前歯を抜くと言われたときに考えるべきこと。

残念ながら前歯を抜くことになってしまうことはあります。もちろん抜かないでよいなら何とか残す方法を考えられたら良いと思いますが、どうしても抜かなくてはいけない場合もあるでしょう。

 

そんな時に、後悔する以上に重要なのが、将来的な前歯の見た目をどうするかということです。

 

インプラントやブリッジの説明をされたけど、どっちが良いか判断つかないし、とりあえず歯を抜いて入れ歯にしておこう。と考えて入れ歯を入れておくと、歯と歯の間の歯茎の形が平らになってきて歯茎が減ってしまいます。

 

そのまま放置していると、歯茎を回復させるのが非常に大変になりますし、回復できない場合は、将来的にブリッジ治療をしてもブラックトライアングルという歯と歯の間の隙間が残ってしまうかもしれません。

 

 

そのため、将来的にインプラントやブリッジ治療をするなら、仮歯を入れて歯茎の形を維持させることが大切です。


歯を抜いた後、1か月入れ歯を入れていた方の歯茎のくぼんだケース

歯を抜いた後、1か月入れ歯を入れていた方の歯茎のくぼんだケース
歯を抜いた後、1か月入れ歯を入れていた方の歯茎のくぼんだケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ歯を外した状態の歯茎です。歯と歯の間の歯茎が入れ歯でつぶされてくぼんでしまっているのが分かりますか?細かいところですのでわかりにくいかもしれませんが、通常歯と歯の間の歯茎は三角形の形をしておりますが、先端のとがったところがくぼんでしまっています。

 

この状態を長期間続けるとさらに間の歯茎が平らになってしまいます。

 

歯ぐきが平らになると審美的に見た目が悪くなりますので、治療を希望される場合、できる限り早く仮歯を入れて歯茎の形を修正していきます。

 

オールセラミックブリッジでの治療後

オールセラミックブリッジ
オールセラミックブリッジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮歯で歯茎の形を整えた後にオールセラミックブリッジにて治療を行っております。

 

歯と歯の間の歯ぐきの形が三角形に回復してます。

 

オールセラミックブリッジのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックスの上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込み)のセラミックを選んでいただいております。また、ブリッジの場合は1万1千円(税込)の追加料金がかかります。

 

料金に関しましては、最小単位の標準的な料金となります。本数の多い場合は、掛け算して計算していただく必要があります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。