· 

ラミネートベニアの仮歯 審美歯科ブログ

ラミネートベニアで失敗しないように。

 

ラミネートベニアの形が気になるというご相談を受けることがあります。いきなり型取りをして入れて、修正ができないと言われたというご相談を受けることがあります。

 

そこで当院では、ラミネートベニアの歯の形の参考にするために仮歯を使用した方法をおこなっています。

 

ラミネートベニアを入れる際に、歯の形を決めるために仮歯を調整して、最終的な形の参考にする必要があります

 

あらかじめ模型上で歯の形を仮歯で作っておいてその形がよければ、お口の中で歯の表面を削って仮歯を接着して入れます。

 

歯の変色具合やねじれなどを修正する場合はラミネートベニアの仮歯の厚みを調整することで見た目を改善します。

 

例えば、変色が大きい場合は少し多めに歯を削って歯の色が透けて見えないようにする必要がありますし、ねじれている歯をまっすぐに見えるようにするにはねじれている部分を多めに削る必要があります。

 

仮歯で最終的な形を調整したら、歯型をお取りしてラミネートベニアを作成します。

 


ラミネートベニアの仮歯のケース

 

仮歯
ラミネートベニアの仮歯 治療前

画面右の前歯の色が変色しています.また、歯茎が長くなってしまっているので歯茎の再生もします.

歯茎の再生後に前歯を仮歯に変えます.全体的にホワイトニングも行いました.

仮歯
仮歯のセット後

仮歯を入れて、色を確認していきます.少し白が強い感じを最終的なセラミックを作成するときの参考にします.

 

この状態でしたら、仮歯っぽくないので日常生活に問題は無いかと思います.

 

歯茎の再生治療で歯の長さを少し短くしました.

 

ラミネートベニアのページ

 

ラミネートベニアの治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

 

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。ラミネートベニアなどオールセラミック で治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。