2014年

8月

15日

審美歯科Blog 歯並びを改善する場合は周囲の歯茎を削る場合があります.

歯並びの治療
歯並びの治療

審美歯科治療で歯並びを改善する場合,並んでいない歯の歯茎の形を整形して整える必要があるケースがあります.

 

お写真のケースでは1本だけ前歯が内側に入っているため,歯茎の位置が下の方に下がっているのが解るかと思います。

 

この場合,このままオールセラミックにて審美歯科治療を行うと、歯茎の位置が整わないため歯の長さが異なる歯が入ってしまいます.

 

こういったケースでは歯茎の整形を行って歯茎の位置をそろえてから審美歯科治療を行います.

 

歯茎の整形治療にを詳しく確認されたい方は歯茎の整形治療のページをご覧ください.

 

歯茎の整形治療のページ

歯茎の整形ケース
歯茎の整形ケース

歯茎の整形を行った後にオールセラミックで変色していた歯を治療した状態.