ブログカテゴリ:歯茎の再生と審美歯科



審美歯科と歯茎 · 11日 12月 2019
セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまう事があります.
セラミックを入れた後に歯茎が下がってしまっていませんか? セラミックの歯茎が下がるってどういうことって思われるかもしれませんが、セラミックの歯の歯茎との境界が見えてきてしまう事があるのです。 歯の根っこが見えることと、少し色が違う場合が多く見た目に目立ってしまう場合もあります。 そこで、今回ご紹介するのは、セラミックの歯茎が下がってしまった時の治療法です。
審美歯科と歯茎 · 10日 12月 2019
差し歯の歯茎が下がってしまったケース
審美歯科では、左右の歯の長さを整えたり,長い差し歯を正常の長さに戻したり,短い歯を長くしたりする場合,歯茎の調整をいたします。歯ぐきの再生,整形と言った方法を行います. 当院で行う審美歯科治療は単にオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。また、当院では、将来的に歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまった時にも歯茎を回復する対処が可能です.
審美歯科と歯茎 · 10日 12月 2019
審美歯科の失敗
差し歯の長さが長い方の中には、歯の長さを短く改善できると考えられる場合が良く有ります。あなたが、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないとお考えでしたら、差し歯を短く作り直す事ができるのかも知れません。
審美歯科と歯茎 · 06日 12月 2019
年齢とともに歯茎が下がってしま
歯茎が下がってしまった場合はそのまま審美歯科治療を行うのではなく、歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことをお勧めしております。 よく見る審美歯科治療の失敗で、下がった歯茎の長さに合わせてオールセラミックを入れるので歯が長くなってしまっているケースがあります。 歯の長さは平均的な長さより長くなると見た目が審美的ではなくなります。歯茎の再生治療で歯茎を回復してから審美歯科治療をされることをお勧めします。
審美歯科と歯茎 · 30日 11月 2019
下がってしまった歯茎
歯茎の審美歯科は、歯茎が下がってしまっても長い歯にならないための治療ですね? 歯茎が下がってしまった時に、見た目を改善する方法があまり知られていなかったため、長い差し歯を入れる方が多かったのですが、歯茎の審美歯科では歯茎を回復させたうえで差し歯を入れるので、差し歯が長くなりにくくできます。
オールセラミック失敗 · 25日 11月 2019
前歯の長さが左右でちがうオールセラミックの審美歯科治療
審美歯科治療の失敗の一つに前歯の差し歯の長さが左右でちがうという失敗があります.審美歯科治療をする際に気をつけるポイントがあります.
審美歯科と歯茎 · 21日 11月 2019
歯ぐきの審美歯科治療前
差し歯が長すぎるのを気にされていませんか? 差し歯の長さは歯茎の位置で変わります.歯茎の位置が退縮してしまっている場合は、差し歯の長さが長くなってしまいます。 歯が長い場合は歯ぐきの再生治療を行うことで、歯の長さを改善することができます。
古いセラミックの交換 · 19日 11月 2019
長い差し歯を短くする審美歯科治療
差し歯を歯茎の位置に合わせてお作りになられた場合、長くなってしまいます。 長くなった差し歯を見る機会が多いのですが、歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を作るため、通常より数ミリ長くなってしまっていることが多いようです。 新しい審美歯科治療法である、歯茎の再生治療を審美歯科治療に合わせて行うことで、歯の長さを平均的な長さに回復させることが可能になります。
審美歯科と歯茎 · 18日 11月 2019
歯茎の再生と審美歯科
歯茎が下がってしまうと審美歯科の結果が上手く行きません. それは歯の長さが長くなってしまうからです.そのため、歯茎が下がってしまった場合は、審美歯科治療前に歯ぐきの再生治療と言って歯茎を回復させる処置を行います。 歯茎が元の位置に戻る事で、審美歯科治療を行った時に歯の長さをちょうどいい長さにお作りする事が出来ます.
審美歯科と歯茎 · 14日 11月 2019
治療前の差し歯
あなたは、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないということはありませんか? 差し歯の長さが長い場合は、歯茎の再生治療で歯茎の位置を変えることで、差し歯の長さを短くすることができます。 ただ、どこの歯医者でもできるわけではありませんので、歯茎の再生治療と審美歯科治療を合わせて行っている病院を探していただく必要があります。

さらに表示する