歯茎の再生治療

 

歯茎がやせたり、歯が長くなってしまったとき

まずは無料カウンセリング歯茎の再生療法を検討しましょう

 

 

歯茎の再生療法は、さがってしまった歯茎を元の状態に近付け、再発しにくくする方法です。

 

日本人は、歯茎や歯の周りを支えている歯槽骨という骨が薄いことが多く、歯茎がやせて歯が長く見えるようになってしまうことがよくあります。

 

そんなやせてしまった歯茎を歯茎の移植と歯根膜を誘導する材料を使用することによって、再生させることができます。

 

 

 歯周病専門ページはこちら


歯茎が下がったまま入れてしまった差し歯をもとの長さにする審美歯科治療

歯の長くなってしまった差し歯
歯の長くなってしまった差し歯 治療前

よく見かける長くなってしまった差し歯です.オールセラミックで治療していますが,歯の長さの左右アンバランスが審美的な問題となります.

歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行った状態
歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行った状態

歯茎の位置を整えるために歯ぐきの再生治療を行ってからオールセラミックの差し歯を交換した状態。歯の長さが左右でそろい長さが自然に見えます.


差し歯の長さに関して治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921


治療例


歯茎の再生 ケース1

歯茎の再生
歯茎の再生術後

歯の長さを元あった状態に戻します。

歯茎を再生した後で、歯をセラミックにしました。画面左側の前歯は天然の歯です。

歯茎の再生治療
歯茎再生治療の術前

歯が全体的に長くなってしまっています。仮歯が入っています。


歯茎の再生 ケース2

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療 術後

歯茎のラインが左右対称になったところで、前歯をオールセラミックのブリッジで治しました。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療 術前

前歯の歯茎のラインが左右非対称で、歯の長さが不ぞろいに見えます。

前歯6本に歯茎の再生治療と古くなってしまった前歯のブリッジをオールセラミックで治す計画を立てました。


歯茎の再生治療 ケース3


歯ぐきの再生治療
再生治療後

 

画面右手の犬歯に歯ぐきの再生治療を行っています。歯の長さがが元の長さになりました。

左右の犬歯の長さも同じ長さまで回復しましたので、見た目がきれいです。

 

ホワイトニングとオールセラミック治療を行っています。

歯ぐきの再生治療
再生治療前の状態

 

 

歯ぐきの再生治療前の状態

歯ぐきの再生治療 ケース4

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

画面右の犬歯の歯茎を移植により再生しています。

歯茎の再生治療
治療前

画面左の犬歯の歯茎が上にあがっています。

いわゆる歯茎のやせた状態です。

歯茎の再生治療で、上の写真のように左右の犬歯の長さが同じになりました。


歯と歯の間の歯茎を再生させる場合は歯茎が回復するまで少しお時間がかかる場合があります.

治療前の状態は歯の幅のバランスが通常のはならびに比べて前歯が細く小さくなっています.前歯が小さくなっていますので前歯の審美歯科治療の際に大きさを整えます.

歯ぐきの再生後歯の幅のバランスを考えて形を修正したオールセラミックをセットした直後の状態です.セット直後に前歯の間に隙間が空いています。仮歯と少し形のちがうオールセラミックを入れた関係で一時的に歯茎が下がってしまっている状態です。しばらくすると回復します.

骨が吸収していない場合はこのケースのように一時的に歯茎が下がっても少し時間をかけて回復していきます.

歯ぐきの再生・整形治療の詳しい解説は下記のリンクページにございます.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯ぐきの再生・整形のページ


また、歯ぐきの再生・整形治療をお考えの方はただいま無料カウンセリングをおこなっておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839



歯茎の再生と審美歯科のブログ 

審美歯科は歯茎から

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

 

審美歯科では、左右の歯の長さを整えたり,長い差し歯を正常の長さに戻したり,短い歯を長くしたりする場合,歯茎の調整をいたします。歯ぐきの再生,整形と言った方法を行います.

 

審美歯科治療は単にオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。また、当院では、将来的に歯茎が下がって歯茎が黒くなってしまった時にも歯茎を回復する対処が可能です.

 

せっかく歯がオールセラミックなどできれいになっても歯茎の形や、色が悪いと歯がきれいに見えません。

 

審美歯科を行う場合は、歯茎の状態を良くしてから行う事をお勧めしております。


歯ぐきの再生治療後に審美歯科を行ったケース

差し歯の歯茎が下がってしまったケース
差し歯の歯茎が下がってしまったケース

お写真のケースは前歯の歯並びを以前に差し歯で治されたケースです。数年経って、差し歯の歯茎が下がってしまい、差し歯の境界が露出してしまっています。


差し歯のつぎはぎが見えてしまってきれいに見えません。また、歯茎が下がってはが悪くなってしまうのが心配になってしまいます.

 

こういったケースでは、歯茎の再生治療を行ってから審美歯科でオールセラミックを改めてお作りするととてもきれいな見た目になります。また、歯茎が回復しますので、歯にも良いです.

