯を入れる際に歯茎が腫れていたりすると削った金属の粉が歯茎の中に入り込んで歯茎が黒くなってしまいます.いったん歯茎の中に金属が入り込むと自然に歯茎の外に出る事はほとんどなく、歯茎が黒くなって来てしまいます.

 

金属の粉は歯茎の中で分解されないので、何十年もそのままになります。そのため、歯茎の中から黒ずみが見えます。

 

審美的な歯茎にするためには、歯茎の中から金属を取り除かなくてはいけません。レーザーは使用してはいけません。

 

歯茎の一部を切り取りますので、歯茎が薄く歯茎が下がってしまった場合は歯茎の移植を行う事になります.歯茎の再生治療という事になります.

 

歯茎の黒ずみの治療

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の黒ずみの治療の注意~

 

歯茎の再生治療で、歯茎の黒くなってしまっている歯茎をきれいな歯茎と入れ替えます。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。合わせて、審美歯科治療でオールセラミック 治療を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療は新しい審美歯科治療が必要です。

あなたの歯茎の見た目は大丈夫でしょうか?

 

差し歯やブリッジを入れる際に歯茎の位置が悪いと歯の長さが通常よりちがって見えることがあります。

 

前歯の歯茎が大きく下がってしまった場合には、通常の審美歯科治療では綺麗な歯を入れることができません。

 

歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行う新しい審美歯科治療法が必要になります。

歯茎が下がってしまった場合はご相談ください。

歯茎の再生
歯茎の再生前の歯茎が下がった状態

審美歯科治療を初めてされる方、再治療で審美歯科をされる方も歯茎の位置によって歯の大きさが変わるという事に注意が必要です.

 

例えば、歯科医院で審美歯科のお見積もりを出してもらった時に、歯茎の再生や整形のお話が無い場合は、歯の長さが不揃いなオールセラミックの治療をされてしまうかもしれません。

 

歯茎の整形や再生を審美歯科治療と平行して行うと、歯の大きさを左右できれいに対称にそろえる事ができるようになります.

 

そのため、歯茎が整っていない方は、よりきれいな歯並びにしたい場合は歯茎の整形や再生をされる事をお勧めします.

 

歯茎の再生のページ

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

続きを読む

新しい審美歯科治療法では歯の長さを短くするために、歯茎の再生治療をオールセラミックと合わせて行います。

あなたの差し歯は、10年もして歯茎が下がって黒く見えるようになった上、歯が長くなってしまっていませんか?


新しい審美歯科では歯茎を回復させた上で見た目を改善します。

下がってしまった差し歯の歯茎を回復させる歯茎の再生治療

歯ぐきの再生,審美歯科
歯ぐきの再生治療を行わずに差し歯を入れた状態。

下がった歯茎の位置に合わせて作成した差し歯は長く見えて審美的ではありません.こういったケースでは歯ぐきの再生治療ができないと思われておりますが,歯茎を回復させる事は可能です.

歯茎を回復ささせた後に審美歯科治療を行う事で歯の長さを通常の長さにする事ができます.

古い差し歯をオールセラミック と歯茎の再生で治療した審美歯科ケース
犬歯より後ろの歯の歯茎を再生させて回復した状態。

下がってしまった歯茎を回復させる事で差し歯を平均的な長さにする事ができます.歯ぐきの再生治療のオペも傷跡も残らずきれいに仕上げる事ができました.

 

この方法の欠点は差し歯を交換しなくてはいけない事です.差し歯をはずさなかった犬歯は歯ぐきの再生が行えませんでしたので元の長さです。歯ぐきの再生を行っていない犬歯との歯の長さが目立ってしまっています。

 

歯茎の審美歯科のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839


続きを読む

歯茎の黒ずみが歯茎が薄い場合や歯茎が下がってしまったという場合の治療法

歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみの問題も解消されました。

歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。

 

お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。

 

このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。

 

