オールセラミックブリッジを治す場合の注意点

あなたがもし歯を抜くことになってしまった場合、ショックだとは思いますが、特に前歯の場合歯が無いわけにはいかないかと思います。いずれかの治療法を選択する必要があります。

 

治療法を選択する以前に、抜いた歯を治す場合、病院によっては安易に治療されると見た目の悪い歯になってしまうことがあります。抜いた歯の部分が長くなってしまったり、インプラントの歯茎が見えてしまったりと、審美的な問題のご相談をよくお受けしております。

 

特に前歯の場合、歯を抜くことになってしまっても、まるで歯があるように自然な感じに歯を作りたいとお考えの方は、しっかりと治療法を選ばれることをお勧めしております。

 

このページでは、歯を抜く事になってしまい、インプラントにしたくないのでブリッジを選択される場合や、隣の歯も合わせて治したいなどの理由でブリッジ治療を選択される場合にも審美的な見た目にするオールセラミックブリッジをご紹介させていただいております.

 

審美的なポイントとしましては、ブリッジ治療を行う場合、歯がつながっている感じや、歯ぐきが窪んだ感じが無いようなオールセラミックブリッジ治療がおすすめです.

 

オールセラミックブリッジ治療例

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

左の前歯を抜いています.オールセラミックでブリッジにしたケースです.ブリッジなので前歯が3本つながっています.

歯と歯の間に切れ目をしっかりと入れているため、つながっている印象も少ないかと思います.

また、前歯を抜いた後歯茎のボリュウムが少なくなってしまって窪んでしまったため、歯茎の厚みを増やす処置をしています.

 

オールセラミックのブリッジですので自然のはに近い透明感があり、きれいです.

 

審美歯科

治療前の状態
ブリッジのセット前

真ん中の歯がありませんので、両隣の歯を削ってつなげるブリッジ治療を行いました.歯茎を整形して審美的な見た目になるように調節します.

オールセラミックのブリッジは奥歯でも適応可能です。

奥歯が1本ダメになって抜いたという場合、白い金属を使用しないオールセラミックでブリッジを作成することが可能になりました。奥歯でもインプラント治療が嫌という方には朗報です。わかりにくいかもしれませんが、従来オールセラミックの奥歯のブリッジは強度の問題でお勧めできなかった時代もあったのですが、現在では白い丈夫なオールセラミックでブリッジが可能になりました。

 

ジルコニアというオールセラミックの素材を使用して、ブリッジをお作りします。ジルコニアは金属と同様の強度がありますので、折れる心配がほぼありません。

 

従来はメタルボンドと言って金属の上にセラミックを張り付けるタイプのセラミックだけしか素材が無かったのですが、現在はオールセラミックで治療することが可能です。

奥歯のオールセラミックブリッジをエコノミータイプのオールセラミックで治療したケース

奥歯を抜いてしまってインプラントがいやでやりたくないという方のためのオールセラミックブリッジ治療となります。見た目はそれほど良くないのですが、強度を重視したオールジルコニアというタイプのオールセラミックでブリッジを行ったケースのご紹介をさせていただきます.

ジルコニアオールセラミックブリッジ

ジルコニアオールセラミックブリッジ
ジルコニアオールセラミックブリッジ

奥歯をブリッジにする場合,金属を使用するかオールセラミックで治療するか選択する事になります.奥歯なので白ければ色のこだわりなないという方はオールジルコニアブリッジが強度があっておすすめです.金属アレルギーの心配もありません.

料金はエコノミータイプのオールセラミック(¥60,000−(税別)/1本 )に連結料が1万円追加でかかりますが通常のオールセラミックよりお安いお値段で治療ができます.

オールジルコニアブリッジの見た目を少しよくしたいという場合は、ジルコニアの表面を透明感のあるセラミックに付け直すことも可能です。

奥歯のオールセラミックブリッジの目立つ所だけオールジルコニアに透明なオールセラミックを重ねたケース

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

オールセラミックブリッジはつながっているので、すべて同じ素材にしなくてはいけないと思われている方もいらっしゃるようですが,目立つ部分だけ自然な素材を使用して、見えにくい部分だけをお安い価格のオールセラミックを使用して作成する事も可能です.


お写真のケースでは犬歯の奥の3本がオールセラミックブリッジでつながっています.手前のオールセラミックだけオールジルコニアに透明なセラミックをコーティングする事で透明感を出して自然な感じとしています.手前のオールセラミックが9万円で奥の2本のオールセラミックが6万円のタイプです.

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

裏側からブリッジを見るとつながっているのがわかるかと思います.目立つ部分だけをハイグレードのオールセラミックを使用する事で、オールセラミックの価格を安く抑える事が可能です.

歯を抜いた後歯茎が下がったり歯茎が窪んだりしてしまった場合はブリッジの前に歯ぐきの再生治療をされる事をお勧めしております.

