カテゴリ:歯茎の退縮と審美歯科



歯周病と審美歯科 · 17日 4月 2021
歯周病と審美歯科
歯周病治療後に歯の見た目が悪くなって気にされていませんか? 歯周病で歯茎が下がってしまった場合に、歯が揺れてしまっている・歯茎が腫れたなどの問題が起こりますが、歯周病が治った後に見た目の問題が起こってしまいます。 歯が長く見える・歯茎が黒く見えるといった見た目の問題が歯周病の治療後に起こってしまします。 今回は、歯周病治療が必要な方の審美歯科治療を紹介いたします。
審美歯科と歯茎 · 16日 4月 2021
治療前の差し歯
あなたは、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないということはありませんか? 差し歯の長さが長い場合は、歯茎の再生治療で歯茎の位置を変えることで、差し歯の長さを短くすることができます。 ただ、どこの歯医者でもできるわけではありませんので、歯茎の再生治療と審美歯科治療を合わせて行っている病院を探していただく必要があります。
メンテナンス · 10日 4月 2021
あなたのセラミックは大丈夫ですか? セラミックを長持ちさせるには定期的なメンテナンスをお勧めしております。 審美歯科のセラミック治療をされた方は、定期的な確認をされるとセラミックがきれいな状態を保てます。 お口の中は、いろいろな着色成分があります。セラミックは天然の歯より汚れがつきにくいのですが、長期的に着いたままにしてしまうと変色の原因になります。
審美歯科と歯茎 · 09日 4月 2021
歯茎の再生と審美歯科
歯茎が下がってしまうと審美歯科の結果が上手く行きません. それは歯の長さが長くなってしまうからです.そのため、歯茎が下がってしまった場合は、審美歯科治療前に歯ぐきの再生治療と言って歯茎を回復させる処置を行います。 歯茎が元の位置に戻る事で、審美歯科治療を行った時に歯の長さをちょうどいい長さにお作りする事が出来ます.
審美歯科と歯茎 · 03日 4月 2021
歯周病で歯茎が下がってしまた方のための審美歯科治療
成人の方で歯周病にかかってしまった方は、通常の審美歯科治療では綺麗にみえないため、歯周病の方のための審美歯科治療をされることをオススメしております。 歯周病にかかられた方の特徴として、歯周病後も歯が少し揺れてしまう・歯茎が下がってしまた・歯並びが変わった・歯が削れてしまっているなどの特徴があります。 こういった歯周病の特徴に合わせて、より綺麗に見える歯にするために審美歯科治療を行います。 歯が揺れてしまっている場合は、固定のために歯をつなげて作る必要があります。この際、歯がつながって見えないようにする必要があります。 また、歯茎が下がってしまっている場合は、歯茎の再生治療にて歯茎を回復させた上での審美歯科治療をオススメしております。
歯周病と審美歯科 · 02日 4月 2021
重度の歯周病のかたの審美歯科治療例
歯周病で見た目がひどくなってしまった方のための審美歯科治療 歯周病が重度に進行してしまうと、歯茎が下がっったり、歯が揺れてしまうために移動してしまったりします。 重度の歯周病のかたの治療は、通常治療後に非常に長い歯になって見た目が非常に悪くなってしまいます。 当院では、重度の歯周病のかたでも見た目を気にしたいというかたに対しても審美歯科治療を行っております。 重度の歯周病はしっかりと骨の再生治療、歯茎の再生治療を行って歯の周囲の状態を改善したうえで審美歯科治療を行います。
古いセラミックの交換 · 28日 3月 2021
長くなってしまった差し歯の審美歯科治療
本日は、長くなってしまった差し歯のを審美歯科で綺麗に元の長さに近くしたいというご希望の方に関する内容です。 差し歯が長い場合、元々は長くなかったのが、時間とともにあるいは差し歯を入れてから長くなったことが多いようです。 原因としては、 歯周病で歯茎が下がった 歯並びの改善のために差し歯を入れたら歯が長くなった 歯を抜いた後のブリッジを入れたら歯が長くなった といったことが挙げられます。 治療法としましては、矯正治療、歯茎の再生・歯茎の整形治療を審美歯科治療と合わせて行う方法によって差し歯の長さを戻したり、短くすることができます。
審美歯科 · 23日 3月 2021
歯科の麻酔は非常に細い痛みを感じにくい針を使用します. 審美歯科治療を行う時、麻酔をすることがよくあります。 患者さまにとって麻酔は歯科治療の中で嫌なことの1つであることが多いのですが、やはり痛みを気にされる方が多いです。
オールセラミック失敗 · 21日 3月 2021
審美歯科治療を行う場合、歯茎の腫れや歯茎の退縮が進行中だと最終的なオールセラミックを作成しても審美的な結果が長続きしません。 そのため、審美歯科治療を行う前に歯周病治療を行います。歯周病治療が長期にわたる重度の歯周病の方は、治療期間を仮歯で過ごすことになります。そのため、仮歯は審美的なものを作成して治療を行います。
古いセラミックの交換 · 21日 3月 2021
古くなったセラミックは、いろいろと審美的な問題が起こってきます。 ブラックマージンと言って歯茎が下がってしまって歯茎の部分に黒い線が見えてきてしまいます。セラミックの交換で一番多いケースになります。審美歯科と合わせて歯茎の再生治療をすると歯茎が厚みを増して下がりにくくなります。 セラミックを入れた時にホワイトニングをしていないと歯の色が黄色かったりして白くしたい場合や、セラミックの歯茎が下がって黒く見えてしまっている場合、従来のセラミックを使用したため歯の厚みが厚い場合などがあります。

さらに表示する