今注目の、長くなってしまった差し歯を治す新しい審美歯科治療とは。

あなたの差し歯は、再治療の度に長くなってしまっていませんか?

 

歯茎が退縮してしまって長い歯になってしまった場合や、差し歯の歯茎が下がって黒くなってしまった時にどのような治療があるかもわからない方も多いようです。

 

これは多くの審美歯科をおこおなっている病院で行っていない治療だからかもしれません。多くの歯科医院では、歯茎が退縮して歯茎が下がって歯が長くなってしまったら、歯茎の位置に合わせて差し歯を作りますので、長い差し歯になってしまいます。また、歯茎が黒いとオールセラミックにすれば治るといった誤った説明をしてしまっていることも多いようです。

 

それは、歯茎を回復させる歯茎の再生治療をご存知ないからかもしれませんし、多くの歯科医院では、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行っていないからかと思います。

 

今注目されている差し歯の長さを短くする歯茎の再生治療は、退縮した歯茎を回復さる治療方法です。この方法を審美歯科治療と合わせて行うことで、長くなってしまった歯を元の長さに回復させたり、歯茎の黒い部分を消したりすることが可能になります。


長くなってしまった差し歯の治療法

前にも述べさせていただきましたが、長くなってしまった差し歯を歯茎の再生治療と審美歯科を合わせて行う治療法は、あまり多くの歯科医院では行っていないため、審美歯科の病院に何件断られて、回り回ってご来院される方もいらっしゃいます。

 

当院では、長くなってしまった差し歯の審美歯科治療で患者様に評価をしていただいております。


長い差し歯の再治療をする際に歯茎の再生治療とオールセラミックで治療したケース

下がった歯茎に合わせて差し歯を入れてしまって、長い差し歯が入っています。

 

前歯は最近直したので、諦めるけど、黄色くてやり直したい差し歯を歯茎の再生治療で本当に元の大きさに戻るのか試しに治してみたいという患者様です。歯茎の再生治療とオ−ルセラミックで治療を行いました。

犬歯の隣の差し歯の長さが元の歯の長さに戻って短くなったのがわかりますか?

 

歯茎の再生治療では見た目も自然な感じの歯茎ができて審美的な見た目となります。

 

前歯の治療前に、この治療法を知っていればよかったと残念がっていらっしゃいました。



前歯をオールセラミック で直したのに長さが長く不揃いなのが不満という方のための審美歯科治療ケース

治療前

 

オールセラミック で治療をされたということでしたが、歯の長さが長く見た目が悪いことを気にされて当院にご来院されました。

治療前

治療後

 

オールセラミック 6本と歯茎の再生治療6本を行うことで歯の大きさを左右対称に近づけています。

治療後


差し歯の歯茎が退縮して黒くなったところをレジンで埋めたケース

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療前

歯茎が退縮した差し歯のところに詰め物をして目立たなくしています。

しかし、色がちがってしまっていたりして見た目が良くありません。


差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療後

歯茎の退縮してしまっている部分を歯茎の再生治療で回復するのと合わせてオールセラミックで治療をしています。



差し歯の歯茎が退縮して歯の根っこが露出してしまったケース

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療前

差し歯の歯茎が退縮してしまうと歯の根っこが露出してしまいます。


差し歯の境界がはっきりして見た目が悪くなってしまってします。

差し歯の歯茎の退縮
差し歯の歯茎の退縮 治療後

差し歯の歯茎が退縮していた部分を歯茎の再生治療で元の位置に戻し、オールセラミックを交換してきれいな見た目にしました。



歯茎の退縮したままオールセラミックを作成してしまい、歯が長くなってしまったケース

歯茎の退縮と長い差し歯
歯茎の退縮と長い差し歯 治療前

前歯の長さが左右で異なります。


これは歯茎が退縮したままの状態でオールセラミックを入れてしまったためです。

歯茎の退縮 治療後
歯茎の退縮と長い差し歯 治療後

オールセラミックを仮歯に変えて退縮した歯茎の部分に歯茎の再生治療を行った後の状態。


長い差し歯が元の長さに改善して、左右で同じ長さに近くなっています。



長いオールセラミックのやり直しと歯茎の再生治療を行ったケース

前歯の長さが長いとせっかくのオールセラミック治療も台無しです。

 

出っ歯を治すために、美容歯科にてオールセラミックを入れたケース。歯並びは良くなったけど、葉の長さが気になるということで再治療しました。

前歯3本の歯茎の再生治療と、オールセラミックの交換が必要でした。

 

歯の大きさが整いました。

 

このケースのように、オールセラミックの長さを変えたい場合は、長いオールセラミックを外して仮歯にしてから歯茎の再生治療を行うことになります。


歯茎の再生治療にご興味を持たれた方は、下記のページも合わせてご覧ください。

 