ブリッジの歯の長さが長い場合は歯ぐきの再生治療をオールセラミックブリッジ治療と合わせて行います.

ブリッジの差し歯が長い
ブリッジの差し歯が長い

歯を抜いた後歯茎が下がって窪んでしまったためブリッジの差し歯が長くなってしまっています.こういったケースでは歯ぐきの再生治療で歯茎を回復させた上でオールセラミックブリッジ治療を行う事をお勧めしております.

オールセラミックブリッジ治療後
オールセラミックブリッジ治療後

歯茎の再生治療を行った事で歯の長さが元に戻りました.歯茎の窪みも回復しております.このケースのように歯茎の状態が悪い場合はそのままオールセラミックブリッジ治療を行わずに、歯ぐきの再生治療を行ってからにした方が仕上がりがきれいになります.


歯ぐきの再生治療に関しましては下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


歯ぐきの再生治療のページ

スタンダードオールセラミックブリッジのケース

前歯を何本か抜いてしまった場合の方も、歯の大きさのバランスをよくしたいということで歯茎の再生治療を合わせて行って歯の大きさのバランスをよくすることも可能です。

 

 

歯を抜いてしまって歯ぐきが窪んでいる部分は歯ぐきの再生治療で歯ぐきの厚みを増やしています.

 

そして、歯と歯の間の切れ目をなるべく深くしてつながっている感じを少なくしております.

オールセラミックブリッジ 治療前
オールセラミックブリッジ 治療前

ブリッジの歯茎が下がってしまった部分を応急的な処置がしてあります。見た目が悪いため、前歯6本のオールセラミックブリッジにて治療を行いました。

オールセラミックブリッジ 治療後
オールセラミックブリッジ 治療後

前歯2本の歯が無いケースです.

犬歯から犬歯まで6本がオールセラミックブリッジでつながっています.歯茎の位置は歯茎の再生治療を行うことで、左右対称に近い状態に整えています。

 

歯茎の再生治療のページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣です。)

0120−25−1839

オールセラミックブリッジに関するブログ

2017年

6月

14日

審美歯科で歯茎の黒ずみが解消しました。

歯茎が黒くて気になっている方も多いのではないでしょうか。


審美歯科では、歯茎の黒ずみに対しても治療を行っております。それは、いくらきれいなオールセラミックを入れたとしても歯茎が黒いと見た目が悪いからです。しっかりと笑うことができるように気にしている歯の治療を審美歯科治療で行ったのに、歯茎が黒いと審美歯科の効果も半減といった感じになってしまいます。


歯茎の黒い部分の治療は、審美歯科治療とセットで行います。


審美歯科治療後に歯茎の黒ずみだけを取るのが難しいからです。特に、歯茎の黒ずみの原因が差し歯を削るときに入ってしまった金属粉が原因の場合は、歯茎の内部から金属粉を取り除く必要があるため、歯茎の再生治療などを併用することになります。金属粉を歯茎ごと取り除く必要があるため、歯茎を回復させる必要があるためです。歯茎の内部に金属の粉が入ってしまっている場合、歯の表面の皮膚を取り除いても歯茎の黒さは取れません。

歯茎の中に金属の粉が入っているケース

歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみ

審美歯科では歯茎の見た目を良くする事も行っております.歯茎の審美歯科治療と言う事になります.よくある御相談に差し歯周囲の歯茎の黒ずみを治したいと言う事があります.

 

歯茎の黒ずみが気になる場合の治療は歯茎の黒ずみの原因を確認してから治療を行います.このお写真のケースでは、歯茎の内部2ミリ程の部分に金属の粉が大量に入り込んでしまっているために、歯茎が黒くなってしまっています.

 

あまりにも広範囲に差し歯の周囲に歯茎の黒ずみがある場合は、差し歯を外して仮歯に変えてから歯茎の黒ずみを取り除く事になります.お写真のケースでは、歯茎の厚みを歯茎の移植で作ってから黒い部分を切り取ることになります.

 

歯茎を切り取ると歯茎の形が落ち着くまでに2〜3ヶ月かかります.歯茎の窪みが回復しない場合は再度歯茎の移植を行う事もあります.

 

歯茎の黒ずみの治療に関しての詳しいページ

歯茎が黒い場合の審美歯科治療
歯茎が黒い 審美歯科

審美歯科治療と合わせて歯茎の再生治療を行うことで、歯茎が減ることもなく歯茎の黒ずみを消すことができました。

 

通常、歯茎の再生治療は、¥100,000−(税別)かかりますが、このケースでは、歯茎の再生治療はキャンペーン期間中のため、¥70,000−(税別)で行っております。ただいまキャンペーン期間中です。オールセラミックの料金とは別途かかります。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

4月

13日

前歯のブリッジの審美歯科治療

前歯のブリッジ治療は、抜いた歯の歯茎の位置を調整することが歯の大きさを決めるために重要ですので、歯茎の位置を整える審美歯科治療を行います。


前歯をブリッジにする時は抜いた歯の歯茎をしっかりと残せるのか確認してから審美歯科治療を行うことお勧めします。


抜けてしまった歯の両隣の歯を削って、3本の歯をつなげて1体とする治療をブリッジ治療といいます.

