ブログカテゴリ:歯茎の退縮と審美歯科



審美歯科 · 19日 10月 2019
歯科の麻酔は非常に細い痛みを感じにくい針を使用します. 審美歯科治療を行う時、麻酔をすることがよくあります。 患者さまにとって麻酔は歯科治療の中で嫌なことの1つであることが多いのですが、やはり痛みを気にされる方が多いです。
歯茎の黒ずみ · 15日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
あなたがもしも歯茎の黒ずみを気にされている場合は審美歯科治療で対処できるかもしれません。 歯茎の黒ずみにも原因が何種類かありますが、歯茎のメラニン色素が原因の黒ずみは比較的簡単に取り除くことが可能です。 (ただし、差し歯の歯茎に沿って黒ずんでしまっている場合は、新しい審美歯科治療法が有効です。差し歯の歯茎の黒ずみに関しましては歯茎の黒ずみのページに詳しい内容を記載させていただいております。)
歯茎の黒ずみ · 10日 10月 2019
あなたは歯茎の黒ずみでお悩みではありませんか? 多くの歯科医院で治せない歯茎の黒ずみの原因に、差し歯を削ったときの金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合です.レーザーなどで取る事ができないため、経過を見るしかないと言われて気になるけど諦めている方も多い様です。 笑った時に前歯の歯茎が黒いと病気のように見えてしまいますので、歯茎をきれいにする事できれいな歯と歯並びに見えます.新しい審美歯科治療では歯茎の黒ずみもきれいに治す事ができます.
古いセラミックの交換 · 09日 10月 2019
歯ぐきの再生,審美歯科
あなたの差し歯は、10年もして歯茎が下がって黒く見えるようになった上、歯が長くなってしまっていませんか? 新しい審美歯科では歯茎を回復させた上で見た目を改善します。
審美歯科と歯茎 · 08日 10月 2019
歯茎の形と審美歯科
審美歯科治療を行う際に、歯茎の位置が歯の長さを決める原因になります。歯ぐきの位置を整える事で歯の見た目がよくなります。 例えば、下がってしまった歯茎を、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎を元の位置まで回復しただけで、歯の形が審美的なものになります。 これは、歯茎の位置が下がってしまったために歯の形が長くなりバランスが悪くなるためです。 審美歯科治療をそのままの歯茎の位置で行ってしまうケースをよくお見かけしますが、歯ぐきの再生治療を審美歯科と合わせて行う事で、歯の長さを揃えることができます。.
審美歯科と歯茎 · 08日 10月 2019
審美歯科治療
審美歯科治療を一度受けられた方は、歯茎が下がってしまうことに気を付ける必要があります。歯茎が下がってしまうと、差し歯の境界が露出して見た目がひどいことになってしまいます。 差し歯が浮いた感じに見える上に、歯が長くみえます。また、今後の歯周病や虫歯などの問題が起こる可能性が高くなります。 そして、もう一つの大きな問題は、差し歯をやり直すだけでは、歯の根っこを覆う長さの差し歯が入ってしまい、長くて見た目の悪い状態になります。差し歯をやり直すと同時に歯茎の再生治療を行うことで前歯の見た目が良いものになります。
オールセラミック失敗 · 04日 10月 2019
歯茎の再生
前歯の歯茎が大きく下がってしまった場合には、通常の審美歯科治療では綺麗な歯を入れることができません。 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行う新しい審美歯科治療法が必要になります。
歯茎が黒い · 01日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
審美歯科と歯茎 · 23日 9月 2019
歯茎の退縮と歯の変色したケース
あなたの前歯の長さは気に入っていますか? 歯茎が退縮して歯の長さが長くなってしまった場合の審美歯科治療をご紹介します。
審美歯科 · 22日 9月 2019
細かい部分の歯磨き
歯茎の腫れてしまっている方は審美歯科治療の結果を長持ちするために、審美歯科治療と合わせて歯茎を引き締める治療を行います。 歯周病が進行してしまっている方の審美歯科治療も審美歯科治療前に歯周病の治療を行わないと審美歯科治療後に歯茎が下がって見た目が悪くなってしまう場合があります。

さらに表示する