歯と歯の間の歯茎の退縮について

歯と歯の間の歯茎(歯間乳頭という)の退縮を気にして患者さんが来院されました。

 

矯正治療で、下の前歯の重なっていたところをまっすぐに並べたところ、歯茎がさがってしまったようです。

レントゲンを撮らせていただき、間の骨の状態を確認しました。

骨の状態はいいようなので、歯ブラシの方法を説明し、歯茎の回復を待つことにしました。

矯正治療中のため、前歯でしか咬んでいなかったので、奥歯が咬んでくるまで待つことにしました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    fuku (水曜日, 02 11月 2011 12:34)

    test