カテゴリ:歯茎の退縮と審美歯科



オールセラミック失敗 · 07日 8月 2020
歯茎の再生
前歯の歯茎が大きく下がってしまった場合には、通常の審美歯科治療では綺麗な歯を入れることができません。 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行う新しい審美歯科治療法が必要になります。
歯茎が黒い · 06日 8月 2020
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
審美歯科 · 30日 7月 2020
セラミックの寿命は?って聞かれることがよく有ります。 あなたのセラミックはまだ大丈夫ですか? 物には寿命がありますが、セラミックも疲労します。 例えば常に歯を食いしばってしまっている方のセラミックは壊れやすくなりますし、ブリッジなど偏って力が掛かってしまう場合は、力のかかり易い部分が折れてしまうことがあります。
歯周病と審美歯科 · 28日 7月 2020
審美歯科
綺麗に仕上がった差し歯でも、年数が経つと問題が起こり始めます。 特に、歯茎が下がってしまう問題は多くのかたに起こります。歯茎が下がって、歯の根っこが露出して歯茎が黒く見える問題が起こります。10年で70%の差し歯の歯茎が下がってしまうという報告もあります。 歯茎が下がってしまうと、せっかく治療した審美歯科のオールセラミックなども見た目を改善するためにやり直しになってしまいます。かけた費用が無駄になってしまいます。 そのため、歯茎が下がってしまった時、また歯茎が下がらないように予防するために、歯茎の審美歯科の重要性が高まっています。 歯茎の審美歯科は新しい審美歯科治療法です。歯茎の厚みや位置を歯茎の再生・整形にて整えた上で仮歯で整えた歯茎の位置にオールセラミックを入れる治療になります。 今から審美歯科治療を行うかたは、将来的に歯茎が下がりにくく、また、歯の形を左右で揃えるために歯茎の審美歯科治療をされることをお勧めしております。
オールセラミック失敗 · 27日 7月 2020
歯茎が下がってしまった場合
歯茎が下がってしまったことが原因で、歯茎のラインが上下に凸凹の審美歯科治療を行ってしまっている失敗をよく見ます。 歯茎の上下のラインを整えてから審美歯科治療をする方法に歯茎の再生治療があります。審美歯科治療をきれいに仕上げるために重要な処置になります。
審美歯科と歯茎 · 25日 7月 2020
歯茎の退縮と歯の変色したケース
あなたの前歯の長さは気に入っていますか? 歯茎が退縮して歯の長さが長くなってしまった場合の審美歯科治療をご紹介します。
審美歯科 · 23日 7月 2020
歯茎の審美歯科
歯の大きさを小さくしたいと言う方の中には歯茎が下がってしまったために歯の大きさが大きく見えてしまう場合があります.歯茎が下がってしまう事は、矯正治療を行った方でよく見かけます. こういった場合は歯を削って小さくするよりも下がった歯茎を回復させて歯を小さくする歯ぐきの再生治療をお勧めしております.
歯茎が黒い · 22日 7月 2020
歯茎の黒ずみ
審美歯科の治療にいらっしゃる方の一つの理由に、昔の差し歯の境界のところが黒くなってしまったのを治したいという理由があります。 原因は歯茎がやせてしまったことにより、従来の差し歯の境界の部分が出てしまったためです。差し歯の境界は黒いのですが、歯茎の中に隠れるように歯を削っています。歯茎がやせることによって、境界の黒い部分が見えてしまいます。
審美歯科と歯茎 · 19日 7月 2020
差し歯の歯茎が下がる
せっかく治療した差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療法 差し歯を入れた後に歯茎が下がって歯茎が黒く見えてしまう事があります.特に前歯の場合少し歯茎が下がって黒い部分が見えるだけでも気になる方も多いようです. 差し歯は気に入っているので外したくないけど、差し歯を入れた歯科医院では経過を見るしか方法がないという場合が多いようです.
審美歯科と歯茎 · 14日 7月 2020
歯茎の位置を左右で揃える
前歯の差し歯の長さが左右でちがう上、歯茎が下がって黒く見えている場合の治療

さらに表示する