審美歯科ブログ 変色歯の治療をオールセラミックで行ったケース

神経のない歯が変色してきてしまう事があります。ひょっとしてあなたの前歯も変色してきていませんか?変色を気にされている方には朗報かと思います。


変色した歯の審美治療は、オールセラミックで行う事が可能です。下の写真のように、厚み0.5mmのジルコニアと言われているオールセラミックのフレームで色を遮断する事ができます。

色を遮断する事で変色してしまった歯が透けて見える事が無くなります。

オールセラミックには何種類かのタイプがございますので、特に変色歯の場合は仕上げの色に関してご相談ください。

ジルコニアフレームで色を隠します。

ジルコニアコーピング
ジルコニアコーピング

わずか0.5mmのジルコニアフレームで変色している歯の色を見えないようにすることができました.

このジルコニアのフレームの上に透明感のあるセラミックを重ねて焼いて足していきます.

変色歯の治療ケース

元の色
元の色

神経の無い歯が変色しています。

オールセラミックは色が透けてしまうので色を調整する必要があります。

調整時
調整時

オールセラミックの内部に色を抑えるオールセラミックコーピングを入れて、透け具合を確認します。ほぼ色合いが揃いました.

この後コーピングにオールセラミックを盛りつけて形を作っていきます.


変色歯の治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。


変色歯の治療の詳しいページ

 

審美歯科治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにてお口の中を拝見したうえで、ご希望の治療のご説明とそのお見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839