· 

濃い変色歯の審美歯科治療

歯の変色が濃い場合の審美歯科治療。


オールセラミックを使用する場合,色の濃い変色歯は色が透けないようにオールセラミックの透明感を調整する必要があります.透き通るようなオールセラミックでは変色した歯の色が透けて見えてしまいますし,あまりにも透明感が無いと歯の色が不自然に見えてしまいます.


変色歯の歯科治療

変色歯
変色歯

テトラサイクリンの変色歯を審美歯科で治療をします。このケースではe-maxオールセラミックを使用しました.1本¥63,000−(税込み)かかります.

変色歯
変色歯

変色歯をオールセラミックで治療しました.少し控えめの白さで仕上げています.e-maxオールセラミックでは少し下の歯の色が透けて見えやすいので透明感を少し押さえた感じに調整しています.



歯の変色に対する治療は現在の歯科治療では削ってオールセラミックを付ける事が審美的には一番有効な方法となります。

特にテトラサイクリンの変色具合が強い場合は、ホワイトニングでは不満の残る白さとなる事が多いです。

 

変色歯の治療ページ


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万6千円(税込)~16万5千円(税込)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税込2万2千円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

料金に関しましては、1本あたりの標準的な料金となります。多数の歯を治す場合は、本数分の治療費がかかります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。