オールセラミック

オールセラミック · 13日 11月 2018
前歯の審美歯科
前歯の差し歯の治療を行う際に、自然な感じを希望されるのであれば、保険のきかない治療になりますが、オールセラミック治療というのが第一選択となります。 オールセラミックは従来の差し歯や保険の差し歯とは異なり、金属を使用しないため透明感のある自然な感じの見た目の差し歯となります。
オールセラミック · 12日 11月 2018
オールセラミックと保険の差し歯のちがい
いわゆる、健康保険の適応の差し歯とオールセラミックはどのようにちがうのかわからないという方も多いかと思います。今回は、保険適応の金属を使用した差し歯と金属を使用しないオールセラミックのちがいについてのご説明をさせていただきます。 保険適応の差し歯の場合、金属のフレームの上に白いプラスティックのようなものを重ねて作ります。金属のフレームが透けて見えないようにするために、1層不透明なペンキのようなものを塗り、その上に白いプラスティックを重ねます。光が完全に通らないのもあり、歯の色が不透明になります。 オールセラミックは、金属を使用しないために、透明感を調整することができます。
オールセラミック · 11日 11月 2018
奥歯の審美歯科
あなたは、奥歯の色がどれくらい周りの歯に調和する必要があると感じられますか? ある方は、銀歯が白くなれば十分綺麗だと感じられますし、こだわりのある方は、完全に周囲の歯と色を合わせたいということもあります。 色をどこまでこだわって合わせるかによってオールセラミックのグレードを決めていただくことになります。
オールセラミック · 05日 11月 2018
オールセラミック
オールセラミックを作成する場合、何通りかの種類のオールセラミックを用意しておりますので、選んでいただくことにしております。 5種類のオールセラミックを用意しておりますが、状況によってオススメのオールセラミックが異なりますので、一度無料カウンセリングにお越しになるのをオススメしております。
オールセラミック · 22日 10月 2018
スペシャルオールセラミック
画面左の前歯のオールセラミック治療後の状態。周囲の歯と色や形を整えました。1本の歯だけの色の調整は技工士の方の腕次第のため,この写真のように合わせるにはスペシャルオールセラミックなどの特に優秀な技工士さんに仕事をお願いする必要があります.
オールセラミック · 17日 10月 2018
オールセラミック
差し歯の色が周りの歯と合わずに浮いたように見えてしまっていませんか?従来の差し歯では歯の輪郭がくっきりとしてしまい、周りの歯と調和していないように見えてしまっていることがあります。 前歯だけ差し歯が目立ってしまったり、歯茎が黒く見えたりするのが気になる場合は新しいセラミックのオールセラミックが有効です。
オールセラミック · 11日 10月 2018
審美歯科のメンテナンス
あなたはオールセラミックを入れ終わって満足してしまっていませんか? 審美歯科治療が終了してセラミックもきれいに入った場合それで治療は終わりですが,審美歯科治療の結果を維持するためにはメンテナンスが必要です
オールセラミック · 10日 10月 2018
オールセラミック
従来前歯に使用していた差し歯の素材は金属の上にセラミックを接着したタイプのものを使用しておりました.そのため,光がセラミックを抜ける事がなく、不透明な感じがしてしまう場合がよくありました.この点を改善したのがオールセラミックとなります.オールセラミックは透明感を天然のものに近づけた新しいセラミックです.
オールセラミック · 06日 10月 2018
従来の差し歯
あなたの差し歯は金属を使用した従来のセラミックですか? 従来のセラミックの方はオールセラミックに差し歯を交換する事でもっときれいな見た目になる可能性があります.
オールセラミック · 03日 10月 2018
前歯6本のオールセラミックが外れてしまって炎症を起こしています
審美歯科治療後に歯茎が腫れてしまっているという方もいらっしゃいます。これはオールセラミックの適合の問題の場合があります。 もちろん歯ブラシをしてないで全体的に歯茎が腫れている場合は、歯ブラシが原因ですが、オールセラミックの部分だけ歯茎が腫れている場合はオールセラミックの適合が問題の場合があります。

さらに表示する