歯茎の黒ずみの治療結果に関しましては、下記のリンクしてある歯茎の黒ずみの治療のページをご覧ください。

歯茎の黒く見えてしまう原因の一つに歯の根っこの色の変色が歯茎を通して透けて見えてしまうという原因があります.前歯でよく起こる現象です。

 

歯茎の薄い方は特に歯茎の下の色が透けますので黒く見えます。歯茎の厚みに応じて歯茎の色の黒さが変わります。

 

このケースの治療方法としては、神経を抜いた歯の根っこが変色してしまうと漂白が難しいため,歯茎を厚くして変色を取ります。歯茎の移植を目立たないようにきれいに行い、歯茎の厚みを増すことで歯茎を通して歯の根っこの変色が見えることを防ぎます。


歯茎の黒ずみのページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

続きを読む

歯茎が下がった差し歯の審美歯科治療

綺麗に仕上がった差し歯でも、年数が経つと問題が起こり始めます。

 

特に、歯茎が下がってしまう問題は多くのかたに起こります。歯茎が下がって、歯の根っこが露出して歯茎が黒く見える問題が起こります。10年で70%の差し歯の歯茎が下がってしまうという報告もあります。

 

歯茎が下がってしまうと、せっかく治療した審美歯科のオールセラミックなども見た目を改善するためにやり直しになってしまいます。かけた費用が無駄になってしまいます。

 

そのため、歯茎が下がってしまった時、また歯茎が下がらないように予防するために、歯茎の審美歯科の重要性が高まっています。

 

歯茎の審美歯科は新しい審美歯科治療法です。歯茎の厚みや位置を歯茎の再生・整形にて整えた上で仮歯で整えた歯茎の位置にオールセラミックを入れる治療になります。

 

今から審美歯科治療を行うかたは、将来的に歯茎が下がりにくく、また、歯の形を左右で揃えるために歯茎の審美歯科治療をされることをお勧めしております。

審美歯科
審美歯科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

差し歯の歯茎が下がってしまっては審美歯科治療が失敗に終わってしまいます.

 

審美歯科治療をするなら下がった歯ぐきを回復させる歯ぐきの再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.

 

歯茎が下がってしまうといった事は差し歯をした場合よくあります。この写真ケースのように、歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまっていても歯茎を再生させて下がった歯茎を回復させて審美的な状況に戻す事が可能です。

 

歯茎の再生には歯茎の移植を行うか人工の皮膚を歯茎に加えて、厚みを出すと同時に、下がった歯茎を覆いもとの状態に回復させます。見た目が審美的になるのは歯茎の位置が左右で対象になるからです。

 

歯ぐきの再生治療のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

続きを読む

審美歯科治療と麻酔について

歯科の麻酔は非常に細い痛みを感じにくい針を使用します.


審美歯科治療を行う時、麻酔をすることがよくあります。


患者さまにとって麻酔は歯科治療の中で嫌なことの1つであることが多いのですが、やはり痛みを気にされる方が多いです。

 

昔の麻酔とちがい、麻酔前には表面に塗る麻酔で針を刺す前に皮膚をしびれさせます。

そのうえで、33Gと言われている細い針で麻酔を入れていきます。

針治療などで細い針をいっぱいさしている画像を見たことがある方もいらっしゃると思いますが、細い針であればさす痛みをほとんど感じません。

 

もしも感覚がある場合は手を上げるなり、していただければそれ以上痛みのあることを津ズけることはございませんので安心して治療を受けていただければよいと思います。


審美歯科治療を希望される方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

審美歯科のページ

 

また、審美歯科治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたしております.無料カウンセリングは御予約制となります.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上 

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

 


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。お写真のケースでは、1本9万円(税別)のスタンダードタイプのオールセラミック で12本治療しています。108万円(税別)かかりました。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

歯茎の形で審美歯科のできが変わります。

あなたの歯は長くなってしまっていませんか?


