ブログカテゴリ:全体治療



審美歯科と歯茎 · 07日 11月 2019
歯周病で歯茎が下がってしまた方のための審美歯科治療
成人の方で歯周病にかかってしまった方は、通常の審美歯科治療では綺麗にみえないため、歯周病の方のための審美歯科治療をされることをオススメしております。 歯周病にかかられた方の特徴として、歯周病後も歯が少し揺れてしまう・歯茎が下がってしまた・歯並びが変わった・歯が削れてしまっているなどの特徴があります。 こういった歯周病の特徴に合わせて、より綺麗に見える歯にするために審美歯科治療を行います。 歯が揺れてしまっている場合は、固定のために歯をつなげて作る必要があります。この際、歯がつながって見えないようにする必要があります。 また、歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎の再生治療にて歯茎を回復させた上での審美歯科治療をオススメしております。
全体的な審美歯科治療 · 30日 10月 2019
全体的な審美歯科治療
全体的な審美歯科治療を行う場合、しっかりと正確な審美歯科治療を行うとなると数ヶ月お時間がかかってしまうことがあります。 これは、歯の根っこの治療や、虫歯が深くても歯を残したいという場合など、症状がレントゲンなどで安定するのを確認してから最終的なオールセラミックを入れる場合などでは、期間がどうしてもかかってしまいます。 そのため、期間がかかっても見た目をきにしないよう、審美歯科治療をする際には仮歯をなるべく綺麗なものでご用意させていただいております。
噛みあわせ · 26日 10月 2019
全体的にオールセラミックで審美歯科治療
見た目を改善することがご希望の場合でも、合わせてかみ合わせの治療を行うことをお勧めしております。 かみ合わせが安定することで、オールセラミックの持ちがよくなります
歯周病と審美歯科 · 19日 10月 2019
歯周病の方の審美歯科治療
中程度の歯周病が進行している方は、審美歯科治療と骨の再生治療を合わせて行うことで、見た目の大幅な改善が期待できます。 歯周病が中程度に進行してくると、歯が揺れ始め歯並びが変わってきます。また、歯の中の骨の吸収が始まり歯茎が下がってきてしまいます。 失われた骨を再生することで、歯茎が安定します。歯茎が安定した後で審美歯科治療を行います。 治療中は仮歯を入れて進めます。
噛みあわせ · 14日 10月 2019
噛み合わせの審美歯科治療
全体的な審美歯科治療を行うことで、見た目も良くなりますが、噛み合わせや歯並びも合わせて改善することができます。 全体的な審美歯科治療をするメリットは、 セラミックの歯の色を全体的に統一することができます。 歯並びを改善することができます。 噛み合わせのバランスを整えることができます。
歯がボロボロ · 04日 10月 2019
歯がボロボロ
あなたの歯がボロボロでも審美歯科では比較的短期間に治療を行うことができます。 ただ、歯茎の腫れや虫歯にならないように今後は予防しようという気持ちも必要です。
審美歯科と歯茎 · 20日 9月 2019
歯の大きさや歯並びをしっかりと治す場合は、総合的な審美歯科治療を行う必要があります. 歯茎が下がってしまう場合、歯並びが原因の一つになります.歯並びの改善、歯茎の長さの調整といった複合的なテクニックを使用した審美歯科治療を行う必要があります.
噛みあわせ · 12日 9月 2019
噛み合わせと審美歯科
お口のなかが、変色した虫歯の詰め物で歯の色がまだらになってしまったり、銀歯などが光っていたり、歯の色が濃く変色してきていませんか? 美容目的に歯を治すというより、噛み合わせや虫歯で汚れているのをこの際綺麗にしっかりと直したい、とお考えの方もいらっしゃると思います。 全体的に審美歯科治療を行うことで、歯並びや噛み合わせも合わせて治すことができます。そんな全体的な審美歯科治療をご紹介いたします。
全体的な審美歯科治療 · 02日 9月 2019
全体的な審美歯科治療
いろいろな理由はあると思いますが、歯並びや歯の色は年齢が上がるに従って、悪くなってしまう傾向があります。 昔はもう少し歯並びが良かったと感じられる方、歯の色が昔より黄ばんできた、歯の長さが長くなって見た目が悪くなった。と感じる方もいらっしゃると思いますが、気のせいではなく実際に年齢とともに歯並びは変化しますし、歯の色は黄色くなりますし、歯の長さは長くなってしまいます。 古くなった前歯の差し歯などを直される際、悪い歯だけをつぎはぎ的に治すより、せっかく治すのなら、全体的に見た目をきれいにしたいという要望は高まっています。今時、入れ歯で良いという方は少なくなっています。
審美歯科 · 01日 9月 2019
審美歯科治療
もしあなたが、単に1本の歯を治したいのではなくきれいに見える口元にしたいので、どうしたら良いのかという御相談でしたら、全体的な審美歯科治療をお考えになられた方が良いでしょう. 例えば,歯の変色や歯茎の退縮・歯の隙間、銀歯や全体的な歯の色の不満等がある場合,全体的なプランを立てた方が短期間にきれいな口元になります. どのタイミングで治療をするのが効率的かを考えながら治療を進めていきます.