歯茎の再生治療

 

歯茎がやせたり、歯が長くなってしまったとき

まずは無料カウンセリング歯茎の再生療法を検討しましょう

 

 

歯茎の再生療法は、さがってしまった歯茎を元の状態に近付け、再発しにくくする方法です。

 

日本人は、歯茎や歯の周りを支えている歯槽骨という骨が薄いことが多く、歯茎がやせて歯が長く見えるようになってしまうことがよくあります。

 

そんなやせてしまった歯茎を歯茎の移植と歯根膜を誘導する材料を使用することによって、再生させることができます。

 

 

 歯周病専門ページはこちら


歯茎が下がったまま入れてしまった差し歯をもとの長さにする審美歯科治療

歯の長くなってしまった差し歯
歯の長くなってしまった差し歯 治療前

よく見かける長くなってしまった差し歯です.オールセラミックで治療していますが,歯の長さの左右アンバランスが審美的な問題となります.

歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行った状態
歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行った状態

歯茎の位置を整えるために歯ぐきの再生治療を行ってからオールセラミックの差し歯を交換した状態。歯の長さが左右でそろい長さが自然に見えます.


差し歯の長さに関して治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


治療例


歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生
歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療
歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。


歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。


歯茎の再生治療 ケース3


歯ぐきの再生治療
再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療
再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療
治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


歯と歯の間の歯茎を再生させる場合は歯茎が回復するまで少しお時間がかかる場合があります.

治療前の状態は歯の幅のバランスが通常のはならびに比べて前歯が細く小さくなっています.前歯が小さくなっていますので前歯の審美歯科治療の際に大きさを整えます.

歯ぐきの再生後歯の幅のバランスを考えて形を修正したオールセラミックをセットした直後の状態です.セット直後に前歯の間に隙間が空いています。仮歯と少し形のちがうオールセラミックを入れた関係で一時的に歯茎が下がってしまっている状態です。しばらくすると回復します.

骨が吸収していない場合はこのケースのように一時的に歯茎が下がっても少し時間をかけて回復していきます.

歯ぐきの再生・整形治療の詳しい解説は下記のリンクページにございます.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生・整形のページ


また、歯ぐきの再生・整形治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングをおこなっておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839



歯茎の再生と審美歯科のブログ 

歯茎の再生をしないで審美歯科を行ったケース

従来の方法で審美歯科治療を行った場合,歯茎の位置が変更できないため,歯並びは良くなるけど歯の長さが調整できないという問題が起こってしまいます。

そのため、歯茎の位置が左右でそろっていない方は歯ぐきの再生治療・整形治療で歯茎の位置を整えてから審美歯科治療を行う事をお勧めしております.

歯並びを審美歯科で治療
歯並びを審美歯科で治療

八重歯の歯並びを審美歯科治療で治す場合,歯茎の位置を再生・整形するかしないかで、歯の大きさが変わります.

 

このお写真のケースでは、歯並びを整える事と,前歯の歯茎の整形処置をする事になりました.お写真右側の犬歯は歯茎が下がってしまっていますので、歯茎の再生治療を行って歯茎を回復させてから審美歯科治療を行う事をお勧めしますが,このケースではご希望されなかったために、歯茎の再生治療を行わずに、歯並びを審美歯科治療にて行いました.

 

 

審美歯科治療
審美歯科治療

前歯4本の歯茎は歯茎の整形処置で大きさのバランスをそろえていますが,写真右側の犬歯の歯茎の再生を行わなかったため、犬歯の長さだけが長くなってしまっています.

 

歯並びに関してはきれいになって満足いただけました.歯の大きさを歯茎の再生法で整える事でさらに歯のバランスを良くする事ができます.

 

歯茎の再生の詳しいページ

左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療
左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療

このお写真のように左右のはの位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療をお勧めしております.

このケースではご希望で左側だけの歯茎を再生しました.

左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療
左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療

左側の長かった歯が、短くなって歯の長さがそろった幹事になっているのがわかると思います.

続きを読む

審美歯科治療といっても単にオールセラミックを入れるだけでは見た目が物足りないかもしれません。

審美歯科というと、単に虫歯の歯をセラミックの歯で直したり、差し歯がかけたり膿が出てやり直す際に、オールセラミックという素材でやり直すだけでは、自然な見た目にはなりません。

 

せっかく新しくしたオールセラミックの長さが左右でちがっていたりすると、せっかく直したのに物足りない感じになってしまうかもしれません。

 

審美歯科治療を行う際には、オールセラミックの長さや形を調整することで、見た目をより良いものにすることができます。

 

 