 

ブリッジ治療はつながって見えてしまうなど、審美的に不満がある方が多い治療法です.

 

審美歯科では、歯茎の整形を行う事で歯茎の中からしっかりと歯が生えているように見えるブリッジを作ります.歯を抜いた後歯茎が窪んでしまう事がありますが,歯茎を移植や整形する事で歯が生えているかのように見える状態にする事が可能です.

 

審美歯科のブリッジ治療の詳しい項目があります.下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


ブリッジ治療のページ

 

 

前歯のブリッジの審美歯科治療例

前歯のオールセラミックブリッジ
前歯のオールセラミックブリッジ

写真の前歯1本が抜けてないのですが,歯茎の窪みを盛り足して歯茎の位置を揃えました。歯の抜けてしまった部分も自然な感じに見えるオールセラミックのブリッジ治療です。

 

前歯3本はつながっていますが、間の切れ込みを深くする事で、つながった感じが少なくなっています。


前歯のブリッジ治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制とさせていただいております。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

15日

審美歯科Blog 歯を抜いた時オールセラミックブリッジで対応できます.

前歯の抜けてしまったときはオールセラミックブリッジがおすすめです.


また、歯を抜いたときは歯茎が窪んでしまう事が多く、そういった場合は歯ぐきの再生治療もおすすめです.

前歯のオールセラミックブリッジのケース

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

左の前歯が抜いてしまってない所をオールセラミックブリッジで治療しています.通常、歯を抜いてオールセラミックを入れる場合、歯を抜いた後の歯茎の部分がくぼんでしまって、ブリッジが入ってしまっているのがわかるように見えます。

 

このケースでは、歯を抜いたようには見えないように歯茎の整形を行っています.歯茎のくぼんだ部分に皮膚を移植して厚みを回復させています。

 

そのため、オールセラミックのブリッジで本当は歯がないのですが、見た目的に、ご自身の歯が歯茎の中から生えているように見えます.

 

また、オールセラミックを使用しているので、透明感が歯と同じように調整していて自然に見えます。オールセラミックブリッジを希望される方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください。

 

オールセラミックブリッジのページ


オールセラミックブリッジの治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制となります.

 

オールセラミックブリッジのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2017年

3月

14日

オールセラミックブリッジと歯茎のくぼみ

あなたのブリッジの差し歯は、歯を抜いた部分が長くなってしまっていませんか?

 

歯を抜いた後に歯茎の処置をしっかりとしないと長い歯のブリッジとなってしまいます。

歯を抜いた部分が長くなってしまったブリッジのケース

ブリッジの差し歯
長い歯の入ったブリッジの差し歯 治療前

前歯のブリッジの部分ですが、歯を抜いた部分が長くなってしまって見た目に良くない状態になってしまっています。


審美歯科では歯茎を調整することできれいな見た目とすることが可能です。 

ブリッジの差し歯
ブリッジの差し歯 歯茎の調整後

新しい仮歯を入れた状態で歯茎の調整を行いました。歯の大きさのバランスが良くなって見た目が改善されています。


歯茎が落ち着き次第仮歯をオールセラミックブリッジに交換していきます。 

続きを読む 0 コメント

2016年

11月

20日

新しい審美歯科では、オールセラミックでブリッジの歯茎を作ります。

従来の審美歯科治療では、歯を抜いた後にブリッジ治療を行うと、抜いた歯の根っこの歯茎がくぼんでしまいます。


新しい審美歯科治療では、歯を抜いたところに歯茎を再生させることで、歯茎のくぼみや隙間を回復させます。

ブリッジの歯茎を回復させたケース

歯茎の下がりが大きく、骨の吸収が大きい場合、保存が不可能な場合があります.歯を抜く事になってしまった場合も、単に抜くだけで終わると歯茎が窪んでしまいます.歯茎が窪んでしまうと、審美歯科治療の結果がきれいにならなくなってしまいます.歯茎が窪まないように骨の厚みを残す治療を行います。

ブリッジ治療
ブリッジ治療

歯の保存が難しく、ブリッジ治療を行ったケース。歯を抜いた後に歯茎が窪まないように、骨を増やす処置をしています.

ブリッジ治療
ブリッジ治療

歯を抜いた部分の歯茎も安定しています.ブリッジが安定して入っています.