歯茎の再生と整形のページ



~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

ただいま、差し歯の長さが長いとか、歯茎の黒ずみを気にされて治療を希望される方に、無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分です。 (東京駅のとなりの駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839



長い差し歯を綺麗な見た目にする審美歯科治療

都内の審美歯科治療を行っている病院から転院されてきたケースです。

前歯に差し歯の仮歯が入っていますが、歯の長さが長く見た目がきになるので長さを合わせてほしいと、前に通っていた審美歯科治療の先生に相談されたところ、そういった治療はできないと断られたということで転院されていらっしゃいました。

当院にて歯茎の再生及び審美歯科治療を行いました。

歯の長さが左右で揃ったため、非常に満足していただけました。

 

審美歯科治療を行う際には歯の長さを左右で揃えることが見た目を改善するために重要になります。

 

せっかく審美歯科治療を行うのであれば、歯茎の形を揃えることをお勧めしております。


歯茎の退縮と新しい審美歯科に関するブログ

歯茎が下がってしまった時の審美歯科

歯茎が下がってしまった時に審美歯科治療を行うことも多いのですが、歯茎の下がり具合によって、治療の方法もかわります。

 

歯茎の下がり具合によって見た目が変わるってどういうことですか?

 

下のお写真のような歯茎の状態だと、ご説明するより分かりやすいかと思います。

 

お写真のように前歯の歯茎が下がってしまうと歯が長く見えて見た目が悪くなってしまいます。見た目をよくするためには歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行います。

 

歯茎の長さを戻すことで見た目が良くなります。特に前歯の歯茎が下がってしまった場合は歯茎の位置が回復することで見た目が良くなります。

 

歯周病が進行してしまっている場合は少し処置が複雑になってしまう事もありますが、何もしないより見た目が良くなります。

歯茎の再生治療

歯茎と審美歯科
歯茎と審美歯科

歯茎の位置が上に上がり、歯が長く見えてしまいます。これでは審美的ではありません。

上下の歯茎の再生治療と、歯の形の修正をしました。

 

歯茎の整形のページ

 

 

歯茎と審美歯科
歯茎と審美歯科

歯茎の再生後に、上の歯は、歯の形を削って修正し、部分矯正を3か月行いました。下の歯には仮歯を入れて歯並びを変えています。

 

結果として歯の形が若返りました

 

後は、歯茎の付け根の詰め物の変色を詰め治して、仮歯をオールセラミックに交換して終わります。



前歯の審美歯科治療を行う場合,歯並び、歯茎の位置も合わせて治療する事で、審美的な見た目になります。

例えば、歯茎の再生を行わずに審美歯科治療を行うと長い歯ができてしまいます。審美歯科治療を行う前に歯茎の位置を整える事で、歯の大きさを理想的な状態にする事ができます。

続きを読む

審美歯科は歯茎の治療から

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

 

審美歯科では、左右の歯の長さを整えたり,長い差し歯を正常の長さに戻したり,短い歯を長くしたりする場合,歯茎の調整をいたします。歯ぐきの再生,整形と言った方法を行います.

 

審美歯科治療は単にオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。また、当院では、将来的に歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまった時にも歯茎を回復する対処が可能です.

 

せっかく歯がオールセラミックなどできれいになっても歯茎の形や、色が悪いと歯がきれいに見えません。

 

審美歯科を行う場合は、歯茎の状態を良くしてから行う事をお勧めしております。


歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行ったケース

差し歯の歯茎が下がってしまったケース
差し歯の歯茎が下がってしまったケース

お写真のケースは前歯の歯並びを以前に差し歯で治されたケースです。数年経って、差し歯の歯茎が下がってしまい、差し歯の境界が露出してしまっています。


差し歯のつぎはぎが見えてしまってきれいに見えません。また、歯茎が下がってはが悪くなってしまうのが心配になってしまいます.

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療を行ってから審美歯科でオールセラミックを改めてお作りするととてもきれいな見た目になります。また、歯茎が回復しますので、歯にも良いです.

続きを読む

差し歯の長さが長い場合は歯ぐきの再生治療できれいに短くすることができます。

差し歯の長さが長い方の中には、歯の長さを短く改善できると考えられる場合が良く有ります。あなたが、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないとお考えでしたら、差し歯を短く作り直す事ができるのかも知れません。

 

差し歯の長さが長いのはなぜかというと、歯茎の位置が上の歯でいうと上の方にずれてしまているからです。

 

下の治療前のお写真を見ていただければ分かりやすいと思いますが、左右の前歯の長さが違います。長い歯の歯茎の位置が上の方にずれてしまっているのがわかるかと思います。歯茎の位置が上にずれているために、歯の先端の位置を合わせると、歯の長さが長くなってしまってうのです。

