· 

オールセラミックの透明感

オールセラミックの透明感に関して、ご希望がわかれます。

 

真っ白に目立つようにしたい方は透明感を抑えたほうが白く見えますし、自然な感じの白さにしたい場合は、透明感を出すことで浮いた感じに見えることを抑えます。

 

オールセラミックでの失敗を感じる方のなかには、歯の色を治したいとおっしゃいますが、実際は透明感を変えたいということが多い感じがしております。

 

今回は、透明感をだして自然な感じに見えるようにしたセラミックの治療例です。

オールセラミックの透明感を出すってどういうこと?

オールセラミック 治療前

歯の透明感を増すことで、落ち着いた感じに見えます
歯の透明感を増すことで、落ち着いた感じに見えます

お写真のように従来のセラミックは、透明感に乏しく、厚みがある場合があります。特に、神経のある歯の場合は、歯の厚みが厚く不透明な感じの見た目になってしまうことが良くあります。

 

オールセラミックでは歯の透明感を調整することができます。透明感を増すことで、歯が浮き出して見えるような感じにはならなくなります。

 

オールセラミックの透明感のページ

オールセラミック 治療後

歯の透明感を増すことで、落ち着いた感じに見えます
歯の透明感を増すことで、落ち着いた感じに見えます

歯の透明感を増すことで、落ち着いた感じに見えます。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。

 

部分矯正治療の注意点~

 

部分矯正治療や審美歯科治療は保険外診療となります。部分矯正上下前歯で総額22万円(税込)と検査台の1万6千5百円(税込)がかかります。

 

部分矯正治療で歯並びを治す場合、歯の入る場所を作るために歯と歯の間を削って隙間を作ったり、噛み合わせの強く当たる部分は削って調整することがあります。通常しみることはありません。

 

 

 

また、矯正治療期間は、目安となります。期間を保証するものではありません。