· 

歯茎に金属の粉が入って黒ずんでいる場合の審美歯科治療

差し歯の歯茎が黒い場合、差し歯を削るときに出た金属の粉が、歯茎の内部に入り込んでしまっている場合があります。

 

歯科では、メタルタトウーと言っています。

歯茎の黒ずみの治療
歯茎の黒ずみの治療

歯茎の黒さが周りに比べて真っ黒で、差し歯が入っている場合は、歯茎の黒い原因はほぼ金属の粉が入ったためと考えられます.

 

こういった金属片は歯茎を切り取って取り除く事になります.

歯茎の黒ずみ治療後
歯茎の黒ずみ治療後

歯茎の移植を行って金属の入り込んでしまった歯茎を取り除いております.

 

歯茎の内部に入り込んでしまっていた金属の粉をほとんど取り除く事が出来ました.

 

治療後にオールセラミックブリッジの治療を行っております.

 

歯茎の黒ずみに関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の黒ずみの治療ページ

 

 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。黒ずんだ歯茎との交換ができました。

 

お写真では、上前歯3本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミックブリッジ3本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療本で万円(税別)オールセラミック 3本で30万円(税別)かかりました。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。