歯が長くなってしまった方

長い差し歯を気にされている方には朗報です。

歯の長さが歯茎の退縮で長くなってしまう事があります。

歯茎の位置を変えずに被せものをしてしまうと、長い歯ができてしまいます。


こんな場合は、歯茎の位置を歯茎の再生治療でもとの戻してからオールセラミックで治療されるとバランスのとれたきれいな歯になります。


長い差し歯は治療が可能です.長い差し歯は審美歯科治療を行っても満足を得られない場合があります。差し歯の治療を行う前に出来れば歯茎が下がっていないか確認される事をお勧めします.


(既に長い差し歯が入っている部分に関しましては一度外して差し歯をお作り直しする事になります。)

長い差し歯でお悩みなら治す事が出来ます。

長い差し歯
長い差し歯

やはり長い差し歯は気になります.オールセラミックできれいな審美歯科治療ですが,失敗と言えるのではないでしょうか?


差し歯は外して新しい差し歯をオールセラミックで作り直します.

長い差し歯の解決策
長い差し歯の解決策

歯ぐきの再生治療を行った後仮歯で長さを調整しています.


長い差し歯のお悩みも解決できました.

差し歯の長さは治せます。

審美歯科 歯が長くなってしまった方
術前

歯茎が痩せて歯が長くなってしまっています。見た目が気になるようです。

審美歯科 歯が長くなってしまった方
術後

歯茎の再生とセラミック治療で満足のいく歯の形になりました。

歯茎が下がっても差し歯の長さを長くしないように出来ます.

歯が長くなった
歯茎の退縮

歯が長くなってしまったケースです。歯の根っこが露出してしまっている部分を残して仮歯に変えました。

歯の長さを短く
歯茎の回復

歯茎を回復させる事によって、歯の長さを自然なバランスのきれいな大きさの歯にする事ができます。

再生させた歯茎の位置でオールセラミックを作成しました.


歯茎の位置が回復した事で差し歯の大きさが長くならずに済みました.きれいな大きさとなりました.

差し歯の長さを短くする審美歯科治療ケース

差し歯の長さを短く
差し歯の長さを短くする審美歯科治療

差し歯の長さが長くなってしまっています.差し歯の長さを標準的な長さにして審美的な見た目にします.

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療で歯茎の位置を整える

歯ぐきの再生治療後仮歯でお好みの形に修正している段階。

特に八重歯の長さが左右でそろったのがおわかりになるかとお思います.

差し歯の長さで失敗しないようにご注意ください.

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がっています。

差し歯の歯茎が下がってしまっています。ご注意いただきたいのは、このままの歯茎の状態で差し歯を交換すると長い差し歯になってしまいます.


よく長い差し歯を作っている審美歯科の失敗例を見かけます.



歯ぐきの再生と審美歯科
歯ぐきの再生と差し歯

歯ぐきの再生治療を行い歯茎の位置を回復させた上で仮歯を入れて歯茎の位置を調整しています.

最終的なオールセラミックは左右の位置を整えた上でお作りしました.


歯茎の位置が回復してきれいな大きさになっています.

ただいま長い差し歯でお悩みの方に無料カウンセリングを行っております。

長い差し歯が気になってしょうがない方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となりますのでご予約をおとりいただいた上でご来院ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

メールでのお問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

神田ふくしま歯科

東京駅3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

歯の長さを短くする審美歯科のBlog

2017年

5月

19日

オールセラミックの長さが長くてお悩みの方へ

あなたの長いオ−ルセラミックを普通の長さに治す方法のご紹介です。

 

もしあなたが、長いオ−ルセラミック見た目を気にされているのであれば朗報です。

 

笑った時に普通に綺麗に見えるようになりたい。ということで、歯並び治療をオールセラミックなどの審美歯科で治療をされる方もいらっしゃいます。

 

出っ歯が気になってとか、歯並びの凸凹が気になって、美容外科などで、オールセラミック治療をしたのに歯が長くて満足できないという方がご相談にいらっしゃいます。

 

そういった場合の多くは、歯茎の位置が左右でちがうままオールセラミック治療を行われてしまっています。そして、左右の歯の長さが不揃いのまま、前後的な歯並びだけ並んでいるようなケースをお見かけします。

 

最初の状態よりは良いとは思うけど満足はできない、できればもう少し自然な感じにしたい。と希望が高くなってきてしまうのかもしれません。

 

多くの歯科院では、少し歯が長いけど大丈夫じゃない?とか、治療は難しいのでやってないと断られてしまうことがほとんどではないでしょうか?

 

こういった、ハイレベルな見た目を改善する審美歯科治療は、多くの歯科医院では行っていないのが現状です。

 

当院では、長く見えるオールセラミックの差し歯を、歯茎の再生治療と合わせて審美歯科治療することで、通常の見た目に見せる再治療を多く手がけております。

 

もうこれ以上見た目を改善できないと思われていた方も満足できる歯の長さにすることができるかもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

18日

歯茎が下がってしまった時の審美歯科

前歯の歯茎が下がってしまうと歯が長く見えて見た目が悪くなってしまいます。見た目をよくするためには歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行います。


歯茎の長さを戻すことで見た目が良くなります。特に前歯の歯茎が下がってしまった場合は歯茎の位置が回復することで見た目が良くなります。


歯周病が進行してしまっている場合は少し処置が複雑になってしまう事もありますが、何もしないより見た目が良くなります。

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

09日

オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療

せっかくオールセラミックの歯を入れて満足していたのに、しばらくして歯茎が下がってきてしまうことがあります。


歯茎が下がると歯茎が黒く見えたりして見た目に不満を感じてしまいます。


今回は、オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療をご紹介いたします。

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

25日

差し歯の長さは歯茎の位置で決まります.

差し歯の長さが長いと感じている方は,歯茎の位置を確認してください.


歯茎が下がっている為に差し歯の長さが長い場合があります.このような場合は、歯茎を回復させてから差し歯を入れる事をお勧めしております.

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

21日

審美歯科ブログ 歯茎が下がった時の審美歯科治療

歯茎が下がってしまった場合はそのまま審美歯科治療を行うのではなく、歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことをお勧めしております。

 

よく見る審美歯科治療の失敗で、下がった歯茎の長さに合わせてオールセラミックを入れるので歯が長くなってしまっているケースがあります。

 

歯の長さは平均的な長さより長くなると見た目が審美的ではなくなります。歯茎の再生治療で歯茎を回復してから審美歯科治療をされることをお勧めします。

続きを読む 0 コメント