審美歯科治療の前に歯茎を再生させることで審美歯科治療がよりうまくいく場合があります。


歯茎の再生で見た目をよくしたケース

歯茎の形と審美歯科
歯茎の形と審美歯科

歯茎の形の多くは歯茎の形によって決められてしまっています.例えばお写真の方は、犬歯とその右側の歯の長さが長いのといびつな形を気にされて来院されました.こういったケースを審美歯科治療のみでやろうとするとラミネートベニアなどで歯の形を替える治療を行う事になります.

 

しかし、天然の歯をそのままで手を加えずに歯茎の形を変える事で歯の形を変える事が可能な場合があります.下の写真が歯茎の形を変えた後の状態です.

歯茎の形と審美歯科
歯茎の形と審美歯科

歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎を元の位置まで回復しただけで、歯の形が審美的なものになりました.このケースのように歯茎の位置が下がってしまったために歯の形が悪くなってしまい,審美歯科治療を行うケースがよくありますが,歯ぐきの再生治療を行うだけで審美的にも満足できる場合がある事を知っておくと有効です.

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎の再生と審美歯科のページ

 

ただいま、歯茎の再生治療をご希望の方に対して、無料カウンセリングを行っております.ご希望の方はご連絡ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921

続きを読む

審美歯科Blog 歯茎が黒い方のための治療法

歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみ

審美歯科の治療にいらっしゃる方の一つの理由に、昔の差し歯の境界のところが黒くなってしまったのを治したいという理由があります。

 

原因は歯茎がやせてしまったことにより、従来の差し歯の境界の部分が出てしまったためです。差し歯の境界は黒いのですが、歯茎の中に隠れるように歯を削っています。歯茎がやせることによって、境界の黒い部分が見えてしまいます。

 

審美歯科では、オールセラミックという境界が黒く見えにくいものを使用しているため、歯茎がさがっても目立ちにくくなっています。

 

従来の差し歯を治療されるのであれば、再治療は、オールセラミックで治されることをお勧めいたします。従来の差し歯では、しばらくするとまた歯茎が黒くなってしまうかもしれません。

 

 

 

歯茎の黒ずみの治療例

歯ぐきが黒い
従来の差し歯

歯茎の境界の黒ずみ

歯ぐきが黒い
オールセラミック

審美歯科治療を行いました。

 



続きを読む

セラミックを長持ちさせる方法 審美歯科ブログ

あなたのセラミックは大丈夫ですか?


セラミックを長持ちさせるには定期的なメンテナンスをお勧めしております。


審美歯科のセラミック治療をされた方は、定期的な確認をされるとセラミックがきれいな状態を保てます。

 

お口の中は、いろいろな着色成分があります。セラミックは天然の歯より汚れがつきにくいのですが、長期的に着いたままにしてしまうと変色の原因になります。

 

セラミックのメンテナンスは審美歯科で定期的にクリーニングされることをお勧めいたします。

 

一般の歯科では、審美歯科とはちがい、セラミックの研磨になれていないところが多いと思います。ステンレスの超音波チップや、荒い目のペーストで研磨してしまうと、セラミックの光沢がなくなり、傷がついてしまうこともあります。

 

 

また、セラミックの歯は天然の歯より汚れが付きにくいので頑張って磨かなくても大丈夫です。それよりも磨く力が強すぎたりして歯茎がさがってしまう方が心配です。

 

セラミックの歯を歯磨きする時はやわらかい毛の歯ブラシを使用してください。また、鉛筆を持つ感じでもっていただきそっと磨くことが大切です。


審美歯科治療のメンテナンスを丁寧に行う方法は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

審美歯科のメンテナンスのページ


また、審美歯科治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03-3251-3921

 


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

差し歯の歯茎が下がって気になりませんか? 審美歯科Blog

せっかく治療した差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療法


差し歯を入れた後に歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまう事があります.特に前歯の場合少し歯茎が下がって黒い部分が見えるだけでも気になる方も多いようです.

 

差し歯は気に入っているので外したくないけど、差し歯を入れた歯科医院では経過を見るしか方法がないという場合が多いようです.

 

差し歯を外さずに歯茎だけ回復させる方法があります.多くの歯科医院では行っていませんが,歯茎を回復させて歯茎の黒ずみを覆う歯茎の再生治療という方法があります.