続きを読む 0 コメント

2016年

10月

10日

歯を抜いた後ブリッジの歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

ブリッジの歯の部分に物が挟まりやすくなってしまったり、息が漏れてしまうということはありませんか?

 

特に前歯のブリッジは、歯茎が下がってしまって窪みができると、物が詰まりやすくなります。また、息が漏れてしまい発音がしにくくなるということもあります。歯の見た目を改善されるために再治療される際には歯茎のくぼみの処置も併せて行われることをお勧めしております。

 

今回は、ブリッジの歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療のご紹介をいたします。

 

ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療例

前歯のブリッジが古くなってそろそろ交換したいということで合わせて歯茎のくぼみの改善を行うことにしました。ブリッジのダミーの歯と歯茎の間に隙間が出来てしまっています。

 

前歯の色合いが左右で大きくちがうためオールセラミックブリッジで治療をする予定にしました。

仮歯に交換して歯茎のくぼみを改善するために歯茎の再生治療を行いました。治療後1ヶ月の状態。

 

歯茎の厚みを出して、ブリッジのダミーの歯を歯茎で覆いかぶさるようにしています。

 

歯茎の再生治療のページ

0 コメント

2016年

9月

26日

歯を削らずにブリッジ治療

前歯がない場合、インプラント、ブリッジのどちらかを選択してもらって治療することが多いのですが、歯を削りたくないからインプラント治療を選択されることが多かったように思います。

 

ところが、近年セラミックの接着力が向上したこともあり、また、オールジルコニアのフレームが金属並みの強度が出るようになったこともあり、オールセラミックの接着性のブリッジという、歯を削らずにブリッジ治療をする方法という選択肢が出てきました。

 

歯を削らずに無い歯の部分と隣の歯にオールセラミックを貼り付ける方法です。下のお写真のように無い歯の隣の部分の裏側にオールセラミックを延長させてその部分を接着剤でとめます。

 

奥歯など噛む力が強くかかる部分には向いていないのですが、前歯に関しましては有効な選択肢と言えるのかと思います。

接着性ブリッジの治療例

上の写真を前から見た様子。接着性ブリッジなので、隣の歯はそのままの状態です。左の前から2番目の歯です。

 

オールセラミックブリッジのページ

0 コメント

2014年

12月

06日

オールセラミックでブリッジ治療のケース

歯茎の下がりが大きく、骨の吸収が大きい場合、保存が不可能な場合があります.歯を抜く事になってしまった場合も、単に抜くだけで終わると歯茎が窪んでしまいます.歯茎が窪んでしまうと、審美歯科治療の結果がきれいにならなくなってしまいます.歯茎が窪まないように骨の厚みを残す治療を行います。

ブリッジ治療
ブリッジ治療

歯の保存が難しく、ブリッジ治療を行ったケース。歯を抜いた後に歯茎が窪まないように、骨を増やす処置をしています.

ブリッジ治療
ブリッジ治療

歯を抜いた部分の歯茎も安定しています.ブリッジが安定して入っています.


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

03-3251-3921

0120-25-1839

0 コメント

2014年

10月

03日

審美歯科のご質問 金属の土台を除去できますか?

顕微鏡
顕微鏡

審美歯科治療ではファイバーコアを使用しますが,金属の土台が既に入ってしまっている方は金属の土台を取って、ファイバーの土台に置き換えます。

 

ご質問の方は、金属の土台が長く、他の医院で金属の土台の除去を断られてしまったようです。

 

当院では、顕微鏡を使用しますので半分以上の長い土台も15分程で取り除きます。

 

金属の土台は顕微鏡を使用して15倍程の拡大した視野の元、丁寧に除去します。

 

ファイバーコアのページ

 

審美歯科治療を行う場合,オールセラミックとファイバーコアを使用する事が基本になります。金属の土台が透けて見えてしまうので、金属の土台をお取りします。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スバーバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

木曜日、日曜日、祝日

 

となっております。

0 コメント

2014年

9月

11日

審美歯科ブログ  無料カウンセリングについて

あなたはしっかりとした説明を受けた後に治療を選択されていますか?

 

当院で審美歯科治療をご希望される場合、まずは無料カウンセリングを受けていただいております.

 

無料カウンセリングでは、治療方法、期間、料金のご説明、治療のご希望をおききした上でお見積もりをお渡しております.

 

いったんお見積もりをお持ち帰られて、ご検討していただいてからお電話でご予約をお取りしております.

 

これは、患者様と医院のほうで、お互いに納得した治療をすすめることで、お互いに安心して治療を進める事ができるためです.

 

審美歯科医院を何件か回られて検討されている方も無料でカウンセリングさせていただいております.

 

お問い合わせのページ

 

注)セカンドオピニオンのご希望や、他院での治療のアドバイスなどのみのご相談は30分5,000-(税別)の料金をいただいております。

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント