歯が長くなってしまった方

長い差し歯を気にされている方には朗報です。

歯の長さが歯茎の退縮で長くなってしまう事があります。

歯茎の位置を変えずに被せものをしてしまうと、長い歯ができてしまいます。


こんな場合は、歯茎の位置を歯茎の再生治療でもとの戻してからオールセラミックで治療されるとバランスのとれたきれいな歯になります。


長い差し歯は治療が可能です.長い差し歯は審美歯科治療を行っても満足を得られない場合があります。差し歯の治療を行う前に出来れば歯茎が下がっていないか確認される事をお勧めします.


(既に長い差し歯が入っている部分に関しましては一度外して差し歯をお作り直しする事になります。)

長い差し歯でお悩みなら治す事が出来ます。

長い差し歯
長い差し歯

やはり長い差し歯は気になります.オールセラミックできれいな審美歯科治療ですが,失敗と言えるのではないでしょうか?


差し歯は外して新しい差し歯をオールセラミックで作り直します.

長い差し歯の解決策
長い差し歯の解決策

歯ぐきの再生治療を行った後仮歯で長さを調整しています.


長い差し歯のお悩みも解決できました.

差し歯の長さは治せます。

審美歯科 歯が長くなってしまった方
術前

歯茎が痩せて歯が長くなってしまっています。見た目が気になるようです。

審美歯科 歯が長くなってしまった方
術後

歯茎の再生とセラミック治療で満足のいく歯の形になりました。

歯茎が下がっても差し歯の長さを長くしないように出来ます.

歯が長くなった
歯茎の退縮

歯が長くなってしまったケースです。歯の根っこが露出してしまっている部分を残して仮歯に変えました。

歯の長さを短く
歯茎の回復

歯茎を回復させる事によって、歯の長さを自然なバランスのきれいな大きさの歯にする事ができます。

再生させた歯茎の位置でオールセラミックを作成しました.


歯茎の位置が回復した事で差し歯の大きさが長くならずに済みました.きれいな大きさとなりました.

差し歯の長さを短くする審美歯科治療ケース

差し歯の長さを短く
差し歯の長さを短くする審美歯科治療

差し歯の長さが長くなってしまっています.差し歯の長さを標準的な長さにして審美的な見た目にします.

歯ぐきの再生治療
歯ぐきの再生治療で歯茎の位置を整える

歯ぐきの再生治療後仮歯でお好みの形に修正している段階。

特に八重歯の長さが左右でそろったのがおわかりになるかとお思います.

差し歯の長さで失敗しないようにご注意ください.

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がっています。

差し歯の歯茎が下がってしまっています。ご注意いただきたいのは、このままの歯茎の状態で差し歯を交換すると長い差し歯になってしまいます.


よく長い差し歯を作っている審美歯科の失敗例を見かけます.



歯ぐきの再生と審美歯科
歯ぐきの再生と差し歯

歯ぐきの再生治療を行い歯茎の位置を回復させた上で仮歯を入れて歯茎の位置を調整しています.

最終的なオールセラミックは左右の位置を整えた上でお作りしました.


歯茎の位置が回復してきれいな大きさになっています.

ただいま長い差し歯でお悩みの方に無料カウンセリングを行っております。

長い差し歯が気になってしょうがない方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となりますのでご予約をおとりいただいた上でご来院ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

メールでのお問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

神田ふくしま歯科

東京駅3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

歯の長さを短くする審美歯科のBlog

2017年

10月

18日

審美歯科では歯の長さを変えることができます。 歯茎の移植で歯の長さを短くする

新しい審美歯科治療では、差し歯の長さが左右でちがうのを、矯正治療なしに揃えることができます。

 

長くなってしまった歯を短くすることも、短い歯を長くすることも可能です。(もちろん限界はあります。)

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

07日

差し歯の歯並びが気になる方の審美歯科

古い差し歯が入っていて、歯並びも少し乱れてしまっています。審美歯科治療を行う際には、差し歯を交換するのに加えて歯並びを改善します。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

24日

審美歯科Blog 歯並びと歯の大きさを審美的に治したケース

歯のねじれや大きさを変えて歯並びを良く見せるのであれば審美歯科が有効な場合があります。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

19日

あなたの歯茎の黒ずみの原因は歯茎が下がってしまったことかもしれません。

お口の中を見ると、最近歯茎が黒ずんできたようだと感じる方は、歯茎が下がってしまっているのかもしれません。

 

差し歯の歯茎が下がると、歯茎が黒ずんで見えてしまうことがあります。差し歯の治療をする際には歯の神経を抜いていることが多いため、歯茎の中に隠れている歯の根っこの部分は変色して少し暗い色になってしまっている場合が多いです。

 

歯茎が下がってしまうことで、歯の中に隠れていた変色して暗い色をした歯の根っこが見えてしまうようになるために、歯茎が黒ずんだように見えます。

 

歯茎の黒ずみを気にされる場合、差し歯の交換や、変色した根っこの部分を白い詰め物で詰めて黒い色を目立たなくすることがよく歯科では行われています。

 

ただ、下がってしまった歯茎のまま差し歯の交換や、レジンという白い詰め物を詰めると、歯の長さが長くなってしまいます。

 

そのため、当院では、下がった歯茎を再生させることをお勧めしております。差し歯の適合に問題なく、虫歯等もない場合は差し歯の交換をしないで歯茎だけ再生させることができる場合もあります。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

23日

歯の大きさについて

歯茎が下がってしまったり、もともと歯の大きさが少し大きいと歯の大きさが大きく感じてしまうことがあります。

 

ただ、歯の大きさは大きいといっても1.5倍とかになることはありません。平均より1〜2ミリほど長い程度です。

 

審美歯科治療をする際には、歯の長さや大きさ角度なども仮歯で調整しております。

 

続きを読む 0 コメント