神田ふくしま歯科の審美歯科ご案内

神田ふくしま歯科の審美歯科治療の特徴をご説明いたします.


そもそも審美歯科治療ってどこの審美歯科や美容歯科でも同じと考えている方が多い様ですので,神田ふくしま歯科でやってよかったと言うケースをご説明させていただきます。


  • 歯茎が下がってしまって長い差し歯を入れてしまった場合に神田ふくしま歯科では歯ぐきの再生治療を行って歯の長さを平均的な長さに回復させる事ができます.歯ぐきの再生・整形治療
  • 審美歯科のオールセラミックの治療費を5種類のグレードに分けております。それぞれのグレードのオールセラミックを相場より格安で行っております.ご希望の条件により近い選択が可能です.(奥歯のオールセラミックは色より強度、値段が安い事を重視したランクの物を使用するなど、患者様の希望に合わせて治療を選択できるようにしております.また、ハイグレードの治療を希望される方には最上級の技工士さんにお願いする特上ランクのオールセラミックもございます.オールセラミックの種類
  • 拡大鏡、顕微鏡を使用して精密な審美歯科治療を行っております。精密審美歯科治療といっておりますが,精度の高い審美歯科治療はオールセラミックの持ちを良くします.精密審美歯科治療
  • 歯茎の黒ずみの原因をしっかりと分析して取り除きます.単にオールセラミックとファイバーコアにしただけでは歯茎の黒ずみが取れない場合があります.歯茎の黒ずみの審美歯科治療
  • 神田ふくしま歯科では矯正治療も行っておりますので、歯並びの治療を審美歯科で治すか矯正治療で治すかの御相談もお受けする事ができます。短期間に歯並びを治す前歯の部分矯正治療もございます.前歯の部分矯正

神田ふくしま歯科お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

神田ふくしま歯科に関するブログ

歯茎の黒ずみの治療方法を間違えていませんか?

あなたの歯茎が黒ずんでいて直したいとお考えの場合、確認しておく必要なことがあります!

 

笑った時の写真で差し歯の歯茎が黒ずんで見えたといった場合に、非常に気になってしまうということもあるでしょう。最近スマートホンの写真の画質が綺麗になってきているので、写真を見て気になるということもあるのでしょう。

 

歯茎の黒ずみとはどういったことでしょうか?

歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみ

歯茎の黒ずみを気にされている方、単にオールセラミックにすれば歯茎の黒ずみも治るとお考えではないでしょうか?

 

自己診断されるなら、しっかりと原因を確認してから治療法を自己診断されるといいと思います。

 

歯茎の黒ずみは原因によって治療法が異なりますのでご注意ください。

 

通常、天然の健康な状態でお口の中に黒い色は存在しないのが基本です。歯茎が黒いというのはかなり不自然な状態になります。差し歯が原因で歯茎が黒いことももちろん良くあります。

 

例えば写真のように差し歯の境界が黒くなってしまっているケースは審美歯科治療で治ります。歯の根っこの黒い部分をオールセラミックで覆うだけで歯茎の黒い部分は消えます。

 

他の原因で歯茎が黒ずんでしまう事もあります。例えば、メラニン色素で歯茎が黒くなるケース、金属の粉が歯茎に入り込んでしまっているケース、歯茎が下がって歯の根っこが露出しているケースなど、原因は様々です。

 

歯茎の黒ずみに関して原因と治療法を下記のリンクページに詳しく記載させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎の黒ずみの治療紹介ページ


続きを読む

ミドルエイジにお勧めの審美歯科治療

ミドルエイジの方のお口の中は歯茎が下がってしまったりして、歯茎の位置がそろっていない問題が起こってきます.

 

下がってしまった歯茎に合わせて差し歯や詰め物を入れると長い歯になってしまったりして見た目が悪くなります.

 

ミドルエイジの方には新しい審美歯科治療法の歯茎を回復する審美歯科治療がお勧めです.

歯並びが悪い場合に審美歯科治療を行う場合があります。

どうしても仕事の関係で矯正治療ができない方にはこの治療法でも歯並びを直すことができます。

 

また、上の前歯だけで審美歯科治療を行い、下の前歯の並びを部分矯正治療で行う方法も目立ちにくい方法として人気があります。

歯並びの治療
歯並びを審美歯科で治療

歯並びが悪い時に矯正治療をお考えになる方が多いと思いますが、歯の色を白くきれいにもしたいとお考えの場合、審美歯科治療も一つの選択しになります.