 

前歯の歯茎の再生治療の場合,見た目にきれいな再生治療を行わなくてはいけないため修正が必要ですが、回復する事はそれほど大変ではありません.

差し歯の歯茎が下がってしまい、歯茎の再生治療を行ったケース

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

前歯2本の歯茎が少し下がったのを気にされてご来院いただきました.差し歯自体は大変気に入られているので、差し歯の交換はしたくないという事で歯茎の再生治療を行う事にしました.

 

よくこういったケースは経過を見ましょうと言われているうちにだんだんと歯茎の下がりが大きくなってしまう事が多いので下がった歯茎の部分に虫歯ができる前に歯茎を回復させる事をお勧めしております.

歯茎再生
歯茎再生

歯茎の再生治療後の状態ですが,少し多めに歯茎を作っています。この状態で歯茎が引き締まるのを待ってから審美的な歯茎の形に修正します.


歯ぐきの再生治療に関しましては詳しい症例のページを別に用意させて頂いております.下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生治療のページ

 また、歯ぐきの再生治療は保険外診療となりますので、料金のお見積もりが必要だと思います.無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明とお見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む

審美歯科Blog 歯茎が下がってしまった方は歯茎の再生で審美歯科

歯茎が下がってしまったことが原因で、歯茎のラインが上下に凸凹の審美歯科治療を行ってしまっている失敗をよく見ます。

 

歯茎の上下のラインを整えてから審美歯科治療をする方法に歯茎の再生治療があります。審美歯科治療をきれいに仕上げるために重要な処置になります。

歯茎が下がってしまった場合
歯茎が下がってしまった場合

審美歯科では歯茎が下がってしまった方も来院されます。この方は、前歯にセラミック治療をされていますが、歯茎が下がってしまったため、歯茎を含めて治療を希望されました.歯茎の再生治療をせずに治すと歯が長くなってしまいます.審美歯科では、歯茎の長さを元に戻してからオールセラミックを入れます.

歯茎の再生後の審美歯科
歯茎の再生後の審美歯科

歯茎の再生後に仮歯を4本入れた状態です.

歯茎のラインが上下的に整いきれいな状態になりました.

このケースのように歯茎の再生治療が、審美歯科の結果を良くします。歯茎の位置が上下に凸凹の方は、歯茎を整えるようにしてください。



歯茎の状態を改善する歯茎の審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯茎の審美歯科のページ


続きを読む

前歯の歯並びと審美歯科

斜めになっている歯をまっすぐに見せたくて、審美歯科治療を希望される方の注意があります。

 

それは、前歯の歯並びをそろえるためには単に歯並びを並べても歯の長さが変わってしまってきれいに見えない場合があります。

 

歯の長さをそろえたいのであれば、審美歯科で歯並びを治す場合はまず歯茎の再生・整形を考える必要がある場合があります。

 

歯茎の再生をせずに歯並びを仮歯にした場合の説明

 

斜めの歯をまっすぐにした場合、長さが合わないってどういうこと?

 

斜めの歯がまっすぐになるなら、すぐ治したいとお考えの方も、ちょっとまってしっかりと考えてください。

 

歯の長さに関してイメージしにくいと思いますが、よく相談される歯の長さの問題ですので、下のお写真をご覧ください。

 

左側のお写真の前歯の歯茎の位置に注目してください。斜めになっている歯の歯茎の位置が、上にあるのがわかりますか?

 

歯の先端を水平にし、歯の傾きをまっすぐにすると、右の仮歯のお写真のように前歯の大きさが合わなくなります。これは、歯茎の位置が左右でちがうから起こってしまいます。

 

歯並びを審美歯科で治療
治療前

前歯が一本だけ前に出てしまっています.

また、真ん中の位置が斜めにずれてしまっています.

歯並びを審美歯科で治療
仮歯1

少し真ん中が左よりな感じなので、次回歯茎の整形と同時に修正します。

今日はとりあえず大丈夫ということでした。

 

 



続きを読む

前歯の歯茎が退縮して長くなったのが気になりませんか?