続きを読む

オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療

せっかくオールセラミックの歯を入れて満足していたのに、しばらくして歯茎が下がってきてしまうことがあります。

 

歯茎が下がると歯茎が黒く見えたりして見た目に不満を感じてしまいます。

 

今回は、オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療をご紹介いたします。


オールセラミックの歯茎が下がるという問題について

オールセラミックを入れて5年ほどして歯茎がどんどん下がってきてしまう事があります。歯茎だけ回復させることができる場合と、オールセラミックを外してやり直さないと歯茎を回復させることができないケースがあります。

 

今回は、オールセラミックの適合(精度)が良くなかったために歯茎の再生とオールセラミックを作り直しを行ったケースのご紹介です。

 

歯茎を回復させる審美歯科治療ケース

続きを読む

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

歯茎の審美歯科をご存知ですか?

 

あなたのセラミックの歯が黒くなってきてしまっている場合や、長さの長い差し歯を入れられてしまった場合、左右でセラミックの歯の長さが違う場合など、歯茎の審美歯科治療で治すことができる場合があります。

 

また、審美歯科治療はオールセラミックの差し歯を入れるだけではなく、歯茎の形や色などもきれいにする事ができます。

 

せっかく歯がオールセラミックなどできれいになっても歯茎の形や、色が悪いと歯がきれいに見えません。

歯茎の審美歯科をお勧めしております。

 

歯茎の審美歯科は、歯茎が下がってしまっても長い歯にならないための治療ですね?

 

歯茎が下がってしまった時に、見た目を改善する方法があまり知られていなかったため、長い差し歯を入れる方が多かったのですが、歯茎の審美歯科では歯茎を回復させたうえで差し歯を入れるので、差し歯が長くなりにくくできます。

 

 


差し歯が下がるとは?

下がってしまった歯茎
下がってしまった歯茎

お写真のケースは前歯の歯並びを差し歯で治されたケースですが,歯茎が下がってしまい、また差し歯の境界が露出してしまいきれいには見えません。

 

こういったケースでは、歯茎の審美歯科を行ってから審美歯科でオールセラミックを改めてお作りするととてもきれいな見た目になります。

続きを読む

セラミックの歯茎が下がってしまった場合の治療方法

セラミックを入れた後に歯茎が下がってしまっていませんか?

 

セラミックの歯茎が下がるってどういうことって思われるかもしれませんが、セラミックの歯の歯茎との境界が見えてきてしまう事があるのです。

 

歯の根っこが見えることと、少し色が違う場合が多く見た目に目立ってしまう場合もあります。

 

そこで、今回ご紹介するのは、セラミックの歯茎が下がってしまった時の治療法です。

 

天然の歯にも行いますが、歯茎の再生治療法(結合組織移植法)という方法で、歯茎を回復させています。

 

この方法は、40年以上の歴史があり、世界の歯科医師が治療法を年々改良していて、どんどん目立たないきれいに直す方法が報告されてきています。

 

セラミックが虫歯になっていないのであれば、セラミックを外さずに歯茎を回復させることができる場合があります。

 

 

ほんの少し歯茎が下がったところで歯茎の再生をすることもできます。

セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまう事があります.
セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまう事があります。

せっかく入れたセラミックの差し歯の歯茎が下がって気にされている方には朗報かもしれません.

 

お写真のように、ほんの少し前歯のオールセラミックの歯茎が下がってしまったようなケースでは、差し歯を外さずに歯茎の再生治療で歯茎を回復させる事が出来ます.

 

メモ: * は入力必須項目です

審美歯科ブログ 歯茎が下がった時の審美歯科治療

歯茎が下がってしまった場合はそのまま審美歯科治療を行うのではなく、歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことをお勧めしております。

 

よく見る審美歯科治療の失敗で、下がった歯茎の長さに合わせてオールセラミックを入れるので歯が長くなってしまっているケースがあります。

 

歯の長さは平均的な長さより長くなると見た目が審美的ではなくなります。歯茎の再生治療で歯茎を回復してから審美歯科治療をされることをお勧めします。

歯茎が下がった場合の審美歯科治療例

ちょっとご確認ください。治療前と治療中のお写真です。

 

治療前は歯茎がさがって歯が長くなっています。

見た目を改善する必要があります。

 

そこで、仮歯で最終的な歯の形を確認します。

 

仮歯の位置まで歯茎の位置を移動して最終的はセラミックを作るときの歯茎の位置が大丈夫か確認します。


年齢とともに歯茎が下がってしま
年齢とともに歯茎が下がってしま

年齢とともに歯茎が下がってしまう方がいらっしゃいます。

通常、歯が長くなってもそのままにするしかありません。

当院の審美歯科では、歯茎の再生を行い歯の長さを元に戻すことが可能です。

 

歯茎の再生治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

歯茎の再生のページ

歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態
歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態

歯茎の再生を行い仮歯を入れた状態。

歯茎の下がってしまったところを3ミリほど覆いました。


続きを読む