· 

審美歯科ブログ  セラミックインレー

セラミックインレーはご存知でしょうか?

 

歯の内側の一部を削って、銀などの詰め物をしている場合、インレーという名称で呼ばれています。

 

こう行った、一部だけの奥歯の銀のつめものを白くしたい場合、セラミックインレーという詰め物で詰め直す場合があります.

 

見た目が白くて綺麗なことと、丈夫な素材を使用しているため、長持ちするしっかりとした審美歯科治療を行いたい場合は、セラミック素材のインレーを使用することをお勧めしております。

 

また、セラミックインレーの材質は新しい素材が開発されるため、年々丈夫になっています.

今回e-maxというセラミックインレーの商品をご紹介します。


e-maxセラミックインレーについて

e.maxにてセラミックインレーを作成してもらいました。

写真の写りが悪いのもありますが、噛む面の一部にセラミックが入っている感じはあまりないようです。患者さんも「きれい」とおっしゃっていました。

セラミックインレーは審美的な治療となります。

 

 

セラミックインレー

 

セラミックインレーは銀の詰め物を治す際に使用するタイプのセラミックです。部分的につめるタイプの治療ですので小さい虫歯などに使用されます。大きい虫歯などの治療にはクラウンという全周を覆うタイプのセラミック治療となります。

 

インレーで治るかクラウンになるかは歯の状況によります。あらかじめ確認しておきたい方は無料カウンセリングにお越し下さい。

通常、大きな金属のインレーの治療を行っている歯の再治療はクラウンタイプの治療となることが多いです。これは、金属の内部に虫歯が発生してしまっているためです。

 

料金は、保険外診療となります。セラミッククラウンと同じ料金体系です.通常奥歯ですので色のこだわりも無いでしょうから、お写真のe-maxと言うタイプのオールセラミックインレー(¥60,000−(税別))を使用しております.

 

セラミックインレーのリスク

セラミックインレーを含めて虫歯治療は歯を削りますので、場合によっては近く花瓶などの症状が起こってしまうことがあります。通常は落ち着きますが、どうしても引かない場合は神経を取り除く処置をする必要がある場合も稀にではありますがあります。

 


セラミックインレーなどのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバッックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1389

メモ: * は入力必須項目です