あなたの前歯の長さは気に入っていますか?

 

歯茎が退縮して歯の長さが長くなってしまった場合の審美歯科治療をご紹介します。

 

例えばこんなお悩みの相談を受けることがあります。

  • 最近特に前歯の歯茎の退縮が進んで歯が長くなった
  • 差し歯の歯茎が退縮してきて歯のつけねが黒く見えるようになってきた
  • 矯正治療後に歯茎がだんだん退縮して歯の長さが長くなってしまった

 

前歯の歯茎が、年齢とともに退縮してきますが、歯茎の下がるスピードには個人差がありますし、歯茎にかかる強い歯ブラシや炎症・矯正・歯ぎしりなどのストレスによっても歯茎が退縮してきます。

 

歯周病の炎症が進行していないのであれば歯茎の再生治療で回復させることができる場合がほとんどです。

 

 


歯の変色や、歯茎の退縮を気にされた方の審美歯科治療例

歯茎の退縮と歯の変色したケース
歯茎の退縮と歯の変色したケース

治療前の状態

 

年々前歯の歯茎が退縮してきたということで、前歯の長さを気にされてご来院されました。

 

歯の神経が死んでしまっていることもあり、歯茎の再生治療とオールセラミック 法にて前歯の見た目を改善しました。

歯茎の退縮と歯の変色したケース
歯茎の退縮と歯の変色したケース

治療後の状態

 

歯茎の位置が回復し、歯の大きさを小さくすることができました。また、オールセラミック で自然な感じの色に見た目が改善しました。

 

当院では、エコノミータイプと言っている比較的リーズナブルな料金のオールセラミック で治療しております。料金は1本6万円(税別)かかりました。

続きを読む

差し歯の長さは歯茎の位置で決まります.

差し歯の長さが長いと感じている方は,歯茎の位置を確認してください.

 

歯茎が下がっている為に差し歯の長さが長い場合があります.このような場合は、歯茎を回復させてから差し歯を入れる事をお勧めしております.

差し歯が長い場合の治療について

歯茎の位置と審美歯科
歯茎の位置と審美歯科

歯茎が下がったままの状態で審美歯科治療を行ってしまうケースをよく見かけます.歯が長くなった差し歯が入ってしまっていますので、気になさる方も多いようです.

 

このお写真のように歯茎が下がってしまったまま差し歯を入れてしまう審美歯科の失敗がよくあります.平均的な長さの歯に戻さずに長い歯を入れてしまう事で審美的な見た目にならないためです.

 

歯茎が下がってしまった場合は、いきなり差し歯を交換するのではなく、まずは仮歯に変えて歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎の位置をもとの状態に回復させる事が多くの場合で可能です.

 

 

歯茎の位置が変わると歯の長さも変わります。

まずは歯茎から審美歯科を始めましょう
まずは歯茎から審美歯科を始めましょう

治療する予定の歯を仮歯に交換した後歯茎の再生治療で歯茎の位置を改善します.今回は犬歯の隣の3本の歯に歯ぐきの再生治療を行っています.歯ぐきの再生を行う事で本来の長さの歯に戻す事ができます.仮歯の入っている歯の長さが短くなっているのに御注目ください.

 

当院で行っている歯ぐきの再生治療はきれいな見た目となる手術方法を使用しておりますので、歯茎を切ったり縫ったりした後はほとんどわからないのではないでしょうか。

 

この後2〜3ヶ月待って審美歯科治療を開始します.

