全体的な審美歯科治療

全体的な審美歯科治療 · 19日 1月 2018
全体的な審美歯科治療
全体的な審美歯科治療を行う場合、しっかりと正確な審美歯科治療を行うとなると数ヶ月お時間がかかってしまうことがあります。 これは、歯の根っこの治療や、虫歯が深くても歯を残したいという場合など、症状がレントゲンなどで安定するのを確認してから最終的なオールセラミックを入れる場合などでは、期間がどうしてもかかってしまいます。 そのため、期間がかかっても見た目をきにしないよう、審美歯科治療をする際には仮歯をなるべく綺麗なものでご用意させていただいております。
全体的な審美歯科治療 · 18日 1月 2018
全体的な審美歯科治療
年齢とともに全体的な見た目が悪くなってきてしまうことがあります。 単純に汚れが付いているだけでなく、歯の色自体の色が変化し褐色になってしまってくる場合があります。 こんな時に、全体的な審美歯科治療で見た目を改善を希望される方が増えてきています。
全体的な審美歯科治療 · 12日 1月 2018
全体的な審美歯科治療
いろいろな理由はあると思いますが、歯並びや歯の色は年齢が上がるに従って、悪くなってしまう傾向があります。 昔はもう少し歯並びが良かったと感じられる方、歯の色が昔より黄ばんできた、歯の長さが長くなって見た目が悪くなった。と感じる方もいらっしゃると思いますが、気のせいではなく実際に年齢とともに歯並びは変化しますし、歯の色は黄色くなりますし、歯の長さは長くなってしまいます。 古くなった前歯の差し歯などを直される際、悪い歯だけをつぎはぎ的に治すより、せっかく治すのなら、全体的に見た目をきれいにしたいという要望は高まっています。今時、入れ歯で良いという方は少なくなっています。