顎のズレているかたの審美歯科治療について

顎のズレがある場合、単純に審美歯科のみでは解決しないことがあります。

 

歯茎の位置は綺麗に左右で揃っているのに、左右の長さが違う場合など、顎が曲がってしまっているために噛み合わせの高さが左右で違ってしまっている場合があります。

 

こういったケースで、歯の長さを揃えたい場合は、矯正治療を審美歯科治療前に行う必要があります。


顎のズレのために、左右の犬歯の長さがちがう場合の治療例

左右の長さを揃える審美歯科治療
左右の長さを揃える審美歯科治療

上の前歯の審美歯科治療を希望されてご来院されました。

 

歯茎の位置はほぼ左右対称です。下の前歯の並びが画面左の方に下がっているため、上の前歯の長さが左に行くほど長くなっています。

左右の長さを揃える審美歯科治療
左右の長さを揃える審美歯科治療

前歯を仮歯に変えて、顎のズレを矯正治療で改善していきます。

 

下の前歯の位置がほぼ左右出揃いましたので、上の仮歯の長さを左右で揃えることができるようになります。

左右の長さを揃える審美歯科治療
左右の長さを揃える審美歯科治療

審美歯科治療後の状態。

 

歯の真ん中が揃い、左右の歯の長さを均等にすることができました。


~矯正治療の注意~

 

ご存知の方も多いと思いますが、矯正治療は保険外診療となります。モニター料金で全体的の矯正治療を行う場合、検査代3万円(税別)と矯正費用総額¥398,000-(税別)がかかります。

 

 

また、終了期間はおおよその目安となります。歯の動き等によって期間に個人差があります。期間の保証するものではありません。

 

~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。