 

歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の審美歯科のページ

続きを読む

もうご存知ですね。前歯の審美歯科治療には歯茎の位置を整える歯茎の再生・整形が必要です。

前歯の差し歯の長さが左右でちがう上、歯茎が下がって黒く見えている場合の治療

歯茎の位置を左右で揃える
歯茎の位置を左右で揃える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の長さが左右でちがうと見た目が審美的でないです。という話をこのページでは何度もしていますので、今更繰り返す必要がないのかと思っていました。

 

残念ながら、先日の無料カウンセリングにお越しになられた患者様にこのことをお伝えしようとしましたが、なかなか理解をしていただけませんでした。

 

歯茎の位置を左右で揃えるという内容をご存知の方は少ない上、何のことかわからない。という方も多いので、再度説明させていただきます。

 

上のお写真では、画面左側の前歯の長さが右側の前歯に比べて長くなっています。その上、左側の差し歯の歯茎が下がってしまって黒くなってしまっています。通常、審美歯科治療を行う際には現状の歯茎の位置で差し歯の作り直しをしますので、左側の差し歯の長さがさらに長くなってしまいます。実際、長い差し歯が入ってしまっている審美歯科の失敗ケースをよくお見かけします。

歯茎の位置を左右で揃える
歯茎の位置を左右で揃える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、百聞は一見に如かずという諺もありますので、上の写真と下の写真を見比べてみてください。

 

前歯の長さが下の歯では揃ったのがわかるでしょうか?画面左側3本の歯に歯茎の再生治療を行って、歯茎の位置を元の位置に回復しています。エコノミーオールセラミック(e-max使用)に交換したから歯茎の位置が揃ったのではなく、歯茎の再生治療を審美歯科に合わせて行ったために歯の長さが揃っているということが重要です。

 

繰り返しますが、もしも歯茎の再生治療をしなかった場合、画面左側の前歯がさらに長くなってしまいます。前歯を審美的な見た目にするには歯茎の再生治療が重要です。

 

歯茎の再生・整形に関しましては詳しいページをご覧ください。

 

歯茎の再生・整形のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

続きを読む

歯茎が下がってしまった歯の審美歯科は差し歯ではなく歯茎の再生とホワイトニングで行うと言う選択肢もあります.

隣の歯と長さがそろえいいのにばなぁーと思われている方へ。

 

審美歯科を行う場合に、歯のなさがとなりの歯の長さとそろわないとみためが悪く見えてしまいます。また、長くなってしまっている歯は水などがしみて知覚過敏になってしまう事があります。

 

そんな時に、歯茎の再生治療という方法がよいです。

 

周囲の歯の長さをそろえられる方法です。

 

今回は、歯の長さを歯茎の再生治療でそろえ、また知覚過敏でしみてしまう歯のホワイトニングをしたケースのご紹介です。

 


ホワイトニングの時歯がしみてしまう場合の治療

歯茎が下がってしまったケース
歯茎が下がってしまったケース

 

審美歯科治療を行う場合,オールセラミックと天然の歯の色の差が気になる場合があります.

 

通常、ホワイトニングを行って天然の歯を白くしてから、オールセラミックの色を白くなりすぎないように決めます.

 

お写真のケースは歯茎が下がってしまったために、知覚過敏が予想されるためホワイトニングを歯ぐきの再生後に行います.

 

(このケースでは先にオールセラミックを作成しております.)

歯茎が下がってしまったケース
歯茎が下がってしまったケース

歯ぐきの再生治療を行って歯茎の位置を回復しております.

 

歯の長さがきれいに戻りましたので、前歯4本のみのオールセラミック治療とし,犬歯とその奥はホワイトニングのみの治療としました.歯ぐきの再生治療で下がった歯茎を覆う事で知覚過敏の心配なくホワイトニングを行えます.

 

歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がったときの審美歯科治療のページ

続きを読む

差し歯の長さが長い場合は歯ぐきの再生治療できれいに短くすることができます。

差し歯の長さが長い方の中には、歯の長さを短く改善できると考えられる場合が良く有ります。あなたが、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないとお考えでしたら、差し歯を短く作り直す事ができるのかも知れません。

 

差し歯の長さが長いのはなぜかというと、歯茎の位置が上の歯でいうと上の方にずれてしまているからです。

 

下の治療前のお写真を見ていただければ分かりやすいと思いますが、左右の前歯の長さが違います。長い歯の歯茎の位置が上の方にずれてしまっているのがわかるかと思います。歯茎の位置が上にずれているために、歯の先端の位置を合わせると、歯の長さが長くなってしまってうのです。

