セラミックインレー

セラミックインレー · 16日 11月 2020
奥歯の咬む面だけの銀歯
奥歯の銀歯を白くしたいというご希望のある方は多いのですが,銀歯の大きさによって治療方法が変わります. 歯の部分的な銀歯に関しましてはセラミックインレーという方法を使用し、銀歯が大きい場合はセラミッククラウンと言う方法で白い歯を入れます.
セラミックインレー · 14日 10月 2020
銀の詰め物を白くする審美歯科治療はセラミックインレーという方法で治療を行います。 審美歯科治療を行う際に、銀の小さい詰め物を白く場合があります。銀の詰め物の大きさによって呼び方が変わります。 歯の全周を削って被せるタイプの歯科技工物はクラウンと呼び、歯の一部奥歯の咬む面だけを削っていれるタイプはインレーと呼びます。奥歯のかむ面に十字型の金属なり補綴物が入っている場合は通常インレーです。
セラミックインレー · 28日 9月 2020
セラミックインレー
奥歯の咬む面にインレーと言って歯の全周を覆うのではなく、一部分に詰める治療方法があります. セラミックのインレー治療では、色を周りの歯の色に合わせてお作りします。奥歯ですので、前歯程色を正確に合わせなくても目立ちませんが、特徴的な歯の色の方や、奥歯もしっかりと色を合わせたいと言う場合は、作成が大変ですが,お写真を何枚もお取りして色合わせをしていきます. セラミックインレーに関する料金はセラミッククラウンと同じです.通常エコノミーオールセラミックの料金で(e-maxと言うタイプのオールセラミックを使用しております.)¥60,000−(税別)となります.こだわりたい方は、その上のランクのセラミックの種類を選んで頂ければ対応いたします.ただ、通常はエコノミーオールセラミックのインレーで十分きれいですのでご満足いただけております.
セラミックインレー · 14日 9月 2020
セラミックインレーはご存知でしょうか? 歯の内側の一部を削って、銀などの詰め物をしている場合、インレーという名称で呼ばれています。 こう行った、一部だけの奥歯の銀のつめものを白くしたい場合、セラミックインレーという詰め物で詰め直す場合があります. 見た目が白くて綺麗なことと、丈夫な素材を使用しているため、長持ちするしっかりとした審美歯科治療を行いたい場合は、セラミック素材のインレーを使用することをお勧めしております。 また、セラミックインレーの材質は新しい素材が開発されるため、年々丈夫になっています. 今回e-maxというセラミックインレーの商品をご紹介します。