オールセラミックの長さを調整します。

左右の長さを揃える審美歯科治療
左右の長さを揃える審美歯科治療

長さのちがうオールセラミックのお写真。前歯の長さが左右でちがいます。

これで良いのであれば、そのままでも良いのかもしれません。

 

ただ、当院でオールセラミックをする際には、左右の長さを揃えることが可能です。

左右の長さを揃える審美歯科治療
左右の長さを揃える審美歯科治療

歯茎の再生治療と、オールセラミックの再治療をした後の状態。

歯茎の位置を左右で揃えることで、オールセラミックの長さを調整することができます。

 

オールセラミックの長さを揃えてより良い結果のものにしたいという方は、歯茎の審美歯科治療を行うことをお勧めしております。詳しくは下記のリンクページをご覧ください。

 

歯茎の審美歯科のページ

歯を抜いた後ブリッジの歯茎が下がってしまった時の審美歯科治療

ブリッジの歯の部分に物が挟まりやすくなってしまったり、息が漏れてしまうということはありませんか?

 

特に前歯のブリッジは、歯茎が下がってしまって窪みができると、物が詰まりやすくなります。また、息が漏れてしまい発音がしにくくなるということもあります。歯の見た目を改善されるために再治療される際には歯茎のくぼみの処置も併せて行われることをお勧めしております。

 

今回は、ブリッジの歯茎が窪んでしまった時の歯茎の再生治療のご紹介をいたします。

 

ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療例

ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療
ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療

前歯のブリッジが古くなってそろそろ交換したいということで合わせて歯茎のくぼみの改善を行うことにしました。ブリッジのダミーの歯と歯茎の間に隙間が出来てしまっています。

 

前歯の色合いが左右で大きくちがうためオールセラミックブリッジで治療をする予定にしました。

ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療
ブリッジの歯茎のくぼみを改善する審美歯科治療

仮歯に交換して歯茎のくぼみを改善するために歯茎の再生治療を行いました。治療後1ヶ月の状態。

 

歯茎の厚みを出して、ブリッジのダミーの歯を歯茎で覆いかぶさるようにしています。

 

歯茎の再生治療のページ

長くなってしまった差し歯を新しくするなら新しい審美歯科治療法がオススメです。

差し歯を歯茎の位置に合わせてお作りになられた場合、長くなってしまいます。

 

長くなった差し歯を見る機会が多いのですが、歯茎が下がった位置に合わせて差し歯を作るため、通常より数ミリ長くなってしまっていることが多いようです。

 

新しい審美歯科治療法である、歯茎の再生治療を審美歯科治療に合わせて行うことで、歯の長さを平均的な長さに回復させることが可能になります。

 

長い差し歯の新しい審美歯科法治療例

長い差し歯を短くする審美歯科治療
長い差し歯を短くする審美歯科治療

前歯の歯茎が下がってしまっています。歯茎が下がってしまった位置に合わせて前歯の差し歯を治療されているため、歯の大きさが大きく、長くなってしまっています。

 

新しい審美歯科治療では、歯茎の位置を回復させた上で審美歯科治療を行うことで、歯の長さを回復させることができます。

 

長い差し歯を短くする審美歯科治療
長い差し歯を短くする審美歯科治療

歯茎の位置を回復した上で、歯の形を変えたい場合は、お写真のように前歯をオールセラミックでまとめて治療することも可能です。

 

もちろん差し歯の部分だけをオールセラミックでの治療でも大丈夫です。

 

長くなってしまった差し歯の新しい審美歯科治療法のページ

 

長くなってしまった差し歯の審美歯科治療

本日は、長くなってしまった差し歯のを審美歯科で綺麗に元の長さに近くしたいというご希望の方に関する内容です。

 

差し歯が長い場合、元々は長くなかったのが、時間とともにあるいは差し歯を入れてから長くなったことが多いようです。

 

原因としては、

  • 歯周病で歯茎が下がった
  • 歯並びの改善のために差し歯を入れたら歯が長くなった
  • 歯を抜いた後のブリッジを入れたら歯が長くなった

といったことが挙げられます。

 

治療法としましては、矯正治療、歯茎の再生・歯茎の整形治療を審美歯科治療と合わせて行う方法によって差し歯の長さを戻したり、短くすることができます。

 

長くなってしまった差し歯の審美歯科治療
長くなってしまった差し歯の審美歯科治療

差し歯の長さが長いので、歯の長さを戻す治療を行いました。

 

歯茎の再生治療で歯茎の位置を整えた上で、差し歯をオールセラミックに交換しました。

長くなってしまった差し歯の審美歯科治療
長くなってしまった差し歯の審美歯科治療

オールセラミックが入った状態です。歯の大きさが左右で揃いました。

 

長くなってしまった差し歯の治療の詳しいページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

長くなってしまった差し歯の審美歯科治療のページ