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療で歯茎の位置を変えることで、差し歯の長さを短くすることができます。

 

ただ、どこの歯医者でもできるわけではありませんので、歯茎の再生治療と審美歯科治療を合わせて行っている病院を探していただく必要があります。

 

当院では、格安の審美歯科治療と歯茎の再生治療をセットで行っております。また、ただいま差し歯の長さが気になる方に無料カウンセリングも行っておりますので、ぜひご利用ください。

 

格安の審美歯科治療の料金のページ

歯茎の再生治療のページ


前歯の長い差し歯を歯茎の再生治療で短くした治療例 〜ビフォーアフター〜

審美歯科の失敗
治療前の差し歯

上の前歯の差し歯の長さが不揃いです。

 

歯茎の位置を見ていただくと、画面左側の歯茎の位置が上の方にあるのがわかるかと思います。

 

差し歯の長さを変えるためには差し歯の交換と歯茎の位置をかえる歯茎の再生治療などを行う必要があります。

歯ぐきの再生治療後の状態。
歯ぐきの再生治療後の状態。

差し歯を外して、仮歯に変えて歯の長さを短くして、歯茎の位置を歯茎の再生治療で下の方にずらしました。

 

八重歯の長さもほぼ左右で揃いました。

 

この歯茎の状態で最終的なオールセラミックを作成します.

続きを読む

審美歯科ブログ 歯茎が下がった時の審美歯科治療

歯茎が下がってしまった場合はそのまま審美歯科治療を行うのではなく、歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことをお勧めしております。

 

よく見る審美歯科治療の失敗で、下がった歯茎の長さに合わせてオールセラミックを入れるので歯が長くなってしまっているケースがあります。

 

歯の長さは平均的な長さより長くなると見た目が審美的ではなくなります。歯茎の再生治療で歯茎を回復してから審美歯科治療をされることをお勧めします。

歯茎が下がった場合の審美歯科治療例

ちょっとご確認ください。治療前と治療中のお写真です。

 

治療前は歯茎がさがって歯が長くなっています。

見た目を改善する必要があります。

 

そこで、仮歯で最終的な歯の形を確認します。

 

仮歯の位置まで歯茎の位置を移動して最終的はセラミックを作るときの歯茎の位置が大丈夫か確認します。


年齢とともに歯茎が下がってしま
年齢とともに歯茎が下がってしま

年齢とともに歯茎が下がってしまう方がいらっしゃいます。

通常、歯が長くなってもそのままにするしかありません。

当院の審美歯科では、歯茎の再生を行い歯の長さを元に戻すことが可能です。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

歯茎の再生のページ

歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態
歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態

歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態。

歯茎の下がってしまったところを3ミリほど覆いました。


続きを読む

審美歯科は歯茎から

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

 

審美歯科では、左右の歯の長さを整えたり,長い差し歯を正常の長さに戻したり,短い歯を長くしたりする場合,歯茎の調整をいたします。歯ぐきの再生,整形と言った方法を行います.

 

審美歯科治療は単にオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。また、当院では、将来的に歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまった時にも歯茎を回復する対処が可能です.

 

せっかく歯がオールセラミックなどできれいになっても歯茎の形や、色が悪いと歯がきれいに見えません。

 

審美歯科を行う場合は、歯茎の状態を良くしてから行う事をお勧めしております。


歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行ったケース

差し歯の歯茎が下がってしまったケース
差し歯の歯茎が下がってしまったケース

お写真のケースは前歯の歯並びを以前に差し歯で治されたケースです。数年経って、差し歯の歯茎が下がってしまい、差し歯の境界が露出してしまっています。


差し歯のつぎはぎが見えてしまってきれいに見えません。また、歯茎が下がってはが悪くなってしまうのが心配になってしまいます.

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療を行ってから審美歯科でオールセラミックを改めてお作りするととてもきれいな見た目になります。また、歯茎が回復しますので、歯にも良いです.

続きを読む