このケースでは、全体に矯正治療はしたくないけど歯をきれいにしたいという事で、上の歯を審美歯科治療、下の歯を部分矯正治療で治療を行いました。

審美歯科治療
審美歯科治療

まずは上の歯を白い仮歯に変え、下の前歯並びを部分矯正にて並べている途中です.だいぶ歯が並びました.治療開始から3ヶ月弱の状態です.装置もあまり目立たないようです.

全体的に矯正治療を行うより短期間で終われるのが人気です。

 

歯並び治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839


続きを読む

オールセラミックと保険の差し歯のちがい

いわゆる、健康保険の適応の差し歯とオールセラミックはどのようにちがうのかわからないという方も多いかと思います。今回は、保険適応の金属を使用した差し歯と金属を使用しないオールセラミックのちがいについてのご説明をさせていただきます。

 

保険適応の差し歯の場合、金属のフレームの上に白いプラスティックのようなものを重ねて作ります。金属のフレームが透けて見えないようにするために、1層不透明なペンキのようなものを塗り、その上に白いプラスティックを重ねます。光が完全に通らないのもあり、歯の色が不透明になります。

 

オールセラミックは、金属を使用しないために、透明感を調整することができます。

 

オールセラミックと保険の差し歯のちがい
オールセラミックと保険の差し歯のちがい

金属を使用した差し歯の不透明な感じの見た目の例。

金属を使用したからといって、お写真ほど不透明にならずに済むことももちろんあります。ただ、透明感を出すためには、このタイプの差し歯の場合、大きく削る必要があります。神経のある歯などでは、場合によっては神経を抜くようなことが必要かもしれません。

 

オールセラミックと保険の差し歯のちがい
オールセラミックと保険の差し歯のちがい

オールセラミックは周囲の歯と透明感を調整することができます。

色合いだけではなく、透明感を合わせることで、周りの歯との調和がとれます。

 

オールセラミック治療をお考えの方は、下記のリンクページにオールセラミックの詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

オールセラミックの詳しいページ


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

続きを読む

奥歯のオールセラミックを自然な感じにしたい場合も対応できます。

奥歯のオールセラミックは、単に銀を白くするだけでも見た目が非常に良くなりますので、満足いただける場合が多いのですが、奥歯の色もこだわって周囲の歯と合わせたいという場合は、よりハイグレードなオールセラミックをご用意しております。

 

奥歯のオールセラミックにもこだわりたい方のケース

奥歯の審美歯科
オールセラミック

審美歯科の治療例です.お写真のオールセラミックはスペシャルオールセラミックという種類のセラミックで治療を行いました。画面中央の歯を歯の根っこの再治療を行い、その後被せ物を入れました.スペシャルオールセラミックの治療であれば奥歯でもこのお写真のように自然な感じの仕上がりになります。

少し白く透明感を強くしたオールセラミックを作成しています.

自然な感じの歯が入りました.

 

奥歯なので、白くて丈夫なものでよいという場合は、エコノミーオールセラミックというタイプのものがあります。オールジルコニアで作成したタイプですので、色が少し不透明ですが、丈夫です。

 

単純に銀歯を白くしたいだけなのか、奥歯の色もこだわりたいのかでオールセラミックの種類・お値段が変わります.詳しくは下記のページをご覧ください.

 

奥歯の審美歯科治療のページ 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839


続きを読む

審美歯科Blog 審美歯科をお勧めしないケース

審美歯科治療を行った場合に良い結果が得られないと考えられるケースがあります。

 

例えば、噛み合わせやあごの骨の位置が悪い場合は審美歯科治療が向かない場合もあります。

噛み合わせが原因で審美歯科治療が向かないケース

噛み合わせを審美歯科で治療
噛み合わせを審美歯科で治療

通常下の歯が前にかぶさってしまっているケースでは審美歯科より全顎の矯正治療をお勧めしています.

審美歯科で治す場合、上の歯の神経は抜く事になる事と、全体的に審美歯科で治さなくては行けない事、前歯の長さが短くなってしまうため前に出す事になってしまいます.

また、写真のような受け口の歯並びのケースでは上の歯だけを審美歯科治療で治すと出っ歯な感じの仕上がりとなってしまいます。

このようなケースでは矯正治療を行うのがよいでしょう。

 

審美矯正装置
審美矯正治療中

審美矯正装置で治療しています.歯を抜かずに奥に奥歯を引っ込める事で噛み合わせが通常通り上の歯が下の歯を覆うようになります。

スピード矯正法を行うことで通常より短期間で矯正治療を行うことができます。また、100名様までの矯正モニター価格の治療を行っております。総額¥398,000-(税込)でスピード矯正治療を行っていますので、この機会に矯正治療をご検討されてはいかがでしょうか?

 

歯並びを審美歯科で治すか矯正で治療するか


続きを読む