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療で歯茎の位置を変えることで、差し歯の長さを短くすることができます。

 

ただ、どこの歯医者でもできるわけではありませんので、歯茎の再生治療と審美歯科治療を合わせて行っている病院を探していただく必要があります。

 

当院では、格安の審美歯科治療と歯茎の再生治療をセットで行っております。また、ただいま差し歯の長さが気になる方に無料カウンセリングも行っておりますので、ぜひご利用ください。

 

格安の審美歯科治療の料金のページ

歯茎の再生治療のページ


前歯の長い差し歯を歯茎の再生治療で短くした治療例 〜ビフォーアフター〜

審美歯科の失敗
治療前の差し歯

上の前歯の差し歯の長さが不揃いです。

 

歯茎の位置を見ていただくと、画面左側の歯茎の位置が上の方にあるのがわかるかと思います。

 

差し歯の長さを変えるためには差し歯の交換と歯茎の位置をかえる歯茎の再生治療などを行う必要があります。

歯ぐきの再生治療後の状態。
歯ぐきの再生治療後の状態。

差し歯を外して、仮歯に変えて歯の長さを短くして、歯茎の位置を歯茎の再生治療で下の方にずらしました。

 

八重歯の長さもほぼ左右で揃いました。

 

この歯茎の状態で最終的なオールセラミックを作成します.

続きを読む

審美歯科治療後のメンテナンスについて

オールセラミック 治療をされた方は、審美歯科用のクリーニングを行ってください。

 

オールセラミくを荒いペーストで磨くとツヤが消えてしまいます。また、ツヤが消えてしまうと汚れがつきやすくなってしまいます。メンテナンスもお気をつけください。

審美歯科治療後のメンテナンス
審美歯科治療後のメンテナンス

審美歯科治療を行った後は定期的にメンテナンスをされることをお勧めしております。

 

メンテナンスは歯のお掃除だけでなく、審美歯科治療の予後の確認をします。

 

お写真のように歯茎が下がってしまって黒くなってしまうと場合によっては審美歯科治療のやり直しになってしまうかもしれません。歯茎が完全に下がってしまう前に歯茎を回復させて、審美歯科治療の結果を長持ちさせます。

審美歯科治療後のメンテナンス方法も重要です

セラミックのメンテナンスにお越しになる方が多くいらっしゃいます。セラミック治療を行ったらそれで終わりという事ではありません。

 

セラミックの表面には天然の歯程ではありませんが,汚れがついてしまう事があります。個人差がありますが、歯石になってしまう方もいらっしゃいます。セラミックに汚れや歯石がついてしまうと歯茎が下がる原因にもなりますし、セラミック自体が変色してしまう事もあります。

 

セラミックのメンテナンスは専門の器具を使用して行う必要があります。表面をステンレス超音波などを使用するとセラミックの表面を傷つけてしまったり、荒いペーストでクリーニングを行うと歯の光沢が消えてしまう事があります。審美歯科治療のメンテナンスで失敗しないように、審美歯科を行っている病院でメンテナンスをする事をお勧めしております。

 

しっかり来られる形は歯ブラシもしっかりしてきれいな口の中をしていらっしゃる方が多いのですが、奥歯の間を中心に念入りにお掃除をしています。

今後一生虫歯にならないよう注意していきます。

 

セラミックのメンテナンスのページ

 

セラミックのメンテナンスをしっかりと行う事でセラミックが長持ちするようになります。定期的にセラミックをメンテナンスする事をお勧めします。


続きを読む

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

歯茎の審美歯科をご存知ですか?今注目の審美歯科治療法です。

 

あなたのセラミックの歯が黒くなってきてしまっている場合や、長さの長い差し歯を入れられてしまった場合、左右でセラミックの歯の長さが違う場合など、歯茎の審美歯科治療で治すことができる場合があります。

 

また、審美歯科治療はオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。

 

せっかく歯がオールセラミックなどできれいになっても歯茎の形や、色が悪いと歯がきれいに見えません。

歯茎の審美歯科をお勧めしております。

 

歯茎の審美歯科は、歯茎が下がってしまっても長い歯にならないための治療ですね?

 

歯茎が下がってしまった時に、見た目を改善する方法があまり知られていなかったため、長い差し歯を入れる方が多かったのですが、歯茎の審美歯科では歯茎を回復させたうえで差し歯を入れるので、差し歯が長くなりにくくできます。

 

 


差し歯が下がるとは?

下がってしまった歯茎
下がってしまった歯茎

お写真のケースは前歯の歯並びを差し歯で治されたケースですが,歯茎が下がってしまい、また差し歯の境界が露出してしまいきれいには見えません。

 

こういったケースでは、歯茎の審美歯科を行ってから審美歯科でオールセラミックを改めてお作りするととてもきれいな見た目になります。

続きを読む