歯茎が下がって長い歯になった時の審美歯科

歯茎が下がってしまって歯が長くなってしまった場合の審美歯科治療をご存知でしょうか?


歯が長いまま審美歯科治療を行ってきれいなオールセラミックが入っているのに歯の長さが長くて見た目が悪いということがあります。


こういった場合、歯茎の再生治療を行って歯の長さを回復させたうえでオールセラミックなどの審美歯科治療を行うことがお勧めです。


歯が長くなるってどういうこと?

歯茎の下がった方
歯茎の下がった方

写真のように右側の前歯から2番目の歯のように歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療は、そのままの歯茎の状態で行うと長い歯になってしまいます.

 

当院ではまず歯茎の形を歯茎の再生・整形により整えてから審美歯科治療をする事をお勧めしています.

歯の長さが左右で異なる場合、歯並びが悪いように見えてしまうからです.

 

審美歯科治療トップ

 

前歯の審美歯科では,歯茎のラインが重要になります。前歯が長くなってしまわないために、歯茎の処置をお勧めしております。審美歯科での失敗の一つの原因になります。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03−3251−3921